WEB

IT導入で不動産業務の効率化が可能!おすすめの不動産テック企業もご紹介

昨今、急速な時代の変化によるIT化が進んでいるなかで、会社を経営している事業者なら「ITシステムの導入」を検討することも多いでしょう。

ITシステムの導入をしていない不動産会社が多く、業務の効率化ができていない状態も多く見受けられます。

不動産会社のITシステムの導入が遅れているとどんな影響があるのか、ITシステムを導入すると具体的にどう変わるのか解説します。

物件登録と広告出稿

ITの導入が遅れている理由と不動産テックのメリット

まずは不動産会社のIT導入が進まない理由と、導入するメリットについて見てみましょう。

ITの導入が遅れている理由と不動産会社のメリット

<ITの導入が遅れている理由>

不動産会社のITシステム化が遅れている理由は、アナログな業務を現在までおこなっていることにあります。

新しいシステムを導入することで業務の効率化を図ることが可能ですが、予算の都合やシステムを使用することへの障壁などが理由で未導入の不動産会社が多いようです。

ITの導入は時代の変化とともに必要になるので、未導入の場合は売り上げの増加を見込むことが難しくなるかもしれません。

不動産会社が生き残るためには、ITシステムを不動産会社が取り入れることが必須となるでしょう。

<不動産テックについて>

不動産テックとは、「不動産」と「テクノロジー」を掛け合わせた造語になります。

人材不足など不動産業界が抱える課題を、テクノロジーを導入し、生産性を上げることで解決することを目的としています。

このように、不動産会社を長期的に経営するためには、ITを取り入れることが重要です。

アナログで不動産の業務をおこなうには限界があり、効率的に業務をおこなうために不動産テックの導入はメリットが大きいでしょう。

<不動産テックを導入するメリットとは?>

不動産テックを導入するメリットは以下のとおりです。

物件管理などの業務を自動化できる

契約書作成や資料作成が容易になる

全体的な業務の効率化を期待できる

自動音声機能などで業務が簡単になる

このように、不動産テックを導入するメリットは非常に多く、高い業務の効率化を期待できます。

ほかにも、スマートフォンを活用して情報収集や物件の内覧が可能になるなど、ITの利便性が急速に高まっています。

現代社会は、ITを駆使した会社が多く存在していますが、不動産はアナログな経営が目立つ業界となり、不動産テックを導入することで、時代の流れと不動産会社の売り上げ増加に貢献してくれます。

