集客

不動産管理システムとは?その機能や活用事例など導入の参考情報を解説

ここ数年の不動産テックの標準化で業界全体での相互乗り入れも進み、不動産管理のシステムを導入するメリットも急速に高まってきました。

今回は、不動産管理システムとはなにか、どのような機能あるのか、活用事例、おすすめのシステムなどをご紹介します。

良いシステムの選択と活用のために、ぜひ最後までお読みください。

不動産管理システムとは?何ができる?

不動産管理システムは、それぞれ特徴や機能は異なりますが、業務をサポートし、集客と業務効率化の2本柱の目的に貢献するうえでの、平均的な機能は以下です。

不動産管理システムとは?何ができる?

<WEB集客と追客>

もう一つの店舗ともいえるホームページの企画提案から作成、運営補助は、集客のための情報発信の核となる部分です。  

ホームページに連動してブログの作成と運営もサポートするなどで、物件情報やお店の特色を発信し、お客さまとのつながり、信頼をつくります。

ホームページ、ブログ、SNSなどの反響分析もおこない、どの物件、どのページが支持されたかなどを、営業戦略やSEO(検索エンジン対策)にフィードバックします。

<物件データの管理>

物件データの取り扱いは、入力、メンテナンス、ポータルサイトのワンクリック連動などを通じて物件管理の一元化をおこない、業務時間の強力な短縮を実現します。

間取り図やチラシの作成、出力やVRコンテンツ作成で、お客さまへ魅力ある物件をアピールします。

賃貸管理では、レントロール、空室状況、修繕履歴などの管理の役割も持ちます。

<顧客データの管理>

見込みのお客さまの情報は継続的に一元管理され、追客や内見などの対応履歴はスタッフ全員にリアルタイムで共有されます。 

登録された希望条件をもとに物件提案をおこない、成約後は更新時期やトラブル対応などの賃貸管理履歴に移行します。

お客さまとのコミュニケーションに、自動返信やLINEとの連携の機能を利用することもあります。

<接客業務の効率化>

内見から重要事項説明まで、遠隔地からでも自由に可能なオンライン接客と、郵送や対面、印紙の貼付を要しない電子契約は、業務の効率化、コストダウンに大きく貢献します。

お客さまへのサービス向上としても効果が高いため、急速に普及が始まっていますが、法的にも対応が進み、2022年は電子契約元年と呼べる年になるでしょう。

紙の書面をデータ化することによって保管場所も取らず、検索参照も容易で、クラウドからアクセス可能になるためテレワークも促進できます。

不動産管理システムの導入事例~活用と成功~

では、実際に不動産管理システムのメリットを活かした不動産会社様の成功例をご覧ください。 

不動産管理システムの導入事例~活用と成功~

<ローカルSEOで1位を獲得し反響は月に50件>

ある業者様は管理システムのサポートと共同でSEOを詰め、反響分析を参考にしながら「お客さまの見やすいホームページ」を目指し改善を継続されたそうです。

その結果、「〇〇市 不動産」で1位表示となり、反響は日に日に増えて、現在月間50件前後まできたとのこと。

大変な成果