集客

一人で始める小さな不動産屋でも稼げる!メリットや集客のポイントについて解説

一人で小さな不動産屋を始める前は、不安なことがたくさんあるでしょう。

他社競合や売り上げ、集客ついてなど、たくさん悩むことがあると思いますが、一人で始める小さな不動産屋でも稼ぐことは可能です。

今回は、一人で始める小さな不動産屋のメリットや年収、始める際や集客においてのポイントなどを解説しているので、ぜひ最後まで本記事をご覧ください。

一人で始める小さな不動産屋のメリットや年収など解説

不動産屋を一人で始めるメリットは「独立開業がしやすい」「安定した収益が見込める」ことにあります。

とくに仲介業だけをおこなう不動産屋は在庫を持つ必要がなく、一人で始めても人件費や固定費が少なくて済む点が大きいでしょう。

不動産屋を開業した当初でも、完全歩合制の業種になるので、大きな資金が必要になることもありません。


<一人で始める小さな不動産屋の年収>

不動産屋を始めるなら気になる「年収」ですが、どの程度の年収になるのか解説します。

まず、結論ですが「平均で600万円ほど」になると予想されます。

メインになっている業態(仲介・売買・管理)によって多少の差がありますが、意外と低い印象があるかもしれません。

しかし、基本的に不動産屋は「完全出来高制」となるので、売買の場合は高い収益が見込め、管理や仲介であれば毎月の収益を安定させることができます。

売買のみに特化するだけではなく、一人でも可能な業態に取り組んだほうが良いでしょう。

<一人で始める小さな不動産屋でも儲けることができる>

小さな不動産屋には特有の魅力があり、儲けることは十分可能です。

会社の規模を気にすることなく、売り上げを増加させるために行動すると良いでしょう。

以下で、小さな不動産屋を開業するメリットをご紹介します。

お客様との距離が近いので、信頼関係を構築しやすい

ノルマがないので、お客様のための提案ができる

仲介手数料で大手不動産会社と差別化できる

お客様対応が迅速に可能

<一人で始める小さな不動産屋を起業する流れ>

事務所とする場所を決める

会社を設立する

宅地建物取引士の資格を取得する

全国宅地建物取引業保証協会か全日本不動産協会に加入する

不動産屋を開業する流れについては、以下で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。

>>不動産の未経験開業開業の流れやメリット・デメリットとは?3つの業務形態を徹底解説!

小さな不動産屋を一人で始めるときのポイント

一人で不動産屋を始める場合は大手の不動産屋とは違って、当然すべての業務を一人でこなさなければなりません。

そのため、効率が悪いと日々の業務が激務になってしまう可能性があり、「業務の効率化」がとても重要になります。

そこで、小さな不動産屋を始める際のポイントをご紹介します。


<ポイント①経費を削減する>

一人で不動産屋を始めた当初は、「固定費」「人件費」が重くのしかかってしまうため、負担を軽然させる工夫が必要になります。

固定費を削減させるために事務所を設置する必要がありますが、必ずしも実店舗である必要はなく、最近はコロナ禍の影響もあり、オンラインでの商談も可能です。

事務所を設置して固定費の負担を減らすことができる方法に「シェアオフィス」などもありますので、検討すると良いでしょう。

また、人件費は基本一人で始めた場合は一人分でいいので、第三者を雇うことがないなら負担が大きくなることはないと言えます。

<ポイント②地域密着型の不動産屋で集客につなげる>

一人で始める不動産屋に限らず大きな問題なのが「集客」です。

集客ができなければ不動産屋として生き残ることが困難になるので、しっかり集客についての戦略を検討しましょう。

一人で始める不動産屋は基本「地域密着型」の小さなエリアから集客をすることが効果的で、お客様との信頼関係を構築することで売り上げに繋がることがあります。

そして、「売買」の業態では情報が不動産屋の売り上げに大きく関わるため、集客の戦略がしっかりできていれば大きく見込み顧客の獲得に繋がります。

また、集客方法も大きく影響しますので、さまざまな方法のなかで、どの方法を使って集客をおこなうのか検討しましょう。

一人でも簡単に不動産の集客をおこなえる方法をご紹介します。

会社のHPをGoogle検索上で上位表示させる方法

SNS広告(Facebook・Instagram)

Google広告

マスメディア広告(新聞・雑誌・TV)