物件登録と広告出稿

不動産業務の負担を軽減するには?ITの導入事例をご紹介

不動産会社には日々の業務が非常に多く、社員の労働時間が増加するなどの影響もあります。

しかし、ITシステムの導入によって業務の効率化を実現することが可能です。

不動産会社の業務をどのように効率化させることができるのか、具体的に解説します。

不動産業務の負担を軽減するには?ITの導入事例をご紹介

<不動産会社の負担となっている業務>

不動産会社の負担となっている業務としては「アナログな業務」があり、たとえば、紙の契約書の保管や物件確認の電話対応などがあります。

このような不動産業務が社員の労働時間を増加させたり、ほかの業務を圧迫したりするので、社員の不満も上がってしまうかもしれません。

そこで、ITシステムの導入し、業務の改善をおこなうことが大切になるのです。

<不動産会社がITシステムを導入事例>

実際に、不動産会社がITシステムを導入したらどのように効率的になるのか事例をご紹介します。

事例を知ることでITシステムの導入を検討する材料になるでしょう。

ポータル連動により物件入力の作業効率アップを実現

各ポータルサイトに物件情報を入力するのは、時間がかかる作業です。

そこで、ワンクリックで複数のポータルサイトに連動して物件情報を掲載できるシステムを活用すれば、作業時間をぐっと短縮できます。

顧客管理システムで顧客ごとの希望条件や対応履歴を簡単に把握

顧客情報をクラウド上で管理することで追客業務をおこないやすく、また、希望情報をもとに、自動でおすすめの物件をマッチングさせることもできます。

ホームページの作成で集客がアップ

ホームページを作成すれば、社内の雰囲気や魅力を発信できるので、お客さまも安心感をもって利用できます。

また、ポータルサイトでは掲載していない物件を紹介すれば、他社との差別化になり、集客力を上げることが可能です。

このように、不動産業務を改善不動産会社がITシステムを導入するメリットは非常に多いです。

効率良く業務を遂行できるITシステムの導入によって、不動産会社の売り上げの増加など可能になるでしょう。

物件登録と広告出稿

IT導入におすすめの不動産テック企業とカオスマップについて

IT導入するなら、利用できる企業について知りたい事業者も多いでしょう。

ここでは、おすすめできる不動産テック企業をご紹介しますので、検討する材料としてぜひ参考にしてください。

IT導入におすすめの不動産テック企業とカオスマップについて

<おすすめの不動産テック企業5選>

株式会社GA tecchnologies

不動産に関連する全般のサービス展開をしている不動産テック会社です。

不動産に関わるすべての業務を賄うことが可能なため、課題になっているアナログな業務も効率よく任せることが可能でしょう。

株式会社Casa

22,000件以上の賃貸仲介業者に、物件情報を紹介するネットワークを保有していることが特徴です。

煩雑になりがちな賃借経営や、入居者の住まいに関するサポートが可能になります。

内装建築.com

建築主と物件の所有者や内装会社をマッチングさせるサイトを保有していますので、内装に関することなら便利に利用できるでしょう。

株式会社じげん

お部屋探しの「スモッカ」をスマートフォン版で提供している企業になり、全国の物件情報の中なかから資料請求などが可能なシステムを運営しています。

また、引っ越しを検討している方向けに、引っ越し見積もり比較サイトも運営しているため便利なサービスです。

株式会社いえらぶGROUP

賃貸業務だけではなく管理業務まで業務の効率化が可能なサービスを提供しており、不動産会社にとって大切な集客に強いのが特徴です。

不動産テックをフル活用できるシステムなので、安心してお任せください。

>>いえらぶCLOUDとは?不動産業務のすべてを楽にするオールインワンシステム

それぞれの企業が取り組んでいるシステムやサポートに違いがあるため、必要な機能を見極めたり、使いやすさなども重視すると良いでしょう。

<不動産テックを取り扱うカオスマップ>

カオスマップとは「特定の業界のサービスや商品を一覧化」したものです。

近年ではさまざまな企業が不動産テックの開発に取り組んでいますが、とくに増加しているのは、不動産業務支援システムです。

不動産業務支援システムとは、物件の広告掲載や契約管理、お問い合わせ対応など、さまざまな不動産業務をサポートしてくれる機能があるものを指します。

不動産全般の業務を効率化できるので、ITを導入するなら、まずは不動産業務支援システムを選ぶと良いでしょう。

不動産テックのなかでも、どのような機能があるのか、カオスマップで確認してみてくださいね。

>>不動産テック カオスマップ

<不動産テック企業ならいえらぶがおすすめ>

不動産テックの企業は複数存在していますが、どの企業に依頼をしたらいいのか悩む事業者も多いでしょう。

そこでおすすめできるのが、株式会社いえらぶGROUPが提供するいえらぶCLOUDです。

反響獲得にこだわったホームページ制作

追客業務の効率化と来店率アップが実現できる顧客管理

業務の一元化で効率をアップできる賃貸管理

煩雑な契約業務や大量の書類保管の問題を解決できるいえらぶ電子契約

内見業務を効率化できるVRコンテンツの作成

このような機能にくわえ、さまざまなコンテンツやサービスがありますので、不動産会社の売り上げを増加させながら、業務効率を向上させることが可能です。

>>いえらぶCLOUD導入事例

物件登録と広告出稿

まとめ

不動産会社のITシステム導入が遅れていることや、不動産テックを導入すると業務が効率的に改善できることを解説しました。

不動産テックの導入を検討している場合は、さまざまな企業が存在していますが、株式会社いえらぶGROUPの不動産テックの導入を検討してみましょう。

>>いえらぶCLOUDのサービス一覧

ゴマキ補助金_450万

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事