集客

不動産会社はYouTubeを活用すべき?マーケティングにおすすめの理由とは

住まいや暮らしに関する不動産情報をインターネット、SNSなどで収集する方は増えています。それにともない、不動産会社の集客手法も変化が必要です。そのためオンラインの集客手法のひとつにYouTubeの活用を検討している方もいるのではないでしょうか。

YouTubeは顧客に対して視覚的に訴求できるツールとして注目されています。そこで今回は、不動産会社によるYouTube活用について解説します。

今よりもっと反響を増やしたい

【相性〇】不動産会社がYouTubeを活用すべき理由

相性〇不動産会社がYouTubeを活用すべき理由

多くの不動産会社がYouTubeに注目する理由を知り、新たな媒体として活用する方法を探っていきましょう。

文章や画像よりも多くの情報を与えられる

YouTubeは映像や音楽を使用できるため、顧客の視覚や聴覚に多くの情報を与えられます。文章の場合、大量の情報を伝えるのに向いていますが、分かりやすさやイメージのしやすさが下がってしまう懸念があります。

画像も視覚にアプローチできる手法として有効ですが、動画ではないので切り取った一部分しかアピールできません。

動画であれば、分かりやすさやイメージしやすさといった画像の長所を持ちつつ、文章同様断続的な情報を与えやすくなります。「伝えたいことが多すぎる」と感じる不動産会社はYouTubeを活用すべきです。

顧客が物件の理解を深められる

不動産業界は、普段聞き慣れない専門用語や複雑な手続きが多いです。物件契約に慣れていない顧客にとって、文章や口頭だけの説明では理解しきれないこともあります。

動画であれば、画像・イラスト・音楽・アニメーションなどを多角的に活用して説明できるので、理解度の向上を図れます。難しい話を分かりやすく噛み砕いて伝えたいときに、YouTubeを始めとする動画媒体を検討するのがおすすめです。

店舗の雰囲気が分かる

受付ブースや商談スペースをはじめとする不動産会社の内装や、エリア担当者などを動画上で紹介することで、店舗の雰囲気が伝わります。また、駅からのアクセスや近隣情報などをアピールしたいときにも動画が便利です。

「信頼できる不動産会社に任せたい」「初めての相談で緊張する」と感じる人にとって、事前に動画でチェックできるのは安心感につながります。YouTubeの活用は見込み顧客に対して、来店のハードルを下げるきっかけにもなるのです。

ターゲットを絞りやすい

YouTubeなどの媒体に公開する動画を制作する際、あらかじめターゲットを絞ったうえでニーズに合った動画にしていくのがセオリーです。自社のターゲットユーザーが求める情報に絞って発信することで、来店からの成約率を高められます。

動画制作時に定めたターゲット像は、チラシ広告・インターネット広告・SNS上の投稿などにも反映できます。そのため、ほかのマーケティング施策においてもターゲットを絞った訴求がしやすくなるのが大きなメリットです。来店だけでなくその後の成約率向上にもつながる施策なので、取り入れてみることをおすすめします。

今よりもっと反響を増やしたい

不動産会社がYouTubeを有効活用するポイント

不動産会社がYouTubeを有効活用するポイント

次に、不動産会社がYouTubeを活用する際の注意点を紹介します。動画を公開すること自体が目的にならないようポイントを紹介していきます。

ポイント1.自社のターゲットを明確化してから構成を作る

「〇〇エリアに住んでいる30代の夫婦で、世帯年収は800万円」など具体的なターゲットを決めておけば、ニーズに響く動画を作りやすくなります。

一方でターゲットを決めず動画を作ってしまうと、誰の心にも響かない漠然としたコンテンツになるおそれがあります。

方向性もブレやすくなるので、事前に着手すべき項目として押さえておきましょう。

ポイント2.概要欄などに自社サイトへの情報を掲載する

動画の概要欄には、自社サイトへのリンクを掲載するのがポイントです。動画視聴後に検索エンジンで会社名を検索してもらうより、ワンクリックで遷移できるリンクの方が流入率を高めることができます。

そのほか、自社運用しているTwitter・InstagramなどのSNSのアカウント情報も概要欄に載せましょう。YouTubeからSNSへ流入させたり、反対にSNSからYouTubeへ流入させたりできれば、全体的に閲覧数が向上します。

ポイント3.誤情報を発信していないかチェックする

定期的に、誤情報を発信していないかチェックすることも大切です。

不動産会社は物件を扱うプロであり、古い制度・法律のまま情報を掲載してしまうことは大きな問題です。「数年前に掲載した制度解説の動画はあるが、今は制度そのものが変わっている」などのギャップがあると、店舗の信頼を損ねる可能性があります。

