WEB

IT重説に使えるソフト・アプリは?無料でできる方法も紹介

2017年10月からIT重説の運用が始まりました。

試してみたいけど、「システム導入はハードルが高い」そう思う不動産会社もいるのではないでしょうか。

本記事では、そんな時に便利な、IT重説に使える無料アプリ・システムをご紹介します。

物件登録と広告出稿

IT重説とは?

IT重説とは?

IT重説とは、インターネット上のテレビ会議システムなどを利用し、対面以外の方法で賃貸借契約における重要事項説明を行うことを指します。

宅地建物取引業法ではこれまで、宅地建物取引士が賃借人に対して重要事項説明書を対面で説明を行わなければいけませんでした。

しかし、2013年に策定された「IT利活用の裾野拡大のための規制制度改革集中アクションプラン」において、インターネット等を利用した、対面以外の方法による重要事項説明についての検討が決まりました。

その後、2015〜2017年の約1年半に渡る社会実験を経て、2017年10月から正式解禁となりました。

物件登録と広告出稿

IT重説のメリットは?

IT重説のメリットは?

時間や場所の制約がない

これまでの重説では、対面による説明が宅建業法にて定められており、担当者とユーザー間で「時間」や「場所」を決める必要がありました。

しかし、「IT重説」を導入すれば、遠方にお住まいの入居希望者や、忙しくて不動産会社に出向くことが難しい入居希望者との重説も、インターネット環境が整備された場所さえ確保することができれば「時間」や「場所」にとらわれることがありません

場所にとらわれないという事は、不動産業界従事者のリモートワークを実現することに繋がり、柔軟なライフスタイル実現に貢献します。

業務効率化

前述した「時間や場所の制約がない」点は、そのまま業務効率化に繋がります。IT重説は、VR内見や電子契約といった他サービスと連携することで、内見から契約まで現地に行かなくても賃貸借契約を完了できる可能性があります。フランチャイズ店舗であれば、賃貸借契約に際して、多店舗間に跨ったとしても担当取引士の移動が不要になります。

業務効率化により、内見から契約までの期間を短縮できます。「いえらぶCLOUD」は、賃貸借契約に際して、IT重説はもちろん前述したVR内見から電子契約まで全てのサービスを一気通貫で提供しているシステムです。ぜひ導入をご検討ください。

顧客満足度の向上

「不動産会社に足を運ばなくてもいい」ことは、顧客にとっては利便性の向上だけでなく、時間や交通費の節約にもつながります。「IT重説」黎明期である今、導入することで、IT重説が不動産会社にとって一つの武器になりえます。時間や場所に対して、柔軟な対応ができる不動産会社は、当然顧客に選ばれる確率が高くなります

IT重説によって「場所を選ばない」という事は顧客にとっても、自宅などで賃貸借契約を結ぶことができるため、落ち着いた環境で話を聞くことができます。顧客にとっても優しい「IT重説」は、顧客満足度向上に繋がる事間違いないです。顧客満足度の向上は、さらなる集客効果の向上にも繋がります。

物件登録と広告出稿

IT重説の方法・手順

IT重説の方法・手順

具体的にIT重説はどのように運用するのでしょうか。

前提として、対面重説との大きな違いは会議システムやアプリを通しているかどうかだけです。

①IT環境の確認・アプリケーションのダウンロード

ユーザーがマイク機能・カメラ機能・スピーカー機能を満たす機器を持っているかどうかを確認します。IT重説では、双方向でやり取りできるIT環境を整える必要があります。

②事前に接続テスト

接続テストの日時を決めます。顧客のメールアドレスにテスト日時の予約URLをメールで送付します。

接続テストを実施します。(音声・映像が途切れたりしないかなどの確認、宅地建物取引士証など必要書類が鮮明に見えるか確認)

③重要事項説明書・賃貸借契約書・進行表など書類一式をご契約者様へ送付

IT重説実施の前日までに必要な書類を受け取ってもらい、事前に内容をご確認していただきます。

この際、重要事項説明書は2部送付するとよいでしょう。1部は顧客用、1部は返送用です。書類交付は書類での交付が義務付けられている為です。

④IT重説実施

日時が決まったら、事前に予約URLをメール送信します。実施時、顧客には送付した書類一式・身分証明書・認め印と朱肉を用意していただきます。

通信環境が整備された静かな場所で、機器は充電切れにならないよう確認して開始してください。

⑤ご契約者様が書類の返送

ご契約者様には、同封した封筒にて、不動産会社へ契約書一式及び住民票等の必要書類を返送していただきます。

⑥鍵の引き渡し

契約開始日またはその前日までに鍵をお渡しします。

物件登録と広告出稿

ソフト・アプリは有料・無料どっちがいい?

