集客

入居率のアップのためにできることは?閑散期の空室対策について解説

繁忙期が過ぎて、この時期の空室を埋める施策は、管理会社やオーナーにとって、悩みの種です。

しかし、季節ごとそれぞれに引っ越しを考えるお客様もいらっしゃいます。

そこで今回は、この時期の入居率のアップのためにできることは何か、閑散期の空室対策について解説します。

不動産の開業をお考えの方は、ぜひ最後までお読みください。

閑散期の入居率アップでできることは?

閑散期の入居率アップでできることは?

まず季節ごとの悩みとして、閑散期にできる入居率アップについてご案内します。

閑散期の入居率アップにできること

進学や人事異動の季節が落ち着き、次の繁忙期までの5月から8月までは、賃貸借の需要が低調になり、空き部屋を埋めるのが難しくなる時期です。

この時期残っている物件には、以下のような要因が考えられます。

立地など、元々競争力があまり強くない

前入居者の退去時期の関係で、募集をかけるのが遅くなった

築年数が経っていて、設備の更新も進んでいない

季節ごとの対策で言えば、この時期に対策して効果があるのは、築年数と設備の更新の問題です。

この時期に引っ越しを希望されるお客様は、引っ越しの動機が仕事や学校の都合ではないため、立地などよりも賃料や費用のお得感や設備の良さにこだわります。

ちょっとした設備の更新が大きなイメージアップにつながります。

たとえば、集合住宅用のフリーwi-fiは最近工事費もかなり下がり、オーナーの収益を増やすこともできるので、導入することで良いアピールとなります。

また、数万円の出費で古いデザインのクッションフロアや壁紙、トイレの床などを張り換えるだけで、一気にイメージアップにつながります。

その他、水回りやエアコンのメンテナンスや交換をすることも、出費にはなりますが、反響アップの効果があります。

また、入居費用についても、フリーレントの導入や、敷金、礼金の値下げ、賃料を少し見直すなどの対策ができます。

周辺の類似物件の相場を確認のうえ、物件オーナーと相談されてはいかがでしょうか。

退去の防止につながること

この時期引っ越しを考える対象という点では、前項の対策はそのまま退去の防止にもつながります。

入居率アップは、退去の数を減らすのも対策の一環ですので、入居中の方のお部屋の内装や設備の更新が、住み続ける動機につながれば理想的です。

資産価値を維持するためのメンテナンスも兼ねて、検討をおこないましょう。

時節に合った小改修をする

自宅でテレワークやリモート会議をおこなうことが増え、公私を分けたいというお客様の希望が増えています。

間取りを変更するなどの大規模改修でなくとも、簡易的な壁やパーテーション、アコーディオンカーテンなどで十分対応が可能です。

かんたんな壁の設置だけで成約につながっている例もあります。

また、最近は不人気となっている、玄関を開けるとダイニングキッチンの間取りでも、アコーディオンカーテンで仕切るなどの方法で入居率がアップした例もあります。

外観や共有部分でできる入居率アップ施策

外観や共有部分でできる入居率アップ施策

居室だけではなく、外装や共有部分でおこなえる入居率アップ対策があります。

外観でできる入居率アップ

外壁の汚れや傷み、素材感の古さを、塗装などで対策することもできます。

また、外階段や外廊下を洗浄などのクリーニングをするだけでも、建物の印象が大きく変わる場合もあります。

防犯対策を強化することで物件価値を上げる方法もあり、モニター付きインターフォン、ピッキングしにくいカギへの交換、防犯カメラの設置などは、比較的低コストで可能です。

共有部分でできる入居率アップ

低コストで内見時の印象を大きく変える手段として、共有部分の照明交換があります。

もともと、国土交通省と警視庁が共同で「防犯に配慮した共同住宅にかかる建設指針」を策定し、以下のように共用部分別の照度の基準を設けています。

50ルクス以上共用玄関ホール、共用メールコーナー、共用玄関のエレベーターホール、エレベーターの中

20ルクス以上:共用玄関以外の出入り口、共用玄関以外のエレベーターホール、廊下、階段

3ルクス以上:駐輪場、駐車場

しかしこれは最低の基準なので、より明るく、ついでに今までよりも電力も低いタイプの電球に交換してしまいましょう。

明るく清潔で安全という印象が高まります。

また、今の時期は植物の成長が早いため、雑草の処理や庭木の剪定などをおこない、明るく風通しの良い印象を保つようにしましょう。

このほか、世帯数の多い物件でロビーや集会スペースがある場合、フリーwi-fi月のコワーキングスペースとして利用できるようにすれば、募集時の良いツールとなるでしょう。

写真の変更

このような改修をおこなったら、すべて写真を撮り直し、物件募集の情報を差し替え、コメントも入れなおしましょう。

せっかく経費をかけて改修をおこなったので、広告宣伝にもぜひ活かしたいものです。

スマートフォンで見る小さな写真が、以外に物件の印象を左右することが多いです。

リーシングの工夫でできる入居率アップは?

リーシングの工夫でできる入居率アップは?

最後に、募集の集客の工夫でできる入居率アップの方法についてご紹介します。

業者間流通で空室対策

閑散期でも、お付き合いのある仲介会社としっかり迅速にコミュニケーションが取れれば、集客力が上がり反響につながりますね。

空室情報、物件確認、内見スケジュールなど、効率良く情報共有をおこない、物件情報がなるべくたくさんの方の目に触れるよう、広告活動をおこないましょう。

業務支援システムをフル活用すれば、契約をWebで完結することも可能で、自社も含めた業務効率アップとなります。

自社ホームページで空室対策

この時期のお客様は引っ越しを急いでいない場合が多く、じっくりと物件選びをされる傾向があります。

自社ホームページやブログの情報を充実させ、物件のアピールを厚めにおこないましょう。

物件に関して基本的な情報のご紹介以外に、コメントを通じて以下のような、住まいの具体的なイメージ喚起をします。

「1階で下への騒音の気遣いがなく、公園も近く子育て向け」

「テレワークやオンライン会議向け」

また、ブログを通じて周辺エリアの良さや、賃貸物件選びのノウハウなどを発信すると、自社への反響につながります。

いえらぶCLOUDで入居率アップ!

不動産業務に特化した業務支援システムいえらぶCLOUDは、入居率アップのためのさまざまな機能を実装しています。

集客から追客、業者間の物件情報流通など、入居率アップと業務効率化のための工夫は、導入実績12,000社以上の支持を頂いています。

業者間サイトは、客付依頼のために無料で作れる会員制のサイトです。

お付き合いのある仲介会社にリアルタイムで情報共有をおこないながら、仲介会社ごとのアクセス数なども分析することができます。

>>無料で作れる空室確認ホームページ 業者間サイト

集客の核となる自社ホームページやブログの構築もおこなっており、不動産とIT双方のノウハウを投入し、集客に特化した記事執筆代行までサポートいたします。

>>反響獲得にこだわった不動産ホームページ制作

導入後もサポート&コンサルの役割を担う専門スタッフが、1社1社のご利用状況や、不動産業界の動向に合わせてサポートをおこないます。

※下記リンクよりいえらぶCLOUDの全機能をご確認いただき、無料資料ダウンロードをどうぞ!

>>いえらぶCLOUD 機能・サービス一覧

まとめ

この時期の入居率のアップのためにできることは何か、閑散期の空室対策について解説しました。

空室対策の強力なパートナーとして、ぜひいえらぶCLOUDの導入をご検討ください。

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。

記事一覧へ

Related articles関連記事