集客

不動産ポータルサイトとは?特徴やメリット・デメリットを解説!

タグ:

ほとんどの不動産業者さんが物件広告に利用されているポータルサイトですが、あらためてどんな役割があり、各社どんな違いがあるのでしょう?

不動産ポータルはただの広告だけではなく、お客様から直接反響を得たり、自社Webページに誘導する役割も持っています。

不動産ポータルサイトをよく知って、有効的に活用してみてください。

不動産ポータルサイトとは?仕組みについて

ポータルサイトとは「玄関・入り口のページ」などの意味で、たとえばYahoo! Japanも、検索などさまざまな情報のポータルサイトです。

不動産ポータルサイトとは文字どおり、不動産物件情報を掲載し、お客さまがそれを検索するためのものです。


<不動産ポータルサイトの仕組み>

不動産業者が物件情報をポータルサイトに掲載すると、お客さまがたくさんの物件の中から検索・比較したうえで、該当する物件の問い合わせをします。

問い合わせは掲載した業者にじかに届き、質問への回答や、内覧の日時調整をおこなうという流れです。

ポータルサイトは、不動産業者が自社運営するWebサイトよりも閲覧者数が多く、集客力が大きいため、多くの不動産業者から利用されています。

<ビジネスモデル~掲載料金など~>

不動産ポータルサイトの掲載料金の体系には大きく2つあり、基本料金のほかに「物件の掲載件数一件につきいくら」と「反響一件につきいくら」に分かれます。

掲載件数を決めて月額いくらで契約してから、掲載したい件数が増えた場合も、掲載数の枠は簡単に増やせます。

ポータルサイトは意外と多くの機能が備えられているので、「どう記入すれば反響が増えるか」など、担当営業の方に問い合わせて使いこなしましょう。

<自社Webサイトとの違い>

自社Webサイトはもう一つの店舗、ポータルサイトは広告看板です。

ポータルで心に決めた物件に関して、次にお客さまは業者のWebを見にきます。

まずポータルサイトでは自社の存在や、推し物件をアピールして集客をします。

次に自社のWebでは、会社の姿勢や得意分野、地域性、スタッフの人柄などをアピールして、「ここなら安心だから相談しよう」というクロージングをうながします。

該当物件のより詳しい情報や、ポータル掲載外の物件情報も自社のWebで見てもらうことになります。

<不動産ポータルサイトを使い分ける>

後述しますが、各不動産ポータルサイトはそれぞれに特徴や強み、機能に差があるので、各社ポータルサイトに繰り返し検索をかけてみると、さまざまなことが分かります。

「ここはこのエリアの中古マンションが少ないな」「ここのポータルサイトのこの種別は平均相場よりも高めの物件が多い」などです。

自社の物件ラインアップや特性に合わせて、ポータルを使い分けるのも有効な手段です。

戦略なしに複数のポータルにただたくさん載せるだけというのは、経費のムダになっている可能性があるのです。

不動産ポータルサイトのメリット・デメリット

不動産ポータルサイトの利用には、メリットだけでなくデメリットもあります。


<不動産ポータルサイトのメリット>

アクセス数・物件数の多さ

お客さまにとってのメリットである「ページをすぐ探せて、多くの物件が一度に見られる」という点は、実は自社Webページの力を補完することになります。

アクセス数も掲載物件数も多いため、自社のWebページからよりも、物件にたどり着く確率が上がるわけです。

条件検索・比較がしやすい

細かい条件で検索がかけられ、物件の比較ができるため、お客さまは希望の条件に合った物件を早く探せます。

これは言い換えれば、予備知識なしで来店されたお客さまと違い、問合せを受けた時点で、物件への取引意思が比較的固まっていることを意味します。

くわえて、地域の相場感やおおよその費用総額も把握していることが多いので、接客がしやすくなるという効果もあります。

会社の存在を知ってもらえる

ネット上でうまく宣伝できれば、より多くの方に会社の存在を知ってもらうことが可能です。

活字の情報誌が主流だった時代は情報拡散が困難でしたが、不動産ポータルサイトを活用すれば「ここのエリアにこのお店があるんだ」というのをアピールできますよ。

<デメリット>

掲載料金が高額

できればたくさんの物件を出したい反面、どのような料金体系でも掲載数は金額に比例します。

その結果、「決めたい物件」「強い物件」を優先にせざるを得なくなります。

入力・メンテナンス作業が面倒

ポータルサイトでも、複数のサイトに登録することがあります。

そうなれば載せる数に比例して入力作業の手間は増え、成約や価格変更などのメンテナンスも煩雑になっていきます。

同一物件が多数出ている・内容が薄い

物件の掲載数が多いことはメリットでもありますが、その反面、不動産業者・お客さまの両方にデメリットになることがあります。

どういうことかというと、多数の物件を載せる関係で掲載フォーマットに制約があり、掲載物件の性質によっては情報が薄くなる場合があるのです。

不動産ポータルサイトの比較

よく利用されている不動産ポータルサイトを、その特徴や料金体系などで比較してみましょう。

すでにどこかお使いでも、意外と各社違いのあることに驚かれるかもしれません。

SUUMO

リクルート社の運営するポータルで、旧住宅情報のWeb移行版です。掲載物件数は630万と、HOME’sと並ぶ多さです。

料金体系は「従量課金制」がメインで、掲載物件数で枠を決定するため、かける予算が決めやすいです。

テレビなどの既存メディア、連携の他サイトやSNSへの広告掲載も多く、多角的な集客が可能なことがセールスポイントとなっています。

HOME’s

株式会社LIFULLの運営です。

課金は「反響課金制」=問い合わせが発生した時点で料金が発生する仕組みです。

問い合わせなしなら料金も発生しないかわりに、「強い」一つの物件に問い合わせが集中すると重複して料金が発生する点はマイナス要素です。

検索方法は多種多様で利便性が高い質保証サービスなどもあります。

ほかのポータルと比較して投資物件の情報掲載数が多いので、収益物件検討中の方は、スマ―トフォンの画面がHOME’sのAI広告だらけになるかと思います。

at home

アットホーム株式会社が運営しているポータルサイトです。

at homeもテレビCMなどを目にする機会が多く、サイト宣伝に力が入っている点、安心して利用ができます。

掲載物件は都心だけでなく郊外・地方の物件に強く、コロナ禍にも比較的に強い体制といえます。

また全国加盟店間の物件流通・管理画面からレインズや、宅建協会のハトマークサイトへの物件情報の直接入力などが可能です。

いえらぶポータル


いえらぶの物件検索は、不動産ポータルサイトとして好評をいただいているほか、さまざまな集客のチャンネルを持っています。

マンション口コミ・不動産相談・不動産スタッフ検索ほか多機能で、月間350万PVを獲得している「住まいの総合ポータル」です。

いえらぶCLOUDご利用の場合、物件掲載はなんと無料です。

いえらぶCLOUDは複数の物件ポータルサイトのご利用も一括連動で、掲載・メンテナンス可能なので、業務効率が一気にアップします!

その他、顧客情報管理・Web集客・電子契約などで、業務効率化や反響率アップを実現する、賃貸・売買・管理全対応のオールインワンシステムです。

不動産テックの導入は、いえらぶCLOUDにお任せください。

まとめ

不動産ポータルサイトのメリット・デメリット・比較を通して、物件情報流通の最新事情を解説しました。

各社ポータルサイトの意外な違いや、知らない機能などに気づかれたのではないでしょうか?

これを機にご利用方法や導入を再検討されてはいかがでしょう。

>>不動産業務支援システム いえらぶCLOUD

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。

記事一覧へ

Related articles関連記事