本格運用なら有料ツールがおすすめ

音質や画質、セキュリティ対策や不動産業務に対する専門性を加味すると、有料ソフト・アプリの導入をおすすめします。

しかし、無料提供ツールでもIT重説を導入することはできます。ツールによっては、録画録音機能が搭載されていなかったりするので、導入前に確認する必要があります。顧客にとっては、無料ツールの方が慣れ親しんでいる場合があるため、無料ツールでIT重説を始めるメリットもあります。

物件登録と広告出稿

IT重説に使える有料ソフト・アプリ

利用料金 録画機能 ファイル共有 不動産専門性 特徴/メリット
いえらぶCLOUD 要問合せ オンライン内見もIT重説も一つのシステムで可能!またCRMとの連携で、充実した顧客対応をサポートします。
Zoom 無料~¥26,900/年 × オンラインミーティングの代名詞。豊富なプランで、規模に合わせてプランを選べる。
V-CUBE ミーティング 初期費用:5,500円/ポート月額:11,000円/ポート(国内拠点のみの場合) 年中無休のサポート体制が心強い。「ASP/SaaS情報開示制度」に認定されており、セキュリティ対策が充実。
ES×Meeting Plaza 初期費用:30,000円月額:10,000円~(1契約で同時に最大5接続可能) 不動産業務に特化しており、顧客にはメールを送るだけでWeb会議に招待可能。
スマート接客 要問合せ 年中無休のサポートと、「シナリオシート」「事前チェックシート」等の各種資料が付属
物件登録と広告出稿

IT重説に使える無料ソフト・アプリ

利用料金 録画機能 ファイル共有 不動産専門性 特徴/メリット
Google Meet 基本無料 × Googleアカウントさえあれば誰でも利用できる。
LINE 基本無料 × × 利用者が多く、手軽に導入できる。
Skype(スカイプ) 基本無料 × 充実したチャット機能が魅力。比較的安定的な通信が可能。
Microsoft Teams 基本無料 × Office365との連携が魅力的。
物件登録と広告出稿

IT重説の注意点

流れを理解しておく

本記事で紹介した「IT重説の方法・手順」をしっかり押さえましょう。不動産会社側が慣れていないと、顧客対応に不信感が出てしまいます。まだまだIT重説は浸透していませんが、スマートに顧客対応するためにも、流れを理解しておきましょう。

必要な機能が使えるか確認

ツールごとに、搭載されている機能は異なります。特に無料ツールを導入する際は、IT重説に必要な機能が備わっているかどうか、事前に入念に確認するようにしましょう。

当日、顧客との間でトラブルが発生するリスクを緩和させるためにも、IT重説前に接続テストをするなどして対策を取りましょう。

IT重説に向いている物件を選ぶ

IT重説には、向いている物件とそうでない物件があります。向いている物件とは、新築の物件などです。新築の物件であれば、耐震性能等が保証されており、実物を見なくても安心して取引することができます。

一方で、築年数が古い物件であれば実物を見てみないと、契約するという判断がなかなかできない場合があります。そうした物件は、実際に内見に出向いてもらい、確認してもらった方が成約に結びつく可能性が高くなる場合もあります

通信トラブルの可能性

前述の通り、対面重説とIT重説の最も大きな違いは「会議システムやアプリを通しているかいないか」です。システムやアプリに通信エラーは付き物です。通信エラーによって、音声や映像に支障が出ることが想定されます。通信エラー時の対処法を用意しておきましょう。

録画録音をしておこう

よくあるトラブルとして、「重説で言った言ってない問題」があります。IT重説では、録画録音による記録が許されています。しかし、顧客や不動産会社の個人情報が記録に含まれる可能性があるため、個人情報を慎重に取り扱う必要があります。

録画録音する際には、国土交通省による「賃貸取引に係るITを活用した重要事項説明実施マニュアル概要」を遵守しましょうまた、記録を管理する際には、個人情報保護法に則り適切な管理をしましょう。

賃貸取引に係るITを活用した重要事項説明実施マニュアル概要

物件登録と広告出稿

まとめ

徐々に広まってきたIT重説ですが、まだまだ黎明期。いきなり高価なシステム・アプリを導入する必要はありません。まずは無料アプリから試してみてはいかがでしょうか。

いえらぶGROUPでは、不動産業界専門のITコンサルタントがご相談を伺います。お気軽にお問い合わせください。

▼無料相談はこちらから
https://ielove-cloud.jp/contact/

ゴマキ補助金_450万

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事