最大450万円IT補助金でお得
!!

執筆代行

SEOやコンテンツマーケティングのために、
どうしても手間のかかる記事作成を代行依頼できます。

執筆代行でコンテンツ運用がらくらくに!

サービス資料ダウンロード
いえらぶCLOUDについてご紹介した資料をお送りします。

メールで資料を受け取る(無料)
こんな方におすすめ
  • ホームページの集客を強化したい
  • コンテンツを作りたいがノウハウが無い
  • ブログの運用を外部委託したい

執筆代行サービスの
3つのポイント

集客につながる記事を作成
ただ無作為にたくさん記事を作成するのではなく、「ホームページ集客の手助けとなる記事」を作成します。独自の方法でキーワードを選定し記事作成を行うので、ほしいユーザーを狙って集客できる記事をご提供できます。
不動産×ITのノウハウ
いえらぶは創業以来、不動産専門のIT企業としてこれまで12,000社もの不動産会社様とお付き合いいただいています。業界専門の実績があるので、複雑な慣習や法令などで難易度の高い不動産関連の記事制作も安心しておまかせいただけます。
運用の手間を限りなくゼロへ
いえらぶではホームページ制作から一貫して行っているので、文章を作成するだけでなく、記事の企画から投稿までのすべてを代行しています。お客様でレイアウトの調整や投稿作業を行っていただく必要もありません。

そもそもコンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、ユーザーのニーズに合わせて作成したコンテンツでホームページへ集客を行い、自然と商品やサービスの購買につなげるマーケティング手法のひとつです。購買を直接的に訴求する広告や宣伝とは違い、ユーザーが求めるコンテンツを提供し、継続的に集客することで、商品やサービスの価値をユーザーが自然と理解し、結果的に集客や売上に繋げることができます。

執筆代行ご利用の流れ

  1. お申込み・ご契約
  2. ヒアリング
  3. 企画・執筆
  4. 校閲
  5. 下書き投稿・納品
  1. お申込み・ご契約

    執筆代行サービスのご利用には、お申込み・ご契約が必要です。いつでもお気軽にご連絡ください。

  2. ヒアリング

    お客様により適したコンテンツをご提供するため簡単なヒアリングを行い、キーワードの分析・選定などを行います。

  3. 企画・執筆

    選定したキーワードを軸にコンテンツの企画を行い、執筆作業を行っていきます。

  4. 校閲

    出来上がった記事は、専門のスタッフが誤字などの校閲チェックを行います。

  5. 納品

    お客様のブログ管理画面に下書きとして投稿します。問題なければ公開していただき、掲載前に内容を編集することも可能です。

不動産記事制作(ブログ・コンテンツ)代行 サービス|不動産業務支援システムのいえらぶCLOUD

関連コラム

不動産会社が記事制作を外注するメリット

オウンドメディアやブログは、自社サイトへの集客に有効です。

しかし、社内で通常業務に加えて記事制作を行うには多くのリソースが必要になるため、日々忙しい不動産会社にとっては大きな負担となるでしょう。 また、社員が記事制作に関するスキルを習得するには、時間も手間もかかります。

記事制作を外注するメリットは、記事執筆にかかる時間や手間を短縮できることです。 記事の方針を決めて制作会社に依頼すれば執筆を代行してもらえるので、社員が本来注力すべき接客・追客などの業務に集中できます。

また、メディア拡大のためには制作記事数を増やし、定期的に更新することが重要ですが、内製の場合はどうしても限界があるものです。 一方、外注すれば一定数の記事制作を担保でき、メディアの更新頻度を高められます。新規メディアの場合は、記事を揃えた状態で運営を始めることも可能です。

不動産会社が記事制作会社を選ぶポイント

不動産会社が記事制作会社を選ぶときのポイントと確認すべきことを解説します。

専門性の高いライティングができるか

不動産分野での記事ライティングでは、法令をはじめ業界特有の知識が求められます。 記事制作会社がどこまで専門性の高い記事を執筆できるか確認しましょう。

また、メディアからの集客を期待するには、検索結果での上位表示が必須です。サイト評価の基準には、専門性はもちろん、情報の正確さや新鮮さも含まれます。 十分な知識のもと制作可能であるか、記事品質を担保する体制が整っているかも重要なポイントです。

専門性については、不動産関連での記事制作実績からある程度判断できます。自社に近い業態の制作実績が豊富なら、専門性や記事品質は担保できると考えて良いでしょう。

加えて、メディアの戦略設計をしっかりと立ててくれるかどうかも重要です。自社の要望を丁寧にヒアリングしてくれるか、コミュニケーションを十分に取ってくれるかなども注視しましょう。 自社のターゲットや期待する成果の認識にズレがあると、記事内容が期待していたものと乖離し、修正に費用や工数が発生してしまいます。

作業範囲と費用は適切か

記事制作を外注する場合、作業範囲と費用が適切かどうかも重要なポイントです。

一概に記事制作会社といっても、記事の制作のみを行う会社もあれば、コンサルまで一括で行う会社もあります。 SEOが目的であれば、キーワード選定、構成案、執筆、分析までが必要になるので、一括して依頼できる制作会社がおすすめです。 しかし、その分費用は高額になるため、自社の予算やニーズに合わせて選択しましょう。

また、作業範囲が変更になった場合に、柔軟に対応してくれるかも大切です。

自社メディアを運営していると、以下のようなことがよく起こります。

  • 自社でアップロードやメンテナンスを行っていたが、業務が多忙になったため、まとめて依頼したい。
  • 執筆に関する一連の作業を依頼していたが、構成は自社で指示したい。
  • 新規記事制作よりも、既存コンテンツのブラッシュアップに注力したい。

このような要望に柔軟に対応してくれる制作会社であれば、メディア運営を効率的に行えます。

なお、費用は制作会社によって幅がありますが、安ければ良いわけではありません。特にコストが安すぎる会社は、記事品質が伴っていないこともあるため注意が必要です。 記事の品質や対応の柔軟性などを加味し、総合的にコストパフォーマンスが良いかどうかを比較検討しましょう。

不動産記事制作に適切なテーマ

不動産会社が記事制作を行うにあたり、適切なコンテンツやテーマを2つ紹介します。

住宅系コンテンツを制作する

不動産を探しているユーザーを対象とした住宅系コンテンツは、見込み客からの問い合わせ獲得につながります。 物件情報をメインに、価格や周辺情報などを発信すれば、比較検討中のユーザーに有益な情報を伝えることができます。

記事の強みは、広告出稿やポータルサイトへの情報掲載よりも、さらに詳細な情報を自由に発信できる点です。住宅にまつわる知識やノウハウを発信するのも有効でしょう。 売り込みよりもユーザーに寄り添い、不安を解消するコンテンツ制作を心がけると良い結果が期待できます。

暮らしコンテンツを制作する

住み替え後の新生活を想起させる、暮らしコンテンツの制作もおすすめです。 収納や家事のライフハック、引越しに関することなど、日常生活に密着した記事を展開し、ユーザーに役立つコンテンツ制作を目指します。

暮らしコンテンツは、現時点で購入や住み替えを具体的に考えていない潜在層にもアプローチが可能です。 自社のターゲットになり得るユーザー層を意識しながら記事内容を検討しましょう。

例えば、地域ならではのグルメや名物、施設などに関する情報の発信がおすすめです。その地域での新生活の魅力をユーザーに感じてもらえるようになり、住み替えを喚起できます。

地域情報は自治体や各種ポータルサイトも発信していますが、地元に詳しい不動産会社ならではの情報を加えることで差別化を図れます。 自社にしか発信できないオリジナルの情報は、ユーザーからの信頼性獲得や、自社のブランディングにも効果的です。