WEB

不動産テックとは?普及の現状や今後と成功ポイントを解説

タグ:

不動産テックという言葉がよく聞かれるようになり、ほぼ同じ意味で、業界を問わず使われるDX=デジタルトランスフォーメーションという言葉も広まりつつありますね。

この不動産テック、どんな会社も進めていくべきものなのでしょうか?

今回は不動産テックとは何か、メリットや今後の普及の見通し、不動産テックの活用に成功するためのポイントについてお伝えします。

今後の不動産経営の成功を、不動産テックが左右する理由

結論から申しますと、不動産テックはどんな会社にも数々の導入メリットがあり、今後も普及が進んでいきます。

では、その根拠から解説をします。

今後の不動産経営の成功を、不動産テックが左右する理由

<国が企業のIT化を推進している>

日本は今、少子高齢化から人手不足が深刻化しているため、働く人が少ないのであれば、労働生産性の向上を目指そうというのが、国としての考え方です。

そこで、経済産業省が核となり、IT補助金の交付や、各種法令の整備など、人出不足への政策が進んでいる状況です。

IT重説導入などもその法整備の一環であり、不動産業でも各社一斉にIT化が進むことによる業務効率化の相乗効果が期待されているのです。

<新型コロナウイルス禍による非接触型サービス需要の増加>

コロナ禍でエンドユーザーのなかにも「やらなくていい移動や接触ならば、極力避けたい」という考えが定着し、不特定多数の人が出入りする場所に抵抗を感じる方が増えています。

そのため、「実際に不動産店舗に行くのは控えたい」と考えるお客さまもいるでしょう。

不動産テックが進んだ環境ならば、今後内見から契約まで、非接触で完結するケースが増え、そういったニーズにも応えることになります。

そこで、これまで対面でおこなってきた業務を、オンラインやデータベース共有、電子認証など不動産テックの技術でカバーするニーズが生まれてきました。

<不動産業界の人材不足、長時間労働の常態化>

他の業界同様に不動産も、人手の不足や長時間労働に悩まされている業種です。

接客や物件データの管理、契約手続きなどで長時間を要し、かつ稼働状況が読めず、突然時間の取られるような状況を解決したいニーズが年々高まっていました。

そしてその解決は業務の効率化だけでなく、顧客サービスの質にも直結する問題だったのです。

<不動産テック導入で生まれるメリット>

不動産テック推進で生まれるこれらの状況は、コストダウンや収益アップにも多大な貢献をします。

削減できるコストは人件費に限らず、郵送費用、通信費用、印紙税など多岐にわたり、収益アップは集客や追客の充実するIT機能により実現することができます。

調査の結果、不動産テックに取り組んだ企業の約六割が黒字化したという結果も出ており、不動産テックの市場規模は5年後には、2倍の2兆円を突破することが予測されているのです。

不動産業の悩みを、不動産テックが解決!~成功事例~

それでは、不動産業にあるよくある悩みを、仲介業、管理業の別に不動産テックのサービスで解決していく事例をご紹介します。

不動産業の悩みを、不動産テックが解決!~成功事例~

<仲介業の悩み>

インターネットの集客が思わしくない

インターネット集客を成功させるには、常に最新の、豊富な情報を発信し続ける必要があります。

これらをIT化で効率良くおこなうことができれば、集客の時間が足りないという悩みから解放され、より多くの反響も得ることができます。

担当者が休みの日に追客対応できない

問い合わせをいただいたお客さまの情報をスタッフ全員がデータベースで合理的に共有できれば、追客もれを防ぎ、成約率のアップにつながります。

内見などの接客や契約の関連業務に時間をとられる

内見など接客業務や重要事項説明、契約をオンラインでおこなうようにすると、スタッフとお客様双方の、時間と経費の節約になります。

また、内見などのオンライン接客は成約率を高め、キャンセル率を下げる追客サポート手段としても機能します。

物件入力、物件確認などのメンテナンスに時間をとられる

自社ホームページの物件入力やメンテナンスの効率は、残業時間を1日2時間単位など、大幅に減らせる要因となります。

不動産テックのサービスでは、ポータルサイトへの物件入力をワンクリックで連動できる機能もあり、これも時短と、ヒューマンエラー防止につながります。

<管理業の悩み>

契約、更新、保険など、各書類がバラバラで効率が悪い

顧客管理システム(CRM)を利用して、顧客データや管理している棟のデータを一元化し、一回の書き換えですべての帳票、すべてのスタッフに共有することで効率化できます。

契約業務に時間と予算をとられる

いままで紙の書面でおこなっていた契約関連のやりとりを電子契約、電子認証に変更すると、来店や郵送の時間やコスト損失がなく、印紙代も不要になります。

入出金管理が複雑で共有できない

人の動きと同様に、お金の流れも一元化して管理することで、たとえば物件オーナーへの収支報告書もワンクリックで作成、出力が可能になります。

不動産テックの活用と成功ポイント

不動産業もエリアや業態で業務の内容に違いがありますし、システム導入にはそれをうまく活かすノウハウも存在しますので、以下の点にご注意ください!

不動産テックの活用と成功ポイント

<自社にどのような機能が必要か見極める>

まずは自社の業務の改善したい点を洗い出し、どこにコストや時間を改善する余地があるか、検討をしましょう。

その過程で、前項で述べたような改善をおこなうことが、売り上げや働き方改革に貢献できます。

とはいえ、事業の様相は変化するものですし、幅広く選べて、今後の方向性によって追加や削減の選択をしていく余地があるサービスが、理想と言えるでしょう。

<ITの専門家やコンサルを活用する>

ITの世界は日進月歩で、インターネットや不動産テックの技術も日々新しい利用法や、成功のための専門的ノウハウが生まれてきます。

不動産テックのシステムサポートを通して、これらの技術面に関する側面支援を受け続けられるかどうかは、不動産テック活用の成否を決めます。

「入れたけど使ってない」では、ただコストをかけただけで終わってしまいますので、専門知識のあるサポートスタッフとタッグを組み、システムの活用をしましょう。

<不動産業界の変化に対応した不動産テック選び>

不動産テックの世界にはIT重説や電子契約のように、近年認知や法整備が整って、これから普及が本格化するようなものもあります。

IT重説や電子契約は導入することで、自社の業務改善とお客さまへのサービスと双方にとって非常にメリットの高いものなので、これに対応していることは重要なポイントです。

内見などのWEB接客もIT重説と同様に、これから自社と顧客双方に大きなメリットを生んでいくでしょう。

<その他今後のポイント>

このほか不動産テックは物件査定の情報共有や、IOT(住宅設備のIT化)による物件価値のアップなども含み、今後他社との差別化や、さらなる生産性向上が期待されます。

上記の必要な成功ポイントをカバーし、IT化による業務の効率化と集客を図るシステムとして、「いえらぶCLOUD」をおすすめします。

不動産業に必要なIT化機能をオールインワンでカバーし、各機能の連携を活かして、導入のコストダウンと更なる業務効率化を実現します。

導入時最大150万円のIT補助金申請のサポートもおこなっています。

>>いえらぶCLOUD 機能・サービス一覧

まとめ

不動産テックとはどのようなものか、今後の普及の予測、活用方法と成功ノウハウなどを解説しました。

日常業務が忙しく、現在それなり回っているのに、新しいことを導入するのは大変かと思いますが、今後の飛躍発展のため、前向きの取り組みをおすすめします。

不動産テックのご活用とご成功をお祈りします!

>>いえらぶCLOUDとは?不動産業務のすべてを楽にするオールインワンシステム

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。

記事一覧へ

Related articles関連記事