物件確認はどこまで楽にできるのか?まずはFAX送信の簡略化

世の中ITが叫ばれていますが、不動産会社同士のやり取りはまだまだ電話やFAXが主流ですよね。 元付会社の場合、多いのが客付会社から、「図面FAXお願いします。」という連絡かと思います。
逆に客付会社の担当者としては、このような物件確認をFAXや電話で日々行わないといけませんよね?
そこで今回は、物件確認時の日常業務であるFAX送信作業を劇的に改善できるFAX送信サービスをご紹介します。

物件確認に手間ひまかかっていませんか?

FAXによる物件確認はまだまだ主流

物件情報をデータベース化して管理しても、空室や新規公開、条件変更などの確認は、担当者がFAXや電話を使って行わなければならりません。
その確認ややり取りに多くの時間や人手がかかります。

もしこの物件確認にかかる手間を減らせるとしたらどんなにすばらしいでしょう?
例えば月間で200~300社に対してFAXを送っている場合、日数にして3日~5日かかることもまれではありません。
物件確認を効率化して、その時間を削減する仕組みがFAX送信サービスです。

FAX送信システムの利用で効率化が可能!

従来物件確認のためにFAXを送る際には、確認したい業者様ごとに確認用の書類を作成し、印刷して、一件一件FAXを送る必要がありました。
しかしFAX送信サービスを使えば、物件確認用の原稿やリストをパソコンで作成し、ワンクリックで元付け会社のFAX宛てに送信することができます。
もちろん元付会社のリストアップも、物件リストの作成もサービス上で行えるため、手間とコストを大幅に削減することができます。

項目編集やPDFファイル送信機能も

従来のFAX送信機能では、書類にはシステム会社により決められた項目しか表示することができず、地域や不動産会社による必要情報の違いに対応することができませんでした。
しかしサービスによっては、例えば関西で必要とされる鍵情報や広告費の表現の違いも表示可能です。

このように表示する項目の変更及び追加から物件の並び順・文字サイズの変更、客付会社へのコメント挿入までが可能となり、地域や会社毎の違いに柔軟に対応可能なサービスも出てきています。

元付会社もFAX業務の削減ができる

元付会社もFAXを活用する場面が多くあると思います。
例えば客付依頼の際にFAXで物件情報を客付会社に置くっていませんか?
その際にPDFファイルを印刷せずにそのままFAX送信できたら、FAX番号を打ち込む手間もなく、効率化できると思いませんか?
また申込書等の書類も同時に送ることが可能で、さらに時間短縮に繋がります。

FAX送信送信は誰でもできる簡単な業務です。
だからこそ、効率化できる部分は効率化して、より収益につながる接客に力を入れていきたいですね。

「会社間流通」
元付会社同士で物件の空室情報をクラウド上で共有できる機能

関連記事
【まだFAXで消耗してるの?】不動産専用インターネットFAX

なお、いえらぶCLOUDでもFAX送信機能を用意しており、チラシ・空室リストの送信をしたり、物件確認作業を大幅に効率化することができます。

気になる方はこちらからお問い合わせください。
https://ielove-cloud.jp/contact/

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事