上記の方法が一般的となり、上から下に広告費が高くなる傾向なので、まずはGoogleの検索順位を上げる作業からおこなうことが良いでしょう。

<ポイント③業務効率化できるシステムを活用し負担を軽減する>

不動産屋を一人で始める場合、業務を効率化できるシステムを導入すると良いでしょう。

以下で、システムにより負担を軽減できる業務をご紹介します。

物件確認

物件確認とは、取り扱っている業務がまだあるかどうかを確認する業務です。

物件をお客さまに提供する場合は、必要があるたびに、成約状況や価格の変更を確認する必要があります。

一日に数百もの確認に対応ししたり、確認作業に時間がかかったりなどして、ほかの業務まで手が回られないといったことも珍しくありません。

しかし、この物件確認は自動化することが可能で、自動音声対応などのシステムも続々と登場しています。

データベースにアクセスすればリアルタイムの物件情報を確認できるため、物件確認のために、ほかの業務の時間を削られることがありません。

追客業務

追客業務は、営業において非常に重要なものになります。

とくに仲介の場合は長く検討する方が多いので、追客業務を通して、長く接点を持つことが重要になります。

しかし、追客メールの作成や提案物件の選定、追客状況や顧客管理は手間がかかり、業務がスムーズにいかずに悩む不動産屋も多いです。

そこで、追客業務をシステム化することをおすすめします。

顧客管理システムを使用すれば、一目で追客状況が把握できたり希望の条件からおすすめの物件をマッチングさせたりなど、業務をすばやく簡単におこなうことが可能です。

一人で始める小さな不動産屋に重要な集客もポイント

一人で始める不動産屋を継続するためには、効率的な集客が重要になります。

集客がうまくいかない場合、不動産屋の売り上げに影響し、倒産してしまう可能性もあるので、集客は不動産屋によって重要になります。

効率的な集客ができれば売り上げの増加に直結しますので、導入するメリットは大きいといえるでしょう。


<ポイント①ホームぺージでWEB集客をおこなう>

これまで、不動産屋の集客といえば、チラシやはがきを郵送したり、のぼりや看板などを利用することが一般的でした。

しかし、印刷代や切手代、人件費などがかかってしまうなど、さまざまなデメリットが存在します。

そこで、最近ではネット上で物件情報を公開することが普及し、物件を探す方法としてもポータルサイトを利用する方が増加しています。

このことから、不動産屋にとってWEB集客は欠かせないものといえるでしょう。

さらに、WEB集客をおこなううえで必要不可欠となるのが、ホームぺージです。

ホームぺージを適切に運用していることによって、お客さまに安心感を与えられ、物件情報だけではなく会社の雰囲気も伝えることができるます。

いえらぶでは、反響獲得にこだわった不動産ホームぺージを作成しています。

これまで、4,000サイト以上の不動産ホームぺージを制作した実績を持ち、簡単に運用できることがポイントです。

>>不動産ホームぺージならいえらぶ!反響獲得にこだわった不動産ホームページ制作

<ポイント②ポータルサイトに物件を掲載する>

物件情報を拡散するためには、さまざまなポータルサイトに掲載することが必要です。

ポータルサイトに掲載するメリットとしては、ある程度その物件に興味があるお客さまが問い合わせるため契約につながりやすいこと、ポータルサイトから自社のホームぺージに誘導しやすいこと、外部サイトに紹介していることで信用につながることなどが挙げられます。

しかし、より多くのポータルサイトに掲載しようとすると入力すべき項目も多くなり、また、広告掲載のルールもさまざまなので、大変な作業になってしまいます。

不動産業務支援ツールであるいえらぶCLOUDなら、複数のポータルサイトに一括で掲載することが可能です。

利用できるポータルサイトも、スーモやホームズなど掲載数が多いサイトばかりなので高い集客力が望めます。

また、月間350万PV数を誇る「いえらぶ物件検索」への掲載も可能です。

>>いえらぶ物件検索

>>ポータル連動

<いえらぶCLOUDなら業務の効率を改善できる>


いえらぶCLOUDであれば、そのほかにも不動産業務の負担を軽減し、効率化することが可能です。

また、これから需要が高まることが予想される電子契約やVR内見、IT重説に活用できるWEB接客機能なども備えています。

さまざまな機能をいえらぶCLOUD一つでおこなうができるので、小さな不動産屋を始める際にも、開業コストを抑えることが可能です。

詳しい機能やサービスの一覧はこちらからご確認ください。

>>いえらぶCLOUDの機能・サービス一覧

まとめ

今回の内容は、一人で始める小さな不動産屋の始め方から年収、そして集客のポイントなどをご紹介しました。

一人で始める小さな不動産屋を始めるなら、さまざまな方法で集客してみたり、業務効率化のためにシステムを導入してみてはいかがでしょうか。

「いえらぶCLOUD」なら、仲介から管理まで幅広い業務に対応した機能やサービスが利用できます。

>>いえらぶCLOUDとは?不動産業務のすべてを楽にするオールインワンシステム

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。

記事一覧へ

Related articles関連記事