集客

物件情報を手入力するデメリットと効率化する方法

タグ:

不動産会社の業務の1つである「物件情報の入力業務」は、入力作業に時間を要してしまうことが多いです。

そのため、他の業務ができず非効率だと感じる方もいるでしょう。

そこで、この記事では、物件情報の入力業務を効率的にするための方法を解説します。

物件入力作業を効率的にしたいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

物件情報を手入力で作業するデメリット

物件情報を手入力でする作業は、毎日していると当たり前のように感じますが、実は大変非効率なのです。

手入力の作業で要している時間を他の業務へ充てることができれば、効率的に業務をおこなうことが可能です。

手入力の作業に、どのようなデメリットがあるのか見てみましょう。

物件情報を手入力で作業する場合のデメリット

<デメリット①入力ミスができない>

物件情報を現状の手入力する場合のデメリットとして、入力ミスが挙げられます。

とくに繁忙期の際には、どんなに慣れているスタッフでも何百件も入力をしていればミスを発生させてしまう可能性があるでしょう。

最悪の場合、入力ミスにより物件掲載停止に発展するリスクも。

入力ミスが発生すると、会社の業績にも悪影響を与えてしまうため、改善する必要があるでしょう。

<デメリット②入力時間を要すると成約率に影響する>

物件情報を更新する頻度は、成約率に大きく関係します。

競合他社も条件が良い物件を紹介したいと考えているので、より良い物件をどれだけ早く顧客に紹介できるかどうかは非常に重要なポイントです。

そのため、不動産会社の売り上げを増やすためには、物件情報の入力は頻繁におこなう必要があるでしょう。

<デメリット③人材コストがかかる>

先ほどお伝えしたように、物件情報の入力は毎日の業務なので、人材コストがかかってしまいます。

会社の売り上げにとって重要な業務のため、対応するスタッフを減らすことはできず、ほかの業務を圧迫してしまう原因になるのです。

また、スタッフが変わるたびに教育が必要となったり、スタッフを増やすことで人件費もかさむなど、コストがかかり非効率となります。

このように、物件情報を手入力していると、根本的な解決に至ることがなく、作業効率が悪い状態を継続することになってしまいます。

物件情報の入力で代行業者を利用するメリット

物件入力の作業は、会社の業績にも関わる重要な業務であり、作業効率が悪いとミスが発生する場合もあります。

そこで、作業効率を上げるために「代行サービス」を利用するケースも。

物件情報の手入力を代行業者に依頼する際には、専門知識があり、専門的なアフターフォローが可能かどうかをポイントに選びましょう。

ここでは、物件情報の入力作業の代行を利用するメリットや代行業者をご紹介します。

物件情報を効率良く入力する方法に代行を利用するメリット

<代行業者に物件情報の手入力を依頼するメリット>

物件情報の手入力業務を依頼する場合、以下のようなメリットがあります。

・物件情報の入力時間がすべて他の業務へと回せる

・入力ミスや人的ミスがなくなる

・作業効率がUPする

・人件費が削減できる

・営業時間が短縮され社員の労働時間が減少する

このように作業効率が上がるだけではなく、社員の労働時間や人的ミスを減らすことが可能になりますので、業者に代行を依頼するメリットは高いと判断できるでしょう。

<物件情報の入力代行業者①BPO業務代行>

株式会社アップシェアのBPO業務代行は、ホームズやスーモ、いい部屋ネットなどのサイトへの登録も対応可能です。

発注のデータ形式はさまざまなものに対応しているので、とても便利です。

費用:要相談

<物件情報の入力代行業者②物件登録代行>

毎月10,000件以上の実績を持っているサービスで、不動産物件に特化したサイトの入力をしています。

自社のホームページだけではなく、他社のポータルサイトにも登録可能なことから使い勝手が良いです。

費用:450円~

<物件情報の入力代行業者③入力姫>

各ポータルサイトやリブロ、仲介名人などの自社ホームぺージの物件入力を代行します。

代行開始前に入念な打ち合わせをおこない、SEO対策なども代行してくれることも特徴でしょう。

費用:450円~

上記のような代行を依頼できる会社が多数ありますので、料金及びサービス内容の比較検討をおこない、1番メリットが高い代行会社へ依頼しましょう。

物件情報の入力業務を効率良くする方法

物件情報を手入力すると、作業に時間がかかってしまい、業務の効率が非常に悪くなってしまいます。

ミスが発生する可能性もあるので、改善すべき業務だといえるでしょう。

では、物件情報の入力作業を効率良くするためには、どうすれば良いのでしょうか?

もっとも効率良く作業する方法としては、「ITシステムの導入」がおすすめです。

ここでは、ITを利用するメリットと、おすすめのシステムについてご紹介します!

物件情報の入力業務を効率良くする方法

<ITシステム導入のメリット>

物件情報の入力作業で、ITシステムを利用するメリットは、以下のようなものが挙げられます。

・物件情報入力を自動化して作業効率UPさせることが可能

・ミスなく物件の情報を入力することが可能

・人件費を削減できて経費削減にも繋がる

・他の業務へ注力することが可能

このように、ITシステムの導入をするだけで人件費や作業の効率化を期待できるほか、ミスやトラブルを防げるなど、メリットは非常に多いといえます。

<物件入力の手間を削減できるRPAとは?>

「RPA(Robotic Process Automation)」とは、手作業でおこなっている業務をソフトが自動で入力してくれる仕組みのこと。

パソコンでおこなっている作業をITに学習させ、業務を自動化できるツールになります。

自動化により作業時間や負担を軽減でき、さらに入力ミスが発生する確率を下げることも可能なので、約9倍もの生産性向上が見込めるとも言われています。

また、物件情報を入力するためにスタッフを雇っている場合は、人件費の削減にもつながるので、かかるコストも下げられるでしょう。

<いえらぶCLOUDで作業効率をUP>

物件情報の入力で作業効率を上げるなら、「いえらぶCLOUD」がおすすめです。

いえらぶCLOUDのRPAらくらくロボシリーズは、不動産のさまざまな定型業務を自動化することができます。

・らくらく物出しロボ

Web上の物件情報をワンクリックで入力することが可能なので、これまでの作業時間を大幅に削減することができます。

わずか5秒で物件情報が入力できるほか、RPAによる自動化で人的な入力ミスをなくし、人件費を抑えながら物件情報の質を向上させることが可能です。

>>らくらく物出しロボ

・らくらくコメント入力ロボ

各物件に最適なコメントを自動作成し、また、各ポータルサイト用に調整したコメントも作成可能です。

>>らくらくコメント入力ロボ

・らくらくスポット入力ロボ

RPAが物件住所の緯度・経度から周辺情報を取得し、周辺のお店や施設を自動で登録します。

>>らくらくスポット入力ロボ

また、いえらぶCLOUDには、そのほかにも複数のポータルサイトにまとめてワンクリックで出稿できるポータル連動なども利用できるので、さまざまな機能で業務をサポートしてくれます。

>>いえらぶCLOUDのサービス・機能一覧

まとめ

今回は、物件情報の手入力のデメリットと入力作業の代行サービスをご紹介しました。

物件情報の入力作業だけではなく、業務全般を効率化するためには、ITシステムの導入もおすすめです。

いえらぶCLOUDは、不動産業務のすべてを楽にするオールインワンシステムなので、不動産会社さまの成果最大化と業務効率化が可能です!

いえらぶCLOUDの導入事例も併せてご覧ください。

>>いえらぶCLOUDの導入事例

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。

記事一覧へ

Related articles関連記事