ビギナー

不動産業界における電子契約のメリットは?初歩から解説!

10分で不動産業界における「電子契約」が丸わかり! 不動産業界における「電子契約とは?」から分かりやすく解説します。 電子契約のメリットから
解決策「いえらぶ電子契約」のご紹介まで。 電子契約ツール導入で大幅コストカット!

電子契約とは

書面契約では、紙に押印・署名することで契約証明する方法のことを指しますが、 電子契約は電子ファイル上に、電子署名することで契約証明する方法のことです。 新型コロナウイルスの影響で世間のニーズが高まっているとされ、注目されています。

デジタル改革関連法案について

2021年5月21日に「デジタル庁設置法」をはじめとする「デジタル改革関連法」が国会で可決されました。
上記表をまとめると、不動産業界ではそれまで...
・宅建業法によって、35条書面(重要事項説明書)・37条書面(賃貸借契約書)の書面交付
・借地借家法によって、定期借家契約の書面上の契約
が義務付けられているため、電子上での契約完結までは不可能でした。
現在、
・駐車場契約
・自ら貸主の賃貸借契約
・賃貸借契約の更新

以上の契約のみ電子上で契約完結が可能です。

「デジタル改革関連法案」が施行されれば、電子契約の制限が全面解除され、 一部を除いて2021年9月1日から、遅くとも2022年5月19日には施行開始されます。
もっと不動産業界における電子契約について法律と絡めて詳しく

電子契約導入のメリット

「デジタル改革関連法案」施行により、電子契約が普及すれば...

業務効率化

電子契約は時間・場所に縛られず、契約可能で、 取引先までの移動・郵送の時間・経費の節約ができます。

コストカット

書面契約でかかっていた印紙代・郵送代だけでなく、それら業務にかかる人件費 まで節約可能!

保管場所が不要

電子契約では契約書面がオンライン保存され、 物理的な保管場所が不要になり、いつでも内容を確認できます。

働き方改革に大きく貢献

コロナウイルスの影響で在宅ワークやテレワークといった新しいワークスタイル導入に大きく貢献!
電子契約のデメリットとしてあげられるセキュリティー面の不安も、 情報の暗号化・ファイアウォールにより機密情報を守るクラウドサイン社と業務提携している「いえらぶ電子契約」なら安心してご利用していただけます。
電子契約システム導入メリットについてさらに詳しく

仕組み

「いえらぶ電子契約」は導入実績100,000社様以上の「クラウドサイン」社様と業務提携をしており、数分間で契約締結が可能です。
「クラウドサイン」社が誇る最新技術(ファイアウォール・ファイルの暗号化など)による安心と信頼のセキュリティーでお客様の「契約書」という重要なデータをお守りしています。

新規賃貸借契約や更新契約など、不動産における全契約業務をWeb上で完結します。管理会社様ごと別々のワークフローにも対応しています。
「いえらぶ電子契約」は、一元管理サービスである「いえらぶCLOUD」のサービスのため全業務連携させることが可能です。重要なデータもらくらく管理できます。

3つのポイント

契約の締結がどこでも可能に

オンライン上で契約のやり取りが完結するため、時間・場所に縛られることがなくなります。
また、物理的な契約書類の保管場所が不要です。

様々な契約フローに対応できる

各社異なる契約フローにも、いえらぶ電子契約はカスタマイズ機能により対応しています。

物確から契約まで一気通貫でサポート

いえらぶCLOUDは不動産関連業務を網羅する業務効率化ツールなので、 契約に至るまでの業務もサポートします。

合わせて使うと便利な機能

不動産業務効率化ツールいえらぶCLOUDを導入していただければ、物確から契約まですべての不動産業務を、流れるように一元管理していただけます。
いえらぶCLOUDは不動産仲介会社様から不動産管理会社様まで、幅広い企業でお使いいただけます。

【無料ダウンロード】電子契約に関する法律マニュアル


記事一覧へ

Related articles関連記事