集客

不動産会社がコンテンツマーケティングと相性が良い理由!成功のポイントは?

近年、お部屋探しをする際にスマートフォンやタブレットから手軽にお部屋探しができるようになりました。そのような背景からオンライン集客に力を入れる不動産会社も増加傾向です。

オンライン集客の中でもコンテンツマーケティングは、ユーザーに有用なコンテンツ(記事)を届けることで信頼性の向上や集客アップに寄与します。コンテンツ制作は社内でもできるため、コンテンツマーケティングの実践を検討している不動産会社もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、不動産会社がコンテンツマーケティングに注力すべき理由やコンテンツの具体的な内容を紹介します。

今よりもっと反響を増やしたい

広告依存から脱出!不動産会社がコンテンツマーケティングに注力すべき理由

広告依存から脱出!不動産会社がコンテンツマーケティングに注力すべき理由

不動産会社とコンテンツマーケティングは親和性が高いためコンテンツの配信は有効なマーケティング手段です。この項目では、なぜコンテンツマーケティングと親和性が高いのかを解説します。

ポータルサイトが飽和状態で集客効果が出づらいから

ほとんどの不動産会社は、オンライン集客のひとつとしてポータルサイトの掲載を行っているのではないでしょうか。それにも関わらず集客に課題を感じている不動産会社が多いのは、ポータルサイトが飽和状態になりつつあるためです。

全国の不動産会社がポータルサイトを活用することで競合が増加してしまい、差別化が必要な状態になりました。加えて、ポータルサイトは複数の不動産会社が同じ物件を扱うことが多いため、独自の情報を発信しづらく、オンライン集客に限界を感じることもあるでしょう

そこでコンテンツマーケティングを実践することで、ユーザーは自身が興味をもっているコンテンツを目的として主体的にサイトに訪れます。サイトに訪問したユーザーに魅力的なコンテンツを提供することで自社のファンを獲得し、効率よく業績を上げる効果が期待できるのです。

広告を不快に感じるユーザーが増えているから

ポータルサイトと並行して広告を出稿している不動産会社も多いでしょう。例えば、ポップアップ広告の活用はユーザーの離脱を防ぐのに効果的です。

しかし、このような広告を不快に感じるユーザーが増えています。スマートフォンでWebページを閲覧中に関連性のない広告が表示されるとストレスを与えてしまい、サイトに対してマイナスな印象を与えてしまうおそれがあります。

そのような背景もあり、ユーザーに届ける広告よりもユーザーに見つけてもらうコンテンツの制作に注目が集まっているのです。

ユーザーに価値のあるコンテンツの提供は、ニーズを引き出し、信頼を積み重ねることができます。そして会社のブランド力になり、見込み顧客や新規顧客の獲得につながりやすいといえるでしょう。

検討意欲の高い層にアプローチできるから

コンテンツマーケティングは、ターゲットに合わせて必要なコンテンツを提供することで意欲のあるターゲット層にも効果的にアプローチできるというメリットがあります。

より多くの見込み顧客や新規顧客を引き込みたいなら、引っ越しに関する知識や物件の選び方を紹介するのが効果的です。ターゲット層がはっきりしているなら、真剣に検討中だからこそ抱えやすい具体的な課題や不安に着目したコンテンツを提供すると良いでしょう。

各SNSで拡散できるから

さまざまな情報が常に更新されていくSNSでは、友人同士のやり取りに留まらず、世界中で幅広い情報が共有・拡散されています。拡散力や即効性が高く、情報の更新頻度も高いことが特徴です。

また、SNS単体でのコンテンツマーケティングは、すでにマーケティングの主流となりつつあります。ポータルサイトに広告を出稿していない不動産会社であっても、SNSを駆使すれば、効率的なコンテンツマーケティングを行えるでしょう。

コンテンツマーケティングに有効なSNSとしては、Facebook、Twitter、Instagram、LINEなどがあります。

近年では、TikTok、YouTubeなどでもコンテンツマーケティングが盛んです。しかし、これらのSNSは視覚的な「見栄え」をアピールするSNSなので、使い分けが重要です。

今よりもっと反響を増やしたい

不動産会社が発信すべきコンテンツの内容

不動産会社が発信すべきコンテンツの内容

あらゆるビジネスで注目されるコンテンツマーケティングですが、問題はいかにユーザーの興味を引くコンテンツを作れるかでしょう。しかし、不動産会社がターゲットとするユーザーは興味の対象が広いため、コンテンツは比較的作りやすいとされます。

それでは、不動産会社が発信するのに適した主なコンテンツ例を紹介します。

住宅に関するコンテンツ

不動産を探すと同時に、実際に住み替えた後にどのような住まいを実現できるかを知りたがっているユーザーは多いものです。

そこで、間取りに合ったインテリアや家具のコーディネート、より良い家事導線となるリフォームアイディア、子育てに適した住宅の活用法など、住宅に関するコンテンツを作りましょう

その際、ターゲット層に見合う内容にすることも忘れてはいけません。新築と中古、単身者向けとファミリー向け、戸建てとマンションなど、想定するユーザーによって求める情報は異なります。想定ユーザーに刺さるコンテンツであるほど、「サイトのファン=優良な顧客」が増えます。

また、実際の利用者であるお客様の声を入れると、住宅に対するリアリティが増すのでおすすめです。

暮らしに役立つコンテンツ

不動産の買い替えや住み替えをすると、今までとは異なる環境で新生活がスタートします。暮らしの情報をコンテンツとして提供すれば、ユーザーは不動産への魅力を実感しやすいでしょう。

暮らしに役立つコンテンツは実に幅広く、カビや湿気、収納にまつわるライフハックや地域のごみ捨てルール、引っ越しに必要な手続きや上手な梱包方法など、日々の生活に直結する話題がすべてコンテンツとなります。

地域に関するコンテンツ

不動産会社は、多くの不動産を管理していますから、自然とその街の情報に詳しくなります。その知識を生かして、地域ならではの情報をコンテンツとして発信するのもおすすめです。

地域の名物イベント、自治体の公表する防災情報、有名なグルメ、商業施設やスーパーの情報など、そのエリアに住んだときの生活が想像できるような具体的なコンテンツにしましょう。

また、自治体の公式サイトやほかのサイトにも並んでいるありきたりな情報ではなく、実際に訪れたときの写真や率直な感想を添えるなど差別化を意識し、魅力的なコンテンツを目指してください。より多くの地域に根差した情報を知っていることは、そのままユーザーからの信頼度や顧客満足度の向上につながります。

今よりもっと反響を増やしたい

コンテンツマーケティングに取り組むときのポイント

コンテンツマーケティングに取り組むときのポイント

最後に、不動産会社がコンテンツマーケティングで成果を上げるために、ぜひ押さえておきたいポイントをお伝えします。

ターゲットを設定する

何より重要なのは、ペルソナを設定することです。ペルソナを設定するとは、年齢や職業、家族構成、関心ごと、行動パターンなどをできるだけ具体化することを意味します。

ペルソナが明確であるほどマーケティングの方向性も定まり、ブレのないコンテンツ作りができます。またペルソナが抱えると思われる課題や悩みの解決にまでコンテンツを広げれば、ユーザーから共感を得やすいでしょう。

主観的なコンテンツ作りをすると、ターゲットのニーズからずれるおそれがあります。ペルソナが求める情報を考え、ユーザー視点のコンテンツを作ることがポイントです。

成功事例を参考にする

不動産業界のコンテンツマーケティングでは、すでに成果を上げている会社も多くあります。ここでは、代表的な2サイトの概要と成功事例を紹介しましょう。

不動産会社ホームページの成功事例

ブログ形式で社員が日々の営業や内見の報告をするサイトが多いなか、ひときわオリジナリティを感じさせるのが「暮らしっく不動産」です。不動産に関連する知識はもちろん、不動産関連本の書評から社員の自炊の様子まで、ユーザーを楽しませるコンテンツが充実しています。

InstagramやTwitterでおなじみの「#(ハッシュタグ)」を使った記事検索など、若い層を意識したサイトデザインも特徴です。不動産に敷居の高さを感じる見込みユーザーを引き付ける魅力があります。

ポータルサイトの成功事例

幅広い年代に知られている「SUUMO」では、その街の住民がコンテンツを提供する「SUUMOタウン」、住宅購入や賃貸にまつわる基礎知識を幅広く提供する「SUUMOジャーナル」のふたつのポータルサイトを運営しています。

住まいのコンテンツをよりリアルに、知識分野はより正確に、それぞれのサイトで異なる手法でユーザーの信頼性を高めているのが特徴です。こちらは不動産会社が発信しているコンテンツではないものの、参考にできる部分は多い事例といえます。

必要に応じて外注する

コンテンツマーケティングは、今後さらなる需要が見込まれます。しかし、記事の企画やライティングにはある程度のスキルや経験が必要であり、日常の業務と並行して、自社で管理を続けるのは難しいでしょう。

コンテンツ作成に時間と手間がかかりすぎると感じたら、外注を頼るのも方法のひとつです。費用はかかりますが、その分、プロの手によるクオリティの高いコンテンツを作成できます。

不動産会社のホームページ制作なら「いえらぶCLOUD」がおすすめです。自社でのホームページ管理やブログ形式のコンテンツ制作が簡単に行えるうえ、執筆代行サービスでも不動産会社様をサポートします。負担を減らしたいときにはコンテンツ制作全般を任せられます。

今よりもっと反響を増やしたい

まとめ

不動産会社でのコンテンツマーケティングは、今後のビジネス発展に大きく影響すると考えられます。見込み顧客を数多くつかむ、ターゲット層を狙うなど、自社の方向性に合わせて明確なペルソナを定めたうえで、コンテンツを制作しましょう。

コンテンツ作りにお困りの方は、不動産業界のホームページ制作と運用サポートに定評のある「いえらぶCLOUD」の利用をご検討ください。

ゴマキ補助金_450万

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事