物件コメント・備考はこれが効く!

ユーザーがWEBでお部屋探しを行う際、注意してみている点は複数あります。
物件写真は特によく言われている部分ですね。

では写真で気に入った物件があった際に、次に注目するのはどこでしょうか。 答えは物件のコメント・備考欄です。 たしかに自社ホームページやポータルサイトには必ずある項目ですね。 特にポータルサイトは物件全体のコメントの他に、スタッフコメントや複数にわたる備考などコメントを入れることができる項目が多くあります。

コメント・備考は同じ物件情報を掲載している不動産会社にとって、他社との差を付けることができる重要なものです。 そんなコメント・備考をあなたはどのように記載していますか? 今回はお客様がお部屋探しで重視している物件のコメント・備考のポイントについてご紹介します。

物件コメントは何文字を目安にすればいいの?

文字数が多ければよいというものではない

物件ごとに記載しなければならない物件コメント、何文字書けばいいのだろうと思ったことはありませんか?
本来大切なのは文字数ではなく、内容です。
どんなに文字数が多くても、そこに中身がなければユーザーに物件の良さを伝えることはできません。

しかしながら、目安がほしくなる気持ちもよくわかります。
下記グラフはコメントの文字数だけを見て、反響の多い会社が何文字以上書いているのかを表したものです。

コメントは200字以上が基準になる

赤いグラフで表されている反響率の高い会社を見てみると、「コメントや備考は文字量が多いほど良い」ということがわかりますね。
また200文字書いても反響には大きく影響しないということがわかります この「200字」が一つの基準になるようです。

コメント・備考にはなにを書けばいいの?

では次にコメント・備考の中身について考えてみましょう。

基本はおすすめ情報をコメントに入れよう

基本的にコメント・備考にはその物件のおすすめ情報を記載しましょう。
特徴的な設備や人気の条件などが書かれていることが多いですね。

独自性の高いコメントにする工夫をしましょう

また会社によっては、良くないポイントを入れることもあるようです。
例えば下記のようなコメントです。
「北向きのため日当たりはよくありませんが、大きなベランダが魅力です。」

さらに自社の独自性を出したいのであれば、実際にその物件を見たり、入ったりしたときの印象などを書くのはいかがでしょうか。
各会社が推奨したい設備や条件は物件写真や、条件で見ることができます。
しかしながら良くない点や実際の印象は、本当に物件を見に行っている方だからこそ伝えることができる内容です。

本気度の高いユーザーはより多くの情報を集めたいと考えています。
その中で貴社独自の情報を提供することができれば、反響率も上がってくるのではないでしょうか。

ターゲットを絞ったコメントを書こう

物件ごとにターゲットを絞って、コメントを記載することも有効です。
例えば大学が近いワンルームの物件のコメントに、「〇〇大学生におすすめ」と入れることで、その物件を見たユーザーに自分事として捉えてもらうことができます。

一生の内で引っ越しをする平均回数は4.7回と言われています。
そのため多くのユーザーが引っ越し初心者であると考えて良いでしょう。
そんな中で、引っ越しのプロである不動産会社からの自分に向けたコメントは大きなヒントになります。

ターゲットを絞ったコメントを書くことで、「このコメントはあなたに向けたものですよ」と伝えることができます。

禁止表現に注意しよう

独自性を推しだした印象的な物件コメントを書こうと、過剰な表現や禁止表現を使っていませんか?
例えば、「特価!」「地域最安値」などの表現は広告表示規定に反しています。
こちらに反すると、公正取引委員会から注意を受けたり、最悪の場合ポータルサイトへの出稿を制限されることとなります。
一度しっかりと見直して、そのような過剰な表現になっていないか確認しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
物件コメントや備考はWEBで物件探しを行うユーザーにとって、重要な情報源になります。
その中で、いかに独自的で、有益な情報を提供することができるか、WEBで反響を獲得する際のポイントになります。
まずはしっかり文字数を書くことから始めましょう。
数をこなしていくうちに、おすすめしたいポイントが頭に浮かぶようになりますよ。

いえらぶCLOUDの物件入力システムには、物件の設備条件からAIが自動的にコメントを生成するという機能があります。
コメント入力の手間と時間を大幅に削減することができます。
また1億通りを超えるコメントの生成が可能なので、他社と同じになることはありません。
コメント入力にお困りの方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

「物件入力補助」
物件入力から会社間流通まで行える機能

「物件連動(ポータル連動)」
一度の入力で他ポータルサイトへも情報が反映されたり、物件コメントをポータル毎に設定することが可能

無料ノウハウ資料をプレゼント

売買集客でお悩みの方向けに、費用対効果を上げる秘訣を公開中!
「多くの広告費をかけているのに、反響に繋がらない。」
「数ある集客法で一番効果があるものを知りたい。」
そういった方のために、反響に直結する集客方法の資料をプレゼントしています。
ぜひご活用ください。
下のリンクからダウンロードできます。

費用対効果を向上する! 集客の3ステップ

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事