WEB

不動産会社がマーケティングを駆使して集客を増加させるためには?

不動産会社にとって集客は必須の業務となり、マーケティングを駆使して見込み客を増やしたいと検討する不動産会社は多いでしょう。

集客では、デジタルを駆使して戦略を立て、まずは見込み客を増やすことが重要です。

本記事は、不動産会社がデジタルを活用したほうがいい理由や、大切な戦略について解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

不動産会社にはデジタルが必要な時代

昨今はスマートフォンが普及した影響により、情報が個人でも簡単に手に入る時代になりました。

そして、不動産業界においてもデジタル化の波が押し寄せています。

今回はとくに、従来の集客をおすすめできない理由や方法をご紹介しましょう。

不動産会社にはデジタルが必要な時代

<従来の集客方法では効率が悪い>

従来の不動産会社の集客方法は、チラシの配布や業者間の情報の共有、お客さまの元へ実際に営業活動をするなどでした。

しかし、上記のような従来の方法で集客をすると、時間と経費が多く負担となりますので、不動産会社の売り上げを大きく増加させることは難しくなります。

また、インターネットの普及に伴い、消費者は不動産情報を得るためにまずネットを使う傾向があります。

そのため、不動産会社もマーケティングにおいて、デジタルを活用する必要があるでしょう。

<効率の悪い集客方法①チラシの配布>

チラシの作成は非常に効率が悪く、チラシを作成する費用や配布するために必要な人件費など、多くの手間がかかることが特徴です。

さらに、枚数によって大きな金額となる可能性が高く、配布する地域も限定されることから効率的な集客になるは言えません。

<効率の悪い集客方法②お客さまへの直接営業>

直接営業の場合、不動産業は高額の取引が非常に多いため、成約率が向上する可能性があります。

しかし、見込み客ではないお客さまへも営業することになるので、時間や手間、人件費が多く負担が大きくなります。

反響営業であれば成約率も向上しますが、多くのお客さまへ無差別に営業活動をする場合は、商談をすることもできずに時間と人件費だけが負担になってしまう可能性もあります。

上記の理由から、お客さまへの直接営業は非常に効率の悪い集客方法になるので、デジタルを駆使することで大きく効率的な見込み客を集客することが大切です。

>>不動産会社の集客方法はWebが重要!集客できない理由とおすすめの方法を解説!

不動産会社のマーケティング戦略①コンテンツマーケティング

不動産会社の効率的な集客をするなら、コンテンツマーケティングが重要です。

ここでは、コンテンツマーケティングとはなにか、どのようなコンテンツがいいのかご紹介します。

不動産会社のマーケティング戦略①コンテンツマーケティング

<コンテンツマーケティングとは>

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって有益なコンテンツを発信することで興味を持ってもらい、最終的に自社のファンとして定着してもうというマーケティングの戦略です。

これまでは不動産会社が一方的に物件をアピールしていましたが、ユーザーの目線からコンテンツを発信すれば、優良顧客を獲得しやすく、結果的に売り上げにつながりやすいというメリットがあります。

<発信すべきコンテンツ>

では、具体的にどのようなコンテンツを発信すれば良いのでしょうか?

