不動産業界で働くメリットとデメリット

不動産業界で働くメリットとデメリットは何でしょうか。

今回はそれぞれ挙げた上で、不動産業界が求める人材をまとめてみました。

不動産業界で働くメリット

まずは不動産業界で働くメリットから見ていきましょう。

実力主義で働けるのが不動産業界のメリット

不動産業界で働くメリットとして、前職までのキャリアに影響されない傾向があることです。
これまで定職に就かなかった人も、ベテラン社員と同じような地点からキャリアをスタートし、実力次第で出世していけますし、若くして高給取りになることも夢ではありません。
不動産業界は転職者が多いため経験不問とする会社が多く、このような風潮が生まれています。
そのため資格や学歴など、他の業界では重要視されがちな肩書きも不動産業界では関係なく扱ってもらえるのです。

不動産業界の仕事のやりがいもメリット

不動産業界の仕事はお客さんから感謝される機会に恵まれています。
良い家にめぐり合えるということは人間にとって大きな幸福です。
自分の人生は家で左右されるといっても過言ではありません。
そんな瞬間に立ち会うことがやりがいになるだけでなく、丁寧に仕事をしてお客さんから信頼を得ることで自然と数字にも反映されていきます。
人のためになりたい仕事を望んでいるのであれば、お客さんの人生に深く関わっていく不動産業界はぴったりの職種だといえるでしょう。

不動産業界で働くデメリット

では反対に、不動産業界で働くデメリットも見ていきます。

波の激しさが不動産業界で働くデメリット

逆に不動産業界のデメリットを挙げるとすれば、業界全体に波が存在することです。
日本では改善傾向が見られるとはいえ長い不景気が続いています。
不景気ではどの企業も家庭も大きな出費を抑えたがるので、土地や物件を購入する機会が少なくなっていきます。
その結果、不動産業界でのお金の回りが悪くなってしまうのです。
しかし、この傾向は不動産業界の致命傷というわけではなく、家が売れない代わりに賃貸にする人は増えるので、収入源自体は失われていないとも言えます。

繁忙期が過酷であることもデメリットに

また、繁忙期の過酷さもデメリットに挙げられます。
不動産業界の繁忙期は新生活を前に学生や新社会人が引越しを行ったり、4月の決算を前にして企業がお金を使おうと不動産にお金を使う2月から3月です。
案件の数が増え体力的にも精神的にも過酷な時期ですが、成果を残すチャンスの時期とも言えます。

不動産業界が求める人材

以上のメリットやとデメリットを認識した上で、どのような心構えで仕事をするべきなのか、そしてどのような人材が求められているのでしょうか。

お客さん目線で考えられる人が不動産業界に求められる

不動産業界で成功する人材は、お客さん目線で物事を考えられなければなりません。
自分にとって都合の良い提案をするだけの営業マンでは、お客さんから信頼得られず、固定客が離れていくのでやがて頭打ちになってしまいます。
不動産業は人や企業の将来に関わる仕事なので営業マンへの審美眼は厳しく、一度失った信頼は他の業界以上に取り戻しにくいと覚悟しましょう。
逆にお客さんのメリットを優先しつつ、より良い提案をできるようなタイプの人にとってはうってつけの仕事になるはずです。

不動産業界で働くなら"やる気"も大事

不動産業界でさらに求められるのは、とにかくやる気があることです。
楽に仕事をこなしてのんびりと生きたるのも立派なライフスタイルですが、不動産業界ではより向上心の強い人が成功を収められます。
日々成長を遂げながら、目標に向かって一心不乱に働ける人が不動産業界に向いている人材です。
正当な頑張りは正当に評価される仕事、それが不動産業界なのです。

不動産業界で働くことや自分の実力を試したいと思った方…
弊社の転職サイト『いえらぶキャリア』で求人情報を紹介していますのでぜひご覧ください!
いえらぶキャリア:https://www.ielove.co.jp/career/

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事