追客をシステム化!不動産向けCRM・顧客管理機能導入のポイント

繁忙期、一気に増える顧客対応。
対応しきれず、気づいたらメールが溜まっている。
そんなことあるのではないでしょうか。

そこで活躍するのがCRM・顧客管理機能です。
今回は不動産会社に向けたCRMの内容と、導入時の判断ポイントをご紹介します。

そもそもCRMって?

顧客管理を専門としたシステム

CRMとは「Customer Relationship Management」の略です。
日本語にすると「顧客関係管理」または「顧客管理」などと訳されます。
顧客の情報を一元管理し、囲い込むために便利な営業支援システムというイメージです。
メールの送受信や、傾向分析など、顧客に関する幅広い作業を効率化します。
有名なものではセールスフォースが世界規模で利用されています。

増える不動産向けCRM

不動産業界ではまだあまり馴染みのないCRM。
難しいのではないかと、不安になった方もご安心ください。
不動産向けに特化したCRMサービスも近年増えてきています。

不動産向けCRMは何ができる?

不動産向けCRMでは、以下のような機能が利用可能です。
お問合わせから成約までに必要な業務を効率化、営業支援する機能です。

反響の一元管理

ポータルサイトやホームページなど、様々な媒体から来る反響。
いちいちメールで確認するのも一苦労です。
不動産CRMなら、反響をシステム内にまとめて一元管理が可能です。

自動返信

ポータルサイトやホームページから来た反響に対して、自動で返信メールをお送りします。
初回対応のスピードは重要ですが、外出時や夜間は遅れることも。
そんなときにサポートしてくれる機能です。

※初回対応による来店率の変化はこちらもご覧ください。
【資料DL】返信率UP!『差出人名・件名・本文』の書き方|いえらぶCLOUD
https://ielove-cloud.jp/downloads/mail-howto/

マッチングメール

物件管理とセットになったシステムでは、メール内に物件情報の記載も可能です。
顧客の希望条件を設定しておけば、それにあった新着物件を自動でメール送信することもできます。

データ分析

各媒体からの反響数やその後の成約数、業務フローに合わせた確度の推移など、営業力の強化・見直しに必要なデータを簡単に表示可能です。

CRM導入時の判断ポイントは?

では実際に導入する際は、何を基準に選ぶべきでしょうか。
機能はもちろんですが、以下の3点も重要なポイントになります。

課金形態

課金の形態にも様々なものがあります。
登録できる顧客数によって料金プランが決まるもの、利用スタッフ数によるもの、店舗数によるものなど、様々です。
基本料金だけで判断すると、思わぬ料金が発生することも。
利用方法に合わせたものをお選びください。

メールアドレス

自社で今使っているメールアドレスをそのまま利用できるかも重要なポイントです。
当たり前と思われるかもしれませんが、CRM用のメールアドレスを別で用意しなければいけないケースもあります。
変わったからと言って大きな問題になるものではありませんが、使い慣れた自社の名前の入ったメールアドレスを使えるに越したことはありません。
基準の一つとして検討してもいいのではないでしょうか。

データの保持期限

システムである以上、データの保管にはコストが掛かります。
そのため顧客データ量による課金が行われたり、「最終更新から1年は保持」のように制限が設けられるケースがあります。
せっかくの顧客情報を有効活用できるよう、できるだけ継続して利用できるものを選びましょう。

差をつけるCRMの使い方

売上の伸びる会社がやっている方法とは?

売上を順調に伸ばす会社と、なかなか思い通りにいかない会社。
その違いの一つは、顧客のストックです。
うまい会社は成約になった顧客もそれで終わりにはしません。
成約済みの顧客にも、誕生日や更新のタイミングでメルマガやクーポンを送ることで、次回の引っ越しでも利用して頂ける可能性が一気に高まります。

まとめ

繁忙期に限らず、顧客対応は不動産会社の生命線。
便利なシステムを使って一歩上の営業を実現しましょう。

不動産の顧客管理(CRM)
顧客個人情報からスタッフとのやり取り・クレーム履歴など顧客の情報をしっかり把握することで、効率よく丁寧な追客・顧客対応を行うことが出来る

関連記事
不動産会社が顧客管理システムを導入すべき3つの理由
メールの開封率を上げる!初回対応の2つのポイント
お誕生日メールを活用しよう!
HTMLメールを始めてみよう!
売上改善の最短ルート!業務分析をしてみよう

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事