開業

不動産のFCとは?失敗の原因や業務支援システムを利用する方法も解説

不動産で開業される方なら、FC(フランチャイズチェーン)加盟を検討されることと思います。

このFCは新規の開業にメリットがあるほかに、知っておくべき注意点もあります。

今回は、不動産のFCとはどのようなものか、加盟して失敗する原因や、対策として業務支援システムを利用する方法などを解説します。

不動産のFCとはどんなもの?

ではまず、FCがどのようなものか解説します。

不動産のFCとはどんなもの?

<未経験の開業にFCが良い理由>

FCはフランチャイズ形式で店舗展開に加わり、ノウハウやブランド、商品のネットワークの提供を受けて経営をおこなうものです。

この場合、おもに開業時には以下の点で負担が少なくなります。

新規開店時の会社の知名度が補える

研修などで知識を補える

交流会などで人脈が広がる

提携関連業者の割引の恩恵がある

これらは、未経験の開業時には頼りにしたいことばかりです。

このFCの良さをもう少し掘り下げてみましょう。

<不動産のFCのメリット>

開業したばかりのお店は、お客様からは知られていない状態です。

ホームページなどで見て、知らないお店に物件探しを依頼する際に、大手チェーンの名前であれば、安心感があります。

来店しても、看板や印刷物、制服などテレビCMで見たことのあるものであれば、ここなら大丈夫となりやすいでしょう。

知識や人脈については前述しましたが、不動産業はこの2つが大切といわれています。

知識、人脈に関しては、最初の段階から利用できるものがあるのは心強い点となります。

提携関連業者の紹介を受けて、修繕や清掃、施工関連での外注コストを下げられるのも魅力でしょう。

このように、FCはいいことばかりのように思えます。

しかし、ある調査結果では「不動産仲介業をFCでやってみたい」と答えた人は14%程度となっています。

8割以上の人がFCに加盟せずに起業するという点を考えるうえで、FCのデメリットについてもまとめました。

<不動産のFCのデメリット>

FCの加盟でデメリットとされるのは、以下のようなことです。

加盟料やロイヤリティの費用の負担がある

希望の場所に開業できない可能性がある

ブランドイメージがマイナスになる場合もある

FCは同一エリアにすでに店舗がある場合、そこには出店ができません。

また、統一されたブランドイメージのもと、どこかの店舗や本部で不祥事があった時などは、自社までその影響を受けることもあります。

そして、未経験の開業時にはとくに金銭面のデメリットとうまく向き合えずに、失敗するケースもあります。

不動産のFC加盟で失敗するケースも

それでは、FCの加盟で失敗するケースとは、どのようなことが考えられるのでしょうか?

不動産のFC加盟で失敗するケースも

<FC加盟で失敗する理由>

まず前述のように、FCに加盟して営業をおこなうためには、相応の初期投資が必要です。

この支出をうまくカバーしきれない場合、他の経費に支障が出たり、資金不足となるケースがあります。

また、初期投資を回収する際、売上がどのようなカーブで追いつき、黒字化になるかのビジネスモデルが不明瞭のまま、黒字化できないということも起こります。

また、これは開業時というより少し年数が経過してからも起こりえますが、本部の方針と経営方針のズレがでるケースがあります。

営業方針で独自のやり方や地域性が見えてきた時点で、FCの方針がかみ合わなくなることがあるのです。

そうなった場合は、FCの恩恵で順調に行っている部分もあるだけに、どうするかを悩まざるを得ません。

<FC加盟で失敗しやすい人とは?>

FCに加盟しても、経営の成功は経営者の手腕によるものです。

FCのノウハウや仕入れルート頼みの方は、うまく行きづらいかもしれません。

また、逆にFC本部のアドバイスを活かさず、独自路線に固執してしまう方も、失敗のリスクが高いと言われています。

また、FCが経営をするわけではないので、資金力だけで会社を興し「最初は経営者自身で何でもやる」という姿勢に欠けている方も要注意です。

<FC加盟で失敗しないために>

まずFC加盟でスタートをする場合、加盟金などの初期投資も見越し、運転資金を6か月以上見積もって、あらかじめ準備をしておきましょう。

次に、不動産業も業務内容はさまざまですので、ご自分の得意で好きな業態を検討のうえ、FCを選びます。

FCはそれぞれ特徴があり、どれに加盟するかも失敗しないための検討要素です。

※FCの比較については、こちらの記事も参考にして下さい。

>>不動産のフランチャイズとは?加盟のメリットや注意点を比較して解説

そしてもう1点、未経験の開業から成功するために重要なのが、業務支援システムです。

FCでも、提供される業務支援システムがあるのですが、どんなシステムを利用するかは、経営成功の大きなポイントになります。

FC加盟のほかに、業務支援システムをフル活用した開業も検討されてはいかがでしょうか?

不動産のFCに代わって利用できる業務支援システムとは?

不動産の業務支援システムの導入で、未経験の開業に強力なサポートとなります。

不動産のFCに代わって利用できる業務支援システムとは?

<業務支援システムとは?>

業務支援システムとは、最新の不動産テック技術で物件、顧客、入出金などの情報を管理するためのシステムです。

システムの導入によって、成約数アップ、業務の効率化、顧客サービスレベルの向上の3つを実現します。

以前は会社にサーバ設備などを導入、維持して動かすシステムが主流でしたが、最近はクラウドの利用で、導入のコストと手間が軽減されました。

<業務支援システムの選び方>

業務支援システムの選び方のポイントは以下です。

システムの維持コスト

簡単で使いやすい

各機能が連携していること

さらに、毎月の費用がリーズナブルであることは重要ですね。

システムを利用する際に特別な機器を導入する必要がなく、事務用のパソコンだけで利用できれば、バージョンアップなどの際にも設備投資は不要です。

また、操作が簡単で直感的に利用でき、不明点はすぐシステムサポートに聞けなければ、高機能であっても利用は進みません。

そして、業務を最大限効率化するためには、各機能の連携がしっかりおこなえることが必要です。

そのためには、全機能がひとつのシステムにまとまっていることが理想となります。

<業務支援システムならいえらぶCLOUD>

業務支援システムは、導入実績12,000社の支持をいただいている、いえらぶCLOUDをおすすめします。

売上の向上をサポート

充実したサポートは、システムの使い方だけでなく、反響と成約数獲得のために、不動産テック活用の支援もおこないます。

制作実績4,000サイトを誇る、不動産業に特化したホームページの制作運用サポートも、いえらぶCLOUDのセールスポイントです。

集客のメインであるホームページに最新の技術ノウハウを実装し、成約数アップに貢献します。

業務の効率化をサポート

また、未経験の開業時には業務の最大限の効率化は欠かせません。

いえらぶCLOUDは、効率的な業務フローを最初から構築することが可能です。

仲介業務支援では、物件情報のホームページやポータルサイト掲載の大幅な時短を実現できます。

管理業務支援では、入居者や建物管理の効率化で、業務の時短と社内の情報共有を実現できます。

また、今後業務の大幅な時短化と、経費節減、顧客サービス向上が期待されるWEB接客電子契約にも標準対応しています。

売買、賃貸のあらゆる業務に対応し、充実した機能をそなえたオールインワンパッケージが、月額5万円からご利用いただけます。

導入予算を軽減するIT補助金申請のお手伝いもおこなっています。

>>業者間流通プラットフォーム「いえらぶBB」

>>いえらぶCLOUD 機能・サービス一覧

>>いえらぶCLOUD 導入事例

まとめ

不動産のFCとはどのようなものか、加盟して失敗する原因や、対策として業務支援システムを利用する方法などを解説しました。

不動産の開業をお考えの方は、ぜひいえらぶにご相談ください。

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。

記事一覧へ

Related articles関連記事