開業

【不動産会社の経営者を目指す方へ】年収とメリットやデメリットなどを徹底解説

昨今の不動産業界は、消費者のニーズが高まっている理由から年々業界全体の市場規模が上昇傾向にあるので、興味を持っている方も多いでしょう。

今回の記事は、不動産会社を開業して経営者を目指す方へ年収を上げるポイントや、経営者になるメリットとデメリットを解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

不動産会社の経営者の年収と給与所得との比較

現在、会社員の方が本記事を見ている可能性が高いと思いますが、不動産会社の経営者になった場合は年収がどの程度になるのか、会社員の給与所得と経営者の事業所得(役員報酬)との違いを知りたい方も多いと思いますので、比較検証します。

さらに、不動産会社の経営者が年収が高い理由も解説しますので、今から不動産会社の経営者を目指す方は参考になるでしょう。

不動産会社の経営者の年収と給与所得との比較

<不動産会社の経営者が年収が高くなる理由>

2021年に開催された東京オリンピックの影響も相まって、不動産業界の市場価値が高まっています。

不動産は長期的な資産運用をするためや、投資目的で高額な金額で購入する消費者も増加しているため、投資家が多く参入する業界でもあります。

さらに、コロナウイルスの影響もありましたが、不動産業界は安定した市場であるため、人気が上昇しています。

世界的に影響がある事態に陥っても、長期的に安定した収益が見込める不動産のニーズが高まっているので、不動産会社の経営者の年収は高くなる傾向にあります。

開業するまでの手順はシンプルなので、不動産会社の経営者を目指すなら理解と把握をしておきましょう。

<不動産会社の経営者と会社員との年収に大きな違いがある理由>

世の中のイメージとして会社の経営者は年収が高いイメージがあると思いますが、会社員では到底難しい金額を稼ぐことができる経営者は憧れるでしょう。

経営者と会社員では根本的に違いがあり、経営者は会社の売り上げが増加する毎に経営者の年収(役員報酬)も増加するのに対し、会社員は会社の売り上げの増加に関係なく、会社の売り上げの一部を給与の形で受け取ります。

納税の方法にも違いがあり、会社員は「源泉徴収」で、会社の経営者は「確定申告」で納税をするため、会社員は毎月の税金を差し引かれた後の給与を受け取りますが、経営者は確定申告までに使用した会社の経費を差し引いた金額を納税するため、後から返ってくる金額が多くなるのです。

<不動産会社の経営者を目指すための方法>

不動産会社の経営者を目指すためには資格を取得し、会社を開業するための資金を準備する必要があります。

不動産会社の開業に必要になる資格は「宅地建物取引士」の資格のみで、「開業が難しい」というわけではありません。

開業するまでの手順は以下のとおりです。

事務所の選定

会社設立

宅地建物取引士の決定

法人登記

保証協会への加入

開業

開業するまでの手順はシンプルなので、不動産会社の経営者を目指すなら理解と把握をしておきましょう。

>>資金・資格不動産会社の起業に必要なものは?失敗しない方法を解説!

不動産会社の経営者になるメリット・デメリットとリスク

不動産会社の経営者になる前にメリット・デメリットやリスクを事前に知っておくだけで、しっかりと対策ができるのできちんと把握しておくことが大切です。

そこで、不動産会社の経営者を目指す前に知っておきたいことをまとめますので、参考にしてください。

不動産会社の経営者になるメリット・デメリットとリスク

<不動産会社の経営者は年収が5,000万円を超えることも?>

不動産業界は高単価な案件に関わることが非常に多く、1億円を超えるマンション1棟の不動産売買や、小さな金額の案件でもワンルームマンションの売買で数千万円と、基本的に金額が高い案件に関わります。

