追客

【初回対応メール】開封率20%UP!?60%の会社しかやっていないこと

タグ:

みなさんはお客様にメールを送る際に気をつけていることはありますか。
メールは、ネット媒体が普及した現在において、最も重要視すべき1つであるといっても過言ではないのです。
しかし、お客様の視点から見るとどうでしょうか?
一目で分かりやすく、返したくなるメールとなっているでしょうか。
ご自身に届いているメールを確認してみましょう。
実は重要なものであったり、当時目にしていれば役に立っていたものもあるはずです。

本来であれば成約に繋がっていたかもしれないもったいないメールを少しでも減らすために、初回対応の際のメール作成のポイント2つを紹介したいと思います。

①差出人名について

社名を記載すること

突然ですが、差出人名はどのように設定されていますか?
今すぐ確認してみると、思い当たる節があるのでは、、、?

とあるお客様のメールボックスの中の「差出人一覧」を見ると、
(例)
・〇〇株式会社××店    ←良い
・(株)〇〇不動産 ××太郎 ←良い
・"Tanaka"         ←悪い
・info@test-fudosan.com   ←悪い

以上のようなパターンに分けることができました。


に区分することができます。

良い例は、会社名がきちんと記載されていることです。
一目で、誰からのメールかわかる点が、安心できますね。
逆に悪い例の問題点は、そもそも不動産会社とわかってもらえないという点です。
不明の差出人のメールは、セキュリティ意識が高まっているこのご時世、開封していただけないことも多いでしょう。
立ったこれだけで、潜在層をどれほど逃してしまっているのでしょうか。

社名を入れていない会社が多い

東京都の不動産会社を調べたところ、
実に35%の会社に「社名」が入っていませんでした。

少し見ただけでも改善できるポイントがありますね。
些細なことが顧客満足度の向上に役立ちますので、改善しましょう!

②件名について

内容がわからない件名が多い

特に考えずに書きがちなメールの件名。
件名は”開封されるか”を決定づける最重要項目とも言えるでしょう。
みなさんはどのように書いているでしょうか?

お客様のメールボックスの「件名一覧」を見てみると、
【良い例】
・【サンプル物件 賃料9万円】でのお問い合わせありがとうございます。
・〇〇様【いえらぶ】でのお問い合わせありがとうございます。

【普通】
・【〇〇株式会社 ××店】おすすめのお部屋のご案内
・山田太郎様【株式会社〇〇の△△と申します】

【悪い例】
・お部屋探しの件

となります。

悪い例の理由はお察しかと思います。
件名が漠然としていて、どのような内容であるか把握できないからです。
では、良い例と普通の例の違いは何でしょうか?

物件名や媒体名を入れると開封率が上がる

開かれるメールの件名のポイントは「いかに問い合わせた当時の記憶を蘇らせるか」ということです。
そのきっかけとなるのが、

・自社ホームページの反響の場合は「物件名」
・ポータル反響の場合は物件名や会社名より「媒体名」

です。
特に、ポータル媒体名を入れると、開封率が1.2倍になるという結果が出ています。

いかがでしたでしょうか?
これだけでも改善できるポイントがありますね。
些細なことが顧客満足度の向上に役立ちますので、ぜひお試しください!

不動産の顧客管理(CRM)
今まで使っていたメールソフトと同じく、メールアカウントを追加することでいえらぶCLOUDを不動産専門のメールソフトとして利用することができる。
素早く・簡単に・物件情報を載せたメールの作成も可能。

関連記事
不動産会社が顧客管理システムを導入すべき3つの理由
追客をシステム化!不動産向けCRM・顧客管理機能導入のポイント
お誕生日メールを活用しよう!
HTMLメールを始めてみよう!
売上改善の最短ルート!業務分析をしてみよう

無料ノウハウ資料をプレゼント

売買集客でお悩みの方向けに、費用対効果を上げる秘訣を公開中!
「多くの広告費をかけているのに、反響に繋がらない。」
「数ある集客法で一番効果があるものを知りたい。」
そういった方のために、反響に直結する集客方法の資料をプレゼントしています。
ぜひご活用ください。
下のリンクからダウンロードできます。

費用対効果を向上する! 集客の3ステップ

記事一覧へ

Related articles関連記事