集客

不動産ホームページを活用した5つの集客方法!不動産会社が集客を成功させるコツを紹介!

タグ:

近年では、インターネットを通じて情報収集することが当たり前になっています。そのため不動産業界でも、ホームページを構えて反響獲得を目指す会社が増えています。

しかし、ホームページは制作したが「集客ができない」と悩む方も多いのではないでしょうか。競合がひしめく中、ホームページを制作するだけでは反響獲得が難しくなっています。

そこで今回は、ホームページを活用した集客方法と、成功のコツを紹介します。

不動産会社のホームページに集客する方法

不動産会社のホームページに集客する方法

まずは、具体的な集客方法を5つ紹介します。併せて施策を有効にするポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

1.SEO対策

自社ホームページ全体の流入数を上げるには、SEOを意識したサイト構造が求められます。SEOとは「検索エンジン最適化」を意味する言葉で、検索結果の上位に特定のサイトを表示させる施策のことです。

検索結果の上位に位置するためには、検索エンジンから高い評価を得なければいけません。SEOの施策は数多くありますが、主に以下を実行しましょう。

・内部施策・・・検索結果で上位になるためには、サイトを検索エンジンに認識してもらう必要があります。内部施策は、検索エンジンの巡回を促すための施策です。たとえば「サイトマップの設置」「内部リンクの設定」「タグを最適化」などがあげられます。専門的な内容なので、ホームページ制作を外注している場合は制作会社に対策できているか確認してみましょう。

・外部施策・・・関連性の高い外部サイトからリンクを貼ってもらう(被リンク)ことで検索エンジンからの評価を高める施策です。有効な施策ですが、質の悪い被リンクはホームページの評価を下げる可能性もあるため、被リンクは「数」だけではなく「質」を意識しましょう。

・コンテンツ施策・・・検索者の需要に合わせて、ブログ記事などのコンテンツを発信して検索流入を増やす施策です。検索者が「知りたいこと」「興味関心が高いこと」を分析し、キーワードに沿った記事や物件ページを作ることが求められます。

コンテンツ施策のひとつに自社ブログを運用する方法があります。自社ブログで扱う題材は、以下の例が挙げられます。

・物件のある地域の環境や特徴、スポットやお店
・不動産業界に関する豆知識情報や生活に関する情報
・物件の清掃状況や管理体制
・店舗スタッフの日常

自社ブログを運用する場合、更新頻度の高さや最新情報の発信が重要になるため、根気強く更新し続ける必要があります。

また、不動産業におけるSEO対策は、以下のページでも詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

2.ポータルサイトからの流入

大手不動産ポータルサイトに物件情報を掲載し、潜在層への認知向上につなげましょう。大手ポータルサイトは集客力が非常に高く、物件を探しているユーザーの目に留まる機会が増えます。

そのため、ユーザーがポータルサイトを閲覧して終わりとならないよう、会社情報を登録する管理画面で、自社ホームページのリンクを貼っておきましょう。

ホームページのデザインやコンテンツを充実させるのと同時に、流入するユーザーの数を増やすことで、より効率的に集客できるでしょう。 不動産ポータルサイトとは?特徴やメリット・デメリットを解説!

3.リスティング広告

リスティング広告も、ホームページへの集客効果を高める手段のひとつとして活用できます。リスティング広告とは、Googleなどでユーザーが検索を行った際に、検索結果に関連する広告が表示されるものです。

SEO対策の場合、検索上位にホームページやコンテンツが掲載されるようになるまでに時間がかかる傾向にあります。

一方で、リスティング広告は関連する検索を行ったユーザーに対して、SEO1位のページよりも上部に広告が表示される点が特徴です。

そのため、リスティング広告の方がSEO対策よりも効果が出るのが早く、ホームページへの集客に関して即効性があります。

4.SNS

近年では、SNSを活用して自社の情報を発信する企業も増加傾向にあります。ユーザーもSNS上で情報収集を行うことが多いため、自社アカウントでSNS運用を行うこともホームページへの集客に効果的な手段です。

SNSから流入させるには、発信内容やプロフィール欄などにホームページのURLを貼りましょう。

自社のSNSアカウントでは、不動産や自社に関する情報発信を行い、認知度の拡大やブランド力の強化を目指して計画的に運用する必要があります。

SNS運用は、認知拡大やファンの獲得などにつながる一方で、いわゆる「炎上」による信頼の損失につながる危険性があります。

どのような方向性でSNSアカウントでの発信を行うのかを検討しておくと良いでしょう。また、自社のSNSアカウントに広告を掲載する方法もあります。

「SNSアカウントの常時運用は難しいが、SNSからの流入経路は確保したい」という場合は、SNS広告の活用も検討してみましょう。 不動産会社もSNSをマーケティングに活用!メリットや利用ポイントをご紹介

5.YouTube

不動産会社とYouTubeは相性が良く、物件の雰囲気なども動画で紹介できるため、認知度向上や物件の魅力をより詳細に発信する手段として適しています。

YouTubeアカウントは無料で取得でき、投稿方法も簡単なため、物件やスタッフの紹介などさまざまな情報発信に活用できるでしょう。

また、YouTubeで動画投稿を行う際、動画内容の説明などを記載できる概要欄にホームページのURLを貼っておけば、ホームページへの集客に役立てられるため有効活用しましょう。

不動産会社の魅力的なホームページとは

不動産会社の魅力的なホームページとは

不動産会社のホームページへ集客するためには、流入経路の確保と同時に魅力的なホームページにブラッシュアップすることが大切です。ここからは、「魅力的」なホームページとはなにか、具体的に解説していきます。

見やすいデザイン

不動産会社のホームページは、見やすいデザインを意識することが大切です。ホームページを閲覧する人は物件情報を求めているため、物件情報が探しやすいデザインであれば、離脱率を抑えることができます。

また、問い合わせフォームや電話番号などがすぐに見つけられる位置にあれば、物件の内覧予約などのアクションを起こしやすくなるでしょう。

スマートフォン対応

インターネットを通じて情報収集する場合、スマートフォンを利用する人がほとんどです。

そのため、PCだけでなくスマートフォンからも見やすいホームページに整えることが大切です。

スマートフォンに対応したホームページにするのであれば、文字の大きさや改行の位置、画像サイズなどを含め、PC向けとは異なるデザインが必要です。

顧客に寄り添う姿勢

物件の購入や賃貸契約にいたるには、信頼できる会社であることをアピールする必要があります。

安心感につなげるため、ホームページにスタッフ紹介ページを掲載する、提供しているサービスの内容などを具体的に顧客に提示することも、集客効果アップに効果的な手段です。

ほかにも、Q&A形式で顧客が抱きやすい疑問に回答するのも良いでしょう。「スマートフォンで内覧が可能か」「対応エリアの範囲はどれくらいか」など、よくある問い合わせ内容を事前に掲載しておくことで顧客の安心感につながります。

不動産会社がホームページへの集客を成功させるコツ!

不動産会社がホームページへの集客を成功させるコツ!

不動産会社がホームページへの集客を成功させるには、どのような基準でホームページのブラッシュアップや流入経路の確保を行えば良いのでしょうか。

ここからは、不動産会社のホームページへの集客効果を高める施策を検討する際のポイントを紹介します。

ターゲットを明確にする

まずは、どのような顧客層に訴求したいのかを検討し、適切な集客方法を絞り込む必要があります。

たとえば、比較的若い20代~30代前後のターゲットであれば、SNSの活用なども視野に入れる必要があるでしょう。

ターゲットを明確にするには、販売・賃貸契約につなげたい物件のターゲット層をイメージすることが大切です。

そしてターゲットに合わせてホームページの方針を明確化することで、ページ作成や流入経路の確保を行う際の方向性がブレなくなります。

他社との差別化を図る

不動産会社のホームページを作成する際には、自社の特色を活かして他社との差別化を図る必要があります。

そのためには、競合しているエリアの他社サイトをリサーチすることも有効な手段のひとつです。

ホームページのデザインを検討する際にも、テンプレートを活用するのではなくオリジナルのものにすれば、自社の特色を打ち出すことができます。

更新しやすくしておく

不動産物件の情報は、つねに新しいものを発信し続ける必要があります。

そのため、ホームページの更新作業をスムーズにできるようなシステム化やルールづくりも欠かせません。

また、一般的な企業のコーポレートサイトとは異なり、不動産業に特化したホームページを作成する必要があります。

不動産業に特化したホームページを作成するのであれば「いえらぶCLOUD」をご活用ください。

いえらぶCLOUDは、ホームページ制作や運用が誰でも簡単にできる、不動産業務に特化したシステムです。ホームページは作成だけでなく、更新も容易に行うことができます。

来店予約フォームや物件のパノラマ・VR画像の掲載、初期費用やシミュレーションなど、顧客のニーズを満たすサービスを提供できるのも特徴です。

また、ホームページのブログを作成する時間が取れない場合には、「執筆代行サービス」を活用してホームページへの集客力を高めることもできます。

「ブログ運用を委託したいけど専門知識のある業者が見つからない」「ホームページの運用で集めたデータを活用したい」など、不動産業におけるホームページの運用や集客に、いえらぶCLOUDをぜひご活用ください。

まとめ

不動産業のホームページに集客するには、該当エリアで物件を探しているユーザーに認知してもらうことが重要です。

どのようなユーザーに訴求したいのか、ターゲット層が多くいる運用方法を検討し、ホームページをうまく活用しながら集客へつなげていきましょう。

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。

記事一覧へ

Related articles関連記事