そのため、利益を確保しやすく会社の売り上げも増加しやすいのです。

会社の売り上げが増加することで、経営者の収入も増加することに繋がり、年収が高額になることが非常に多くなるのです。

<不動産会社の経営者のメリット>

不動産会社の最大のメリットは「成約した取引のリターンが大きい」ことです。

取引した不動産の金額が高ければ高いほど大きなリターンを見込めるため、大きな取引を成約させることで会社の売り上げも増加し、経営者の年収も増加するのです。

<不動産会社の経営者のデメリットとリスク>

デメリットは成約が決まらなことであり、会社の売り上げに繋がらず倒産する可能性が高くなります。

不動産会社は収入がないと、資金繰りで会社経営の継続が困難になる可能性が非常に高いです。

成約がなければ会社の売り上げに繋がることもなく、経営者の年収も上がらないので、しっかり成約ができる戦略などを検討しましょう。

また、成約に繋がる集客がうまくできないと経営者の年収も上がらず、ランニングコストが毎月負担になってしまうリスクもあります。

そのため、「集客方法をどうするか」ということについては、しっかり考えておく必要があります。

不動産会社の経営者で年収を上げるポイントを解説

不動産会社を開業して大きく稼ぐためには、ポイントがいくつかあります。

年収を上げるためのポイントを知っていることで、大きく役に立つ情報にもなり、年収を上げるヒントにもなるでしょう。

不動産会社を設立して稼ぎたい方にとって、非常に気になる内容になりますので必見です。

不動産会社の経営者で年収を上げるポイントを解説

<不動産の経営者で稼ぐポイント①初期費用を抑える>

不動産会社の経営者として稼ぐために、初期費用は必ず抑える必要があります。

開業資金の負担があるのは仕方ないことですが、事務所の設置費用やランニングコスト(通信費や家賃など)を抑えることで初期費用を抑えることが可能です。

また、初期費用で浮いたぶんを他の必要経費に回すことで効率よく業務を遂行することもできます。

<不動産の経営者で稼ぐポイント②集客を効率よくおこなう>

不動産会社が売り上げを増加させて経営者の年収を上げる方法において、「集客」は必ず必要になるポイントです。

集客がうまくいかなければ、会社の売り上げを増加させることができずに最終的には倒産に追い込まれます。

会社によって解決すべき課題は異なるので、システムを導入する費用対効果などを鑑みて、どのシステムを導入すべきか選ぶと良いでしょう。

集客が効率良くできるなら、会社の売り上げも増加し経営者の年収も比例して増加するので、集客は不動産会社にとって生命線とも言える非常に大切な業務です。

<不動産の経営者で稼ぐポイント③不動産テックの導入>

不動産テックとは、不動産のITテクノロジーのことですが、ITシステムを不動産会社に導入することができれば、非常に効率よく不動産会社の経営者の年収を大きく稼ぐことが可能になります。

そこで、ITシステムを導入するなら「いえらぶCLOUD」がおすすめです。

いえらぶCLOUDひとつでさまざまなシステムを利用できるので、あとからシステムを追加する必要がない

集客に役立つHP作成SEO対策ポータルサイト掲載が可能なので、WEB上の集客に対応できる

いえらぶCLOUDなら幅広い不動産業務に対応しており、業務の効率化が可能

いえらぶCLOUDには、今後の不動産業界の動向に合わせて、電子契約VR内見機能なども利用できる

IT導入補助金の申請サポートによりお得に導入できる

いえらぶCLOUDは、集客から顧客管理まで不動産業務のすべてを楽にするオールインワンシステムであり、不動産会社の経営をしっかりとサポートできるため、不動産業務を非常に効率を良くすることが可能です。

不動産会社の経営者を目指す方ならいえらぶCLOUDのシステムを導入するメリットは非常に高いので、ぜひ検討してはいかがでしょうか。

>>いえらぶCLOUDとは?不動産業務のすべてを楽にするオールインワンシステム

まとめ

今回は不動産会社の経営者を目指す方へ経営者の年収や稼ぎ方、メリットとデメリットを徹底解説しました。

いえらぶCLOUDなら、不動産業務のすべてを任せられるオールインワンシステムなので、成果最大化と業務効率化が実現できます。

>>いえらぶCLOUDのサービス・機能一覧

>>いえらぶCLOUDの導入事例

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。

記事一覧へ

Related articles関連記事