集客

賃貸管理会社のマーケティングとは?問題点や実践すべき方法について解説

賃貸管理会社も以前は、駅近くに店舗を構えてお客様を待つ仕事でした。

ところが近年はお客様のニーズや情報流通が様変わりし、積極的なマーケティングが売り上げに大きく影響するようになりました。

そこで今回は、賃貸管理会社のマーケティングとはどのようなものか、現状の問題点や、実践すべき方法について解説します。

賃貸管理業で成果を上げたい方は、ぜひ最後までお読みください。


今よりもっと反響を増やしたい

賃貸管理業の変化と、現状抱える問題とは?

賃貸管理業の変化と、現状抱える問題とは?

最初に、賃貸管理業に起きた変化や、それにともなう問題についておさらいをします。

賃貸管理業の変化とは?

まず人口の減少によって、賃貸物件の借り手市場化が進み、都市部の空室率が14%を上回って、今後も上がり続けると予想されます。

また、インターネットを通じて豊富な物件情報や地域情報を得られるようになった今、お客様は住まい候補を8割がた決め込んでから不動産会社にアクセスします。

そしてほとんどのケースで、アクセスする不動産会社は1社か2社です。

管理委託に目を向けると、物件オーナーの高齢化や物件の老朽化に伴い、管理委託の流動化が進んでおり、今後の状況が注目されます。

また、賃貸業に準ずるサブリースや民泊などの新しいビジネスの普及が進んでいます。

このような状況を踏まえて、以下のような問題が増えてきています。

集客の際の問題点

お客様は不動産会社に対して、住まいや賃貸に関するノウハウは求めても、良い物件を紹介してほしいという相談をしなくなりました。

インターネット上でみずから選んだ物件を、どこの会社に相談をするか検討をする際に、マーケティングをおこなっている会社が選ばれるようになったのです。

このマーケティングの際に発信すべき要素は、自社の強み、どのような物件が得意か、知識やノウハウ、信頼性があるかどうかなどです。

このほかにも、親切に対応してもらえそうかなどの要素まで、インターネットメディアを通じてチェックをされています。

つまり、これらのことがらの発信について無策であった場合、集客は難しいという状況になっているのです。

管理物件獲得の問題点

空室が増えてきたことで、物件オーナーは賃貸管理会社に対して、以前にもまして要求が大きくなってきています。

物件をうまく差別化して、空室を埋めてもらうことと、良いお客様に長く住んでもらえるような体制づくりが求められるようになりました。

また、賃貸物件の相続や売却が増えたことで、賃貸業のノウハウの少ない、新しい物件オーナーが増えつつあります。

これらのニーズには、従来の管理受託や管理業務の方法では対処しきれないという問題が起こっています。

不動産の賃貸管理システムとは?機能やリーシングとの連動について解説


今よりもっと反響を増やしたい

賃貸管理会社が実践すべき、デジタルマーケティング

賃貸管理会社が実践すべき、デジタルマーケティング

これらの状況を踏まえて、賃貸管理会社が実践すべきデジタルマーケティングの方法を見ていきます。

自社の強みと物件情報の発信 

ネットメディアなどデジタルの世界で情報を得ることが普通になっている世代のお客様には、情報がない場合、自社の存在を認識してもらえません。

そこでまず基本となるのは、自社ホームページとポータルサイトです。

ポータルサイトが受け持つのは物件情報の発信ですが、自社ホームページが発信するのは自社情報と物件情報の両方です。

前述のような自社の強みをいかんなく伝え、自社を選んでもらうようなマーケティングをおこないましょう。

また、物件オーナー向けには、自社のリーシングや管理業務の強み、初心者オーナーにも親切である旨などを発信しましょう。

業務支店システムなど不動産テックの導入によって、客付けを迅速に広範囲に発信できる点や、合理的できめ細やかな管理業務をおこなっている旨、アピールをします。

まずは、地域で一番インターネットで集客しているような会社のホームページをよく見てみると、いろいろと気づく点があるかと思います。

不動産テックをわかりやすく知りたい!メリットや活用事例について解説

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、ユーザーが知りたいと思うような情報を発信し、自社への信頼性やアクセスにつなげていく方法です。