また、エリアの情報も都度チェックしていきましょう。「近くに大きなショッピングモールが開店した」「駅の路線が増えた」など大きなトレンドがあれば、お知らせ動画を公開することもおすすめです。

ポイント4.継続して動画を投稿する

YouTubeを活用するうえで大切なのは、定期的な投稿を継続することです。多くの企業チャンネルはいつの間にか更新が止まってしまう傾向にあり、前述したような情報更新もされません。

動画公開を継続させるだけでも差別化になり企業チャンネルの上位に入りやすくなるので、「継続は力なり」を意識することが理想です。

今よりもっと反響を増やしたい

不動産会社がYouTubeを活用できる事例

不動産会社がYouTubeを活用できる事例

最後に、不動産会社によるYouTube活用事例を紹介します。コンセプトに応じて動画の雰囲気や目的が変わるので、事例を参考にしてみましょう。

店舗の強み・雰囲気を伝える動画

ブランディング戦略のひとつとして、店舗の強み・雰囲気を伝える方法があります。担当者の詳細や職場のビジョンを伝えられるので、共感してくれる成約率の高い顧客を集めやすい手法でもあります。

不動産情報だけでなく社内の雰囲気を伝えることもでき、親しみのある会社として評価してもらえる可能性が高まります。

例えば、「センチュリー21仲介プラザ」「有限会社アイホープハウス」などのチャンネルが該当します。

センチュリー21仲介プラザは、湘南台の戸建て物件に絞って動画を作成しているのが特徴です。物件価格の相場や坪単価を中心に費用面の疑問に応えるチャンネルとなっています。

有限会社アイホープハウスは、不動産雑学だけではなく社内メンバーの触れ合いやイベントを動画にすることで、会社の雰囲気が伝わる内容です。

雰囲気を伝えるという点で共通していますが、方向性は会社によって異なるので参考にしてみてください。

賃貸・売買物件の内見動画

自社で扱っている賃貸物件・売買物件の内見動画を公開する方法もあります。ルームツアーなど人気の紹介方法を採用したり、切り抜きとしてYouTube ShortやTik Tok用の短編動画を制作することも流入の増加につながります。

内見動画は具体的に検討している物件がある人にとっては貴重な資料です。反響を増やす効果も期待できます。

「蒲田大森不動産」「浅川不動産株式会社」などのチャンネルが、内見主体型です。珍しい物件であれば、ほかのSNSでバズるなど思わぬ効果が得られることもあります。

蒲田大森不動産は、間取り図をサムネイル画像に使用しているのが特徴です。間取り重視で物件を選びたい人の興味を引きやすく、タイトルでは最寄り駅や路線などを補足しています。

浅川不動産は動画のサムネイルに物件画像だけではなく、各物件の魅力を箇条書きで分かりやすく記載しています。サムネイルを見ただけでどのエリアのどのような間取りの物件か分かるようになっており、ユーザーフレンドリーな作りです。

不動産に関する疑問の解説動画

不動産業界に関する疑問を解消する動画を公開しているチャンネルもあります。

検討開始から契約完了までのフローを紹介したり、難しい専門用語やシステムを解説したりすることが多い傾向です。分かりやすい情報を発信しているチャンネルであれば、信頼性が上がって自社サイトへの流入も増加するので、直接自社のアピールをする動画でなくとも問題ありません。

具体例として、「ウスイホーム」「大国住まい・昭和町住まい」などが挙げられます。

ウスイホームは、モデルハウスの建築行程や3億円豪邸の内部映像など、業界の人間でなければ見る機会の少ない部分を中心に紹介しているのが特徴です。

大国住まい・昭和町住まいの動画は、実際の物件の画像に「12.5帖!」「え?!お風呂丸見え?!」などキャッチーな文章で目を引くサムネイルとなっています。

今よりもっと反響を増やしたい

まとめ

インターネット上での情報収集が多角化している昨今、より多様なニーズに対応できる情報発信手法をもつ不動産会社が強みを持ち始めています。

今回紹介したYouTubeはもちろん、VRコンテンツ・ホームページ・オウンドメディアなどを組み合わせればさらに流入を増加させられる可能性が高まるので検討してみましょう。

いえらぶGROUPでは、不動産業務支援システム「いえらぶCLOUD」を活用した幅広い不動産Web集客のコンサルティングを行っています。これまでにない新しい手法を取り入れ反響増加を狙いたいとお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

ゴマキ補助金_450万

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事