集客

不動産のSNS集客とは?メリットや運用方法を解説

SNSと総称するインターネットサービスが急激な普及をし、そのユーザー数は国内だけでも8千万人を超えようとしています。

近年、企業が集客にSNSを活用するケースはもはや当たり前になりつつあります。不動産業界もこの例外ではありません。

そこで今回は、これからの不動産の集客の決め手となるSNSについて、メリットや運用方法を解説します。

SNSを活用して集客したいとお考えの方は、ぜひ最後までお読みください。

今よりもっと反響を増やしたい

不動産業の集客にSNSを活用するメリットとは?

まずSNSとは何か、利用のメリットなどを見てみましょう。

SNSとは?~ビジュアル訴求も得意~

SNSはソーシャルネットワークサービスの略で、ビジネスや私的な連絡ツール以外に、情報発信や広告宣伝のツールとして欠かせなくなっています。

SNSにはいろいろありますが、とくにLINE、Facebook、Instagram、Twitter、YouTubeが広く利用されており、近年ではTikTokが急速にユーザー数を増やしています。

広告にも欠かせないツールに

これらのサービスにアカウントを作り、自社の商品やサービスをアピールして、支持や会員を集めることが、SNS利用の目的です。

支持のことを「いいね」、会員を「フォロワー」と言い、フォロワーに登録してもらうことで、追客や情報発信ができるようになるのです。

SNSの記事からの商品購入経験を問うたアンケートでは50%以上が「経験あり」と答え、なかでもInstagramのユーザーの購入経験は60%に達していました。

強いビジュアル訴求力

また、スマートフォンユーザーにもビジュアルで直感的な訴求ができるというメリットがあります。

最近ではInstagramを中心に、写真や動画を通して効果的な物件の印象づけをおこない、集客に成功している例が増えています。

無料で効率良く集客できる

SNSは情報を発信する側も、受け取る側も基本的に無料で利用できます。

SNSをうまく利用できれば費用対効果は非常に大きいメリットとなります。

魅力的だと感じてもらえるような発信をすれば、情報はSNSユーザーによって拡散されます。発信者であるあなたは、成功例を基礎に「どうすれば魅力を感じてもらえるか」に注力すれば良いのです。

ハッシュタグで検索される

ハッシュタグとは、その記事を検索してほしい語句を投稿時に設定しておくキーワードのことです。

InstagramやTwitterでは1投稿あたり30語句までハッシュタグ登録が可能です。

とくにInstagramではハッシュタグを用いた検索が盛んで、ユーザーがエリア検索をする際に、関連したハッシュタグの投稿がおすすめ欄に表示されるようになります。

この機能を活用して、あなたの投稿をユーザーの目に触れやすくできることもメリットです。

今よりもっと反響を増やしたい

不動産業の集客にSNSの需要が高まる理由

不動産業の集客にSNSの需要が高まる理由

電話やメールではなく、便利で使い慣れたSNSをコミュニケーションの手段にしたいという、ユーザー側からの需要も高まってきています。

資料の受け取りもSNSで

昨今のコロナ禍と、それに伴う生活やビジネス様式の変化で、非対面・非接触のコミュニケーションが求められるようになりました。

駅前にある不動産店舗が便利で規模も大きそうなので「そこに入って相談しよう」というような住まい探しが好まれなくなったのです。

インターネットで物件情報を探し、資料の取り寄せや問い合わせも可能な限りネットでおこないたいというのが、今のニーズです。

この局面で、活躍するのがSNSのチャット機能です。

問い合わせがしやすい

SNSのチャット機能なら、お客様から気軽に問い合わせができて、開封もされやすいので、不動産会社とお客様とのやりとりの活用法として、近年注目されています。

メールや電話と比較して、LINEなどのSNSのチャット機能では時間や場所を気にせず気軽に問い合わせができるというユーザーの声が増えてきています。

また、チャットツールによるメッセージはメールに比べて、ユーザーが開封する率が非常に高いため、返信が得られる率も高くなります。

情報が受け取りやすい

また、連絡の活用法として双方がすぐに内容を把握しながら、電話のように時間に縛られることなく、都合に合わせて返信することが可能です。

送れる情報はさまざまで、物件情報だけでなく展示場やセミナー、売り出しイベントなどの告知も可能です。

情報を受け取るユーザーは、自分のみへのダイレクトメッセージだけではなく、フォロワー全体への発信もあるという安心感があります。

ソフトなコミュニケーションを長期的に進められるので、潜在顧客を育成しやすいです。

今よりもっと反響を増やしたい

不動産業の集客にSNSを活かす運用方法

不動産業の集客にSNSを活かす運用方法

では実際に不動産業の集客にSNSを活用するための方法や注意点について、ご説明します。

SNSそれぞれの特徴まとめ

まず、SNSにはそれぞれの特徴があり、利用しているユーザー層や広告手法に違いがあります。まずは、それぞれのSNSの特徴を簡単にご紹介します。

Instagramは、写真と短めの動画を投稿できるSNSです。また、映像をリアルタイムで配信する「ライブ配信」も可能です。比較的若年層の利用者が多いのが特徴です。

Twitterは、文章の投稿がメインのSNSです。Instagram同様、若者の利用者が高い割合を占めています。「いいね」や「リツイート」機能によって、投稿の拡散性が高いことが特徴です。

Facebookは年齢層が比較的高く、匿名性が低いことが特徴です。実生活やビジネスでの人と人との繋がりの場として利用されます。

LINEは年齢層を問わず普及率が高く、手軽に使えるチャットツールとして利用されることが多いです。

集客はInstagramで

Instagramは写真や動画による視覚を利用したアピールに長けています。不動産業では、オシャレな物件写真や動画を投稿することで、自社サイトへユーザーを誘導したり、会社のイメージアップが期待できます。

また、ライブ配信によるルームツアーも効果的です。

お客様とのやり取りはLINEで

会社の「LINE公式アカウント」を作成し、ユーザーに「友達追加」をしていただくことで、来店や内見のやり取りがチャットでスムーズに行えます。メールに比べて、ユーザーからのお問い合わせのハードルが下がるため、密接な接客が可能となります。

Twitterで自社について知ってもらう

Twitterは「いいね」が多い投稿、「リツイート」を多くされる投稿の拡散性が高いです。したがって、人気の物件や御社の魅力的なキャンペーン、情報発信を投稿することで、たくさんのユーザーの目に御社の情報を届けることができます。

YouTubeチャンネルで情報発信

YouTubeはLINEに次いで利用者の多いSNSです。動画では多くの情報を得られることから、近年ではYouTubeで調べ物をするユーザーも増えてきています。投稿者側としても、テキストや画像だけでは伝えにくい内容をわかりやすく伝えるツールとしてYouTubeに参入する企業も増えてきました。

不動産会社においても、物件紹介や会社情報の発信にYouTubeを検討してみてはいかがでしょうか?

フォロワーを増やし、維持する

ターゲットや発信内容の軸足が定まって、自社アカウントの運営を開始したら、意識するのはフォロワーのことです。

魅力ある、ユーザーに喜ばれる発信内容を研究し、計画的に発信を継続することで、フォロワーを増やしましょう。

最初は冷やかし程度に、何か面白そうだと集まってきたユーザーたちに対して、顧客化をおこなうつもりで発信を工夫します。

また、どんな投稿に対していいね!がたくさん集まったかや、フォロワーからどんなコメントを頂いたかを元に、発信内容を変えていきます。

一度集まったフォロワーの数を減らさないという目線も重要です。

注意点として、この作業に関しては、確実に手間と時間を要しますので、担当者の確保が必要となります。

受け皿の自社ホームページが重要

そしてSNSで反応してくれた方が、同時に確実に参照するのが、自社ホームページです。

ユーザーのなかには、SNSで見ていて、物件問い合わせの時はホームページからという方も、相当数います。

充実したコンテンツをそろえ、検索性を高め、問い合わせをしやすくするなど、SNSからの導線を整えることで、確実に反響につなげることができます。

いえらぶCLOUDは、ホームページの構築から運用、SNSの活用法まで、すべてサポートいたします。

また、いえらぶCLOUDは、LINEそのものも集客にフル活用します。

LINE友だち登録連携で、顧客記録への自動登録をおこない、自動物件提案機能では、LINEを通じた自動物件紹介まで、LINEをフル活用した追客を実現します。

インターネット集客のほか、いえらぶCLOUDは売買、賃貸のあらゆる業務内容に対応し、充実した機能をそなえた不動産業務支援システムです。

導入後もサポート&コンサルの役割を担う専門スタッフが、12,000社導入の実績を持つ弊社のノウハウでコンサルティングをおこないます。

>>いえらぶCLOUD 機能・サービス一覧

今よりもっと反響を増やしたい

まとめ

不動産の集客の決め手となるSNSについて、メリットや運用方法を解説しました。

SNSを含めたネット集客で成約数アップに貢献する、いえらぶCLOUDの活用法をぜひ一度ご相談ください。

ゴマキ補助金_450万

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事