「不動産テック」とは。あなたは知っていますか?

今話題の「不動産テック」とは?

近年、「○○テック」というワードを耳にすることが多くないですか?

日々進化し続けるテクノロジーを、業務に取り入れようという試みが進んでいます。

「医療×IT(医療テック)」、「教育×IT(教育テック)」など、ITとの融合により、新しいサービスが続々生まれています。

「不動産×IT(不動産テック)」もまた1つ。「不動産テック」とはどのようなものか、解説します!


不動産テックとは?

「不動産テック」とは上記の通り、「不動産」と「テクノロジー」を合わせた造語です。

不動産業界は従来、アナログな環境で業務を行ってきました。

書類は紙で作成され、顧客や物件の情報もすべて紙で管理されていました。他の業界に比べてITの導入がかなり遅れていたのです。

しかし近年、情報の漏洩や自然災害による情報の紛失が頻発しています。

そういった出来事から情報を守るため、また日々の業務の支援・効率化を目指し、ITを駆使したシステムを開発する企業が現れました。

不動産会社がそのシステムを導入し始めたことで、不動産業界のIT化はどんどん進んでいます。この一連の流れを指すワードが「不動産テック」です。

どんなサービスがある?

企業はどのようなサービスを提供しているのでしょうか?

物件情報を掲載するHPなどのメディアの制作や、管理業務や仲介業務を支援するサービスが一般的です。

最近では、VRやARを活用したサービスを提供している企業もあります。

日本でサービスを作っている企業は近年増加傾向にあります。

下図はその企業になります。これだけでもかなりの数ですよね。


時代の波に乗り遅れるな!

システムを導入するメリットとしては、やはり業務が効率化できるという点です。

また、大事な情報を堅守できることも利点の1つです。

今では多くの不動産会社が、システムを導入し始めています。

ここで差をつけられないよう、時代の波に乗っていきましょう!

まとめ

「不動産テック」とは何なのか、ご理解いただけましたでしょうか?

アメリカでも、「不動産テック(Real Estate Tech)」へ参入するベンチャー企業が増えており、この数年で資金調達の額は数倍以上となっています。

「不動産×IT」は、今やグローバル規模でのトレンドになっているのです!

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事