リーシング

不動産の賃貸仲介業務の繁忙期はいつ?業務内容や業務支援システムについて解説

不動産業の賃貸仲介業務は、繁忙期と閑散期の業務量が大きく違います。

業務の集中する繁忙期の仕事のやりくりや、仲介業務支援システムの導入が、年間を通した売り上げに大きな影響を持ちますね。

そこで今回は、不動産の賃貸仲介業務の繁忙期はいつなのか、業務内容や業務支援システムにについて解説します。

繁忙期対策で業務支援システムの導入をお考えの方は、ぜひ最後までお読みください。


電話対応しかしてない

不動産の賃貸仲介業務の繁忙期はいつ?

不動産の賃貸仲介業務の繁忙期はいつ?

まず、賃貸仲介業務の繁忙期のサイクルについておさらいしましょう。。

繁忙期はいつ?

賃貸仲介業務の繁忙期は一般的に毎年1月から3月と言われていますが、年によっていくぶん早まったり、4月に入ってもお客様の動きが続く場合があります。

近年では、コロナ禍で4月になっても契約した物件の入居が進まないまま多数解約となったのは、記憶に新しいところです。

また、管理している物件のサイクルなどから、年によって空室数にばらつきがあり、多数埋める必要のある年と、動きの少ない年があります。

このようにイレギュラーな要素はあるものの、やはり1月から3月の間の業務量と売り上げは、ほかの月のそれに比べて格段に多いのが一般的です。

繁忙期となる理由は?

1月から3月が繁忙期となる理由は、進学、就職、転勤などが一年でもっとも多い4月に向けて、住まいの転居が活発になるためです。

進学に関しては推薦入学や、合格発表の早い学校の入学が決まった方は、年明け早々にお部屋探しを開始されることから、年明け、成人の日以降くらいから動きが活発化します。

繁忙期は転入需要だけではなく、転出の対応も活発化します。

卒業や就職、転勤などで退去されるお客様の退室、解約関連の業務があり、原状回復のための動きや手配も必要です。

退去となったお部屋は、集客も必要となります。

退去と集客、入居に関する業務が交錯するのが、繁忙期の業務量が多くなる理由です。

入居率をアップする9つの方法!不動産管理会社が知るべきテクニック!

閑散期はいつ?

逆に閑散期は、繁忙期以外の4月以降、12月までということになりますが、閑散期のなかでも、賃貸物件に動きが出やすい時期があります。

企業の人事異動で転勤が発生しやすい9月~10月にかけては、やや住まいの移動の動きが出るため、入居と退去の動きがあります。

「新年を新居で迎えたい」という心理から、12月末に向けて入居の需要が多めに発生することもあります。

また、ファミリー物件は家族それぞれの事情によって、単身者用の物件に比べて、比較的時期を問わず入居や退去の需要が出る傾向にあります。

閑散期には、管理業務をおこなっている場合は入居者管理や物件のメンテナンスに注力されることも多いです。

入居率のアップのためにできることは?閑散期の空室対策について解説


電話対応しかしてない

不動産の賃貸仲介の繁忙期の業務とは?

不動産の賃貸仲介の繁忙期の業務とは?

では、繁忙期に回している業務はどのようなものか、あらためて見てみましょう。

集客業務 

管理業主体の会社では12月から1月にかけて、翌春の退去状況に関して前入居者への確認作業の末、客付けをおこなう必要のある物件数の概算が可能になります。

繁忙期は、それ以外の時期に比べて流通する物件の数も多いため、仲介物件の物件確認も小まめにおこないながら、客付けを進める必要があります。

また、繁忙期は短期間で物件を決められるお客様が多いため、精度の高い充実した追客がおこなえると、成約数アップにつながります。

接客業務

春に向けた繁忙期は、地方から都市部への遠距離の転居が多く、内見や契約に不住の多いお客様をいかにうまくサポートできるかで、顧客満足度が左右されます。

接客にリモートやVRコンテンツなどをうまく利用することで、自社の業務効率は飛躍的に高まり、人手不足への対応にもつながります。

また、ほぼ成約状態に近いお客様からのお問い合わせは、いかに効率的に即返信ができるかによって、成約の精度が左右されます。

メールの開封率が最近大きく下がりつつあるため、可能であればLINEでの連絡手段確保が理想です。

契約や事務手続き

繁忙期は来店受付、賃貸借契約、重要事項説明などの書類や事務手続きも、通常よりはるかに多い件数を処理します。

これらの手続きを紙の文書やハンコ、郵送ではなくオンラインやメール、電子契約でできれば、大幅な業務の効率化と発送費や印紙代のコストカットが可能です。

また、遠方のお客様からは、移動の回数が減ると喜んでいただけます。

このほか繁忙期はスムースな入居のために、退去の手続きも合理的におこなう必要があります。


不動産契約の電子契約の背景は?メリットやいえらぶサインの機能について解説
電話対応しかしてない

不動産の賃貸仲介の繁忙期に、業務支援システムを利用を!

不動産の賃貸仲介の繁忙期に、業務支援システムを利用を!

いえらぶCLOUDの仲介業務支援システムを繁忙期にフル活用いただけると、そのメリットがより明確に感じて頂けるでしょう。

集客の合理化と充実化のメリット

いえらぶCLOUDをご利用いただくことで、繁忙期のリーシングの合理化と充実化がはかれ、空室をすばやく埋める体制づくりが可能になります。

集客に特化し、検索エンジン対策もおこなった自社ホームページのリニューアルと、ブログの執筆代行をサポートし、お問い合わせ数エリアナンバーワンを目指します。

ホームページの検索エンジン対策は、アクセス数が20倍に達したケースもあります。

いえらぶCLOUDをご利用の10,000社以上の業者間流通ネットワーク、いえらぶBBによって、すばやい空室情報公開、物件確認対応、物出し機能を提供いたします。

Webからの多い合わせ受付は即時に取り込み可能で、物件のマッチングや、メールのスケジューリングなど、充実した追客をおこなえます。

業務効率を上げるメリット

いえらぶCLOUDは仲介業務の効率を上げて、繁忙期の仕事量に対応するサポートをおこないます。

1件につき最大30分はかかってしまうと言われる物件入力も、さまざまな入力サポートによって5分程度の入力時間を実現します。

各種ポータルサイトの物件情報の更新作業も、ワンクリックのみで完了し、手作業での書き換えが不要となります。

広告表現のコンプライアンスチェックも自動的におこない、問題個所を直すだけで、目視確認の作業とは速度に大きな差があります。

そのほかにも、追客や仲介業者さまに対して簡単に物件紹介が可能ならくらく物件紹介や、簡単に使えるチラシの自由編集など、残業を減らす業務効率化機能が多数あります。

顧客サービス度アップのメリット

いえらぶCLOUDの仲介業務支援システムは顧客サービス度アップで、他社に差をつける機能も提供いたします。

前述のような繁忙期の遠方のお客様のオンライン接客対応は、非常に喜んでいただける機能です。

SNSなどでのお問い合わせ、Webを利用した顧客受付、オンライン内見やVR内見、電子契約などの諸手続きの非接触化によって、訪店はカギ渡しからということも可能です。

繁忙期のお問い合わせは、レスポンスの早さがもっとも重要ですが、担当者の不在中でも、スタッフの誰もが顧客履歴を共有し、マッチングによる物件紹介が可能です。

※実際に導入いただいた方の生の声は、こちらもご参照ください。

>>いえらぶCLOUD 賃貸仲介 導入事例

※無料資料ダウンロードやお問い合わせはこちらから!

>>仲介業務を楽にするだけじゃない 売上を伸ばすならいえらぶCLOUD

いえらぶCLOUDは賃貸借、売買のすべての不動産業務支援機能を網羅し、さらに進化し続けるオールインワンパッケージです。

リーシング機能の改善、Webからの反響を根本的に変える仕組みの構築を通じて、成約数アップに貢献します。

導入後もサポート&コンサルの役割を担う専門スタッフが、1社1社のご利用状況や、不動産業界の動向に合わせてサポートをおこないます。

>>いえらぶCLOUD 機能・サービス一覧

電話対応しかしてない

まとめ

不動産の賃貸仲介業務の繁忙期はいつなのか、業務内容や業務支援システムについて解説しました。

不動産の管理業務の強力な業務支援パートナーとして、ぜひいえらぶCLOUDの導入をご検討ください。


無料で使えて即埋まる_ゴマキ

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事