不動産賃貸管理会社の生き残りをかけた時代がくる?

日本全国の空き家数、空き家率ともに年々増加の一途を辿っています。

空き家(空室)が増えることは、賃貸管理会社にとって空室対策が今より困難になることであり、その対応に悩んでいる不動産会社も多いでしょう。

今回は、なぜ不動産賃貸管理会社の生き残りをかけた時代がくると言われているのかとその対応方法をご紹介します。

なぜ賃貸管理会社の生き残りをかけた時代がくるのか?


賃貸管理会社の生き残りをかけた時代がくると言われている理由で、大きなものは人口減と少子高齢化です。

内閣府の推計では、2026年以降に人口が1億2,000万人を下回り2048年頃に1億人以下になると予想されています。

さらに、2050年以降は60歳以上の方が人口の過半数を占めるとの予想もでています。

このような人口減と少子高齢化社会が進んでいる状況ですので、新築賃貸物件も減少を続けると予想されており、既存物件の管理も競争が激しくなるでしょう。

賃貸管理会社の生き残りをかけた競争が激しくなる原因はこれだけではありません。

その一つが、大家さんの世代交代です。

大家さんの世代が変わったことで、インターネットに詳しい大家さんが増えています。

大家さん自身がインターネットを駆使して物件の紹介をしたり、高い効果が見込める空室対策を調べていたりします。

そのような状況で、大家さんが知っている情報しか持っていない賃貸管理会社や集客力の弱い賃貸管理会社に、大切な資産である賃貸物件を任せるでしょうか。

その答えは、「任せない」だと思われます。

大家さんに、信頼していただいて賃貸管理を任せてもらえるために必要なことは、大家さんが何を求めているのかを考えてプロとして動くことです。

では、大家さんが求めていることをご紹介します。

賃貸管理会社の重要ポイント!大家さんの求めていることは?


大家さんが、これからの賃貸管理会社に求めているのは「提案力」と「集客力」です。

<提案力>

大家さんは、周辺エリアの賃貸物件に勝てる空室対策を求めています。

当たり前のことだと思う賃貸管理会社の方も多いかと思いますが、これをできている会社は少ないのが現状です。

市場調査も行わず、今までの経験のみで行う提案では大家さんは納得しません。

なぜ、競合物件に勝てるのかを客観的にデータとして証明することが大事ですので、きちんとした市場調査を行うことがポイントです。

提案力を上げて大家さんに納得していただける方法の一つを以前ご紹介していますので、よろしければご参照ください。

「空室対策に効果的な方法!市場動向と大家さんの提案方法とは?」

<集客力>

賃貸物件の集客力で、大事になるのは自社ホームページやポータルサイトです。

なぜなら、スマホやパソコンで賃貸物件を探しているお客さまが年々増加しているからです。

以前ご紹介した「成約率をあげたい!不動産売買・賃貸反響の大事なポイントとは?」でも触れていますが、店舗への訪問者数、内見数ともに減少しています。

インターネットで、賃貸物件を探してサイト内の写真や間取り図を確認し、気に入った物件だけを内見するのが現在の流れです。

その流れに乗るために、インターネット検索に強いホームページが重要になってきます。

そしてインターネットを利用する大家さんが、所有物件を検索したときに情報がでてくるのかどうかはとても重要なポイントです。

空室があるにも関わらず、大家さんの所有する物件情報がインターネット上に出てこなかったときに大家さんはがっかりするはずです。

大家さんをがっかりさせないためにも、自社ホームページをきちんと運用しましょう。

もちろん、大手ポータルサイトへの掲載も集客力強化に繋がりますが、掲載期間だけの効果に留まります。

まとめ

今回は、賃貸管理会社の生き残りをかけた時代がくる理由と大家さんが求めていることなどをご紹介しました。

仮に、賃貸管理会社の生き残りをかけた時代がきても大家さんに信頼されている会社は強いです。

実際、大家さんから厚い信頼を得て管理戸数を増やしている賃貸管理会社もあります。

まだ遅くはありませんので、さまざまな方法を駆使して信頼される管理会社になりましょう。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

この記事を書いた人大城 直樹

このライターの記事一覧

不動産キャリア18年。宅地開発・用地仕入からキャリアをスタートし、賃貸まで幅広く経験。賃貸物件の新築提案業務ではデザイナーズ物件のデザインやリノベーションに関わり、各メディアでの掲載実績を持つ。不動産会社退職後、これまで培った人脈を活かし他業種へと転職。現在に至る。 得意分野:不動産全般、デザイナーズ・リノベーション提案などの設計・建築分野

記事一覧へ

Related articles関連記事