コンテンツの例としては、以下のようなものがあります。

①不動産に関するノウハウなど

②お客さまの声

③物件があるエリアの治安情報や住みやすさ、子育てのしやすさ

このようにホームぺージやブログでコンテンツを発信することで、お客さまにとってもどのような会社なのかわかりやすく、安心して利用することが可能です。

さらに、たとえばエリアの情報など、コンテンツを通して物件があるエリアの住みやすさをアピールできるので、効果的なマーケティングの戦略となります。

<コンテンツマーケディングのメリット>

コンテンツマーケディングには、さまざまなメリットがあります。

①SNSで拡散が狙える

このようなコンテンツは、SNSとの相性がとても良いです。

たとえば、ユーザーが「このブログ記事はとても役に立つ」と感じれば、TwitterやFacebookなどで拡散される可能性が高まります。

そうなると、不動産会社は何もしなくても情報が拡散されるので、ホームぺージのアクセス数が上がったり、検索結果で上位表示されやすくなります。

また、SNSは無料でアカウントの開設が可能なので、手軽に始めることができるでしょう。

無料で集客できることは、会社の売り上げを増加させることへ大きく影響することになりますので、SNSからの集客が見込めることも大きなメリットです。

②過去の投稿から集客が見込める

コンテンツは一度発信すれば、投稿内容が残ります。

そのため、過去に投稿した宣伝などを見た見込み客へも宣伝効果がありますので、投稿をする数や情報を発信する内容によって多くの方へ宣伝することが可能となります。

コンテンツは作成すればするほどストックされていくので、費用対効果が高いといえるでしょう。

不動産会社マーケティング戦略②オートメーション

コンテンツマーケティングと同様に、不動産会社のマーケティングの戦略として、オートメーションが注目されています。

事前にオートメーションの情報や知識を知っておくことで、マーケティングの選択肢が増えることになり、どのくらいの費用が必要になるのか、などの参考にすることができるでしょう。

不動産会社マーケティング戦略②オートメーション

<オートメーションとは何か>

オートメーションとは「自動化」という意味の言葉で、オートメーションをマーケティングに取り入れると、定型的な作業やコストがかかる作業を自動化し、より効率化することができます。

また、マーケティングをオートメーション化することを、マーケティングオートメーション(MA)といい、業務にかかる負担が軽減されることから、近年多くの不動産会社で導入が進んでいます。

<不動産会社がマーケティングオートメーションをおこなうには>

①ホームぺージやポータルサイトを活用する

ホームぺージやポータルサイトで物件を掲載しておけば、チラシを配布したり営業の電話をかけたりする必要はありません。

また、ホームぺージやポータルサイトの物件を見て問い合わせるお客さまは、その物件について興味を持っていること、すでに物件情報を理解していることなどから、比較的対応がしやすいということもメリットです。

契約までの期間が短いこと珍しくないので、活用すべきでしょう。

>>集客できる不動産会社ホームページのポイントは?賃貸と売買の例を9つ挙げて解説!

②自動で物件を紹介するシステムを導入する

うまく追客状況を把握できていなかったり、社内全体で情報が共有できていなかったりなどが原因で、見込み客を逃してしまうケースもあります。

そこで、顧客情報をオンライン上で一元管理すれば、登録していた顧客の希望条件から、マッチした物件を自動的に紹介することが可能です。

システムによっては、物件を提案するタイミングをカスタマイズすることもできるので、おすすめです。

<おすすめできるいえらぶCLOUDのサービス>

マーケティングや集客のサービスを提供している会社が多くありますが、なかでもいえらぶCLOUDのサービスはおすすめできるサービスを豊富に扱っていることが特徴です。

マーケティングに強い味方になることで、不動産会社の売り上げに貢献できることもメリットでしょう。

いえらぶCLOUDでは、以下のサービスが利用可能です。

①執筆代行サービス

「コンテンツマーケティングをおこないたいけどブログってどう書けばいいの?」という方も多いでしょう。

いえらぶCLOUDの執筆代行サービスは、ノウハウ記事やエリア記事など、集客につながる記事を作成することが可能です。

②不動産専門顧客管理システム

顧客管理システムは、顧客情報や追客状態がひと目でわかることで、社内で追客状況を共有できたり、物件情報を自動で紹介したりすることが可能です。

また、お客さまがマイページ上で来店予約を完結できたり、これまでの提案物件を確認できるので、来店率もUPします。

③反響獲得に強いホームぺージ

いえらぶでは、反響獲得に強いホームぺージを作成することも可能です。

これまで4,000サイト以上を制作した実績を持ち、集客につなげる仕組みが整っているのでホームぺージでの集客が可能です。

④いえらぶポータル

いえらぶポータルは、月間350万PVの物件検索サイトです。

いえらぶCLOUDをご利用の方は、いえらぶポータルを無料で使用できます。

まとめ

今回は、不動産会社がデジタルを活用したほうがいい理由と戦略についてご紹介しました。

いえらぶCLOUDは、さまざまな不動産業務の業務が楽にすることができ、成果最大化と業務効率化が可能です。

ぜひ、導入をご検討ください。

>>いえらぶCLOUDの導入事例

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。

記事一覧へ

Related articles関連記事