コンテンツマーケティングの主役は、ブログであることが多いです。

ブログは物件、エリア情報、賃貸のノウハウ、スタッフ日記など、さまざまなコンテンツをカテゴリー分けして見てもらえ、お客様へのアピール度が高くなります。

ブログを利用したコンテンツマーケティングには、「検索エンジンに効く」というメリットもあります。

SEO=検索エンジンへの対策は「成増 賃貸」などの検索に対して、ライバル会社と比べて何番目に表示されるかという大事な点に効果を発揮します。

この表示順位が低いと、お客様の検討対象に入ることができません。

ブログの記事は、ホームページのページ数を増やし、絶えず更新されるうえ、お客様に役立つコンテンツを選んで配信します。

この3つの効果が、googleなどが求める上位表示の基準にすべてかなうことになります。

SNSの活用

この10年ほどで急速に利用の進んだ各種SNSも、デジタルマーケティングの格好のメディアです。

中高年の投資志向のユーザー向けにはfacebook、会社のブランディングのための面白発信や短い告知などにはtwitterを利用します。

また、instagramで短時間で面白い物件紹介を発信して、バズった(急速に人気を得た)仲介営業スタッフの例もあります。

そして、オンライン内見に準ずるようなじっくり型の物件紹介やコンテンツマーケティングの発信は、YouTubeの出番です。

これらのSNSの各種メディアは、直接ユーザーの反応を得やすかったり、バズったりする場合があるなどの点もメリットです。


今よりもっと反響を増やしたい

賃貸管理会社が実践すべき、アナログマーケティング

賃貸管理会社が実践すべき、アナログマーケティング

実は従来のアナログマーケティングも、独自のメリットを有しているものがあります。

ポスティングや折り込み広告

ポスティングや折り込み広告は、対象エリアを選別できるというメリットが大きいです。

ポスティングは、投函対象を選別しながらおこなえるので、さらにきめ細やかなマーケティングが可能です。

近隣に新たに賃貸物件を預かったり、既存の物件に設備更新やペット可などの条件の変更があった際におこなってみるのが良いでしょう。

イベントやセミナー

イベントやセミナーは、コンテンツマーケティングの対面版と考えることができます。

細やかなノウハウの説明をおこなったり、自社の特色を丁寧にアピールしたりするのに向いている手法です。

セミナーはSNSなどで集客し、実際に会場を準備しておこなうほか、zoomなどのオンライン会議アプリで配信しても良いです。

マーケティングで大事なことは、ユーザーとメールやLINEなどでつながるようにする点と、必ず効果測定をおこなって、手法の改善をはかることです。

賃貸管理のマーケティングにはいえらぶCLOUD!

オーナー様にアピールできるような充実した管理業務構築に、いえらぶCLOUDの賃貸管理機能をおすすめします。

物件、オーナー、入居者の方、修繕履歴、業者データなどを一元管理し、業務の効率化とミスの防止を実現します。

管理システムの履歴や機能をとおして、日頃から入居者、オーナー、関連業者とのコミュニ―ケーションがおこなえると、管理業務の負担を楽にすることもできます。

※下記リンクで詳細確認および無料相談・資料請求をどうぞ!

>>オールインワン管理システム

いえらぶCLOUDは賃貸管理機能だけではなく、充実したリーシングによる売り上げアップを実現するオールインワンパッケージです。

ポータルサイトのフル活用、自社ホームページやブログの構築から運用など、Webと不動産の双方に通じたスタッフが、エリアナンバー1を目指すお手伝いをします。

1社1社のご利用状況や、不動産業界の動向に合わせてサポートをおこないます。

>>いえらぶCLOUD 機能・サービス一覧

今よりもっと反響を増やしたい

まとめ

賃貸管理会社のマーケティングとはどのようなものか、現状の問題点や、実践すべき方法について解説しました。

不動産の管理業務の強力な業務支援パートナーとして、ぜひいえらぶCLOUDの導入をご検討ください。


ゴマキ補助金_450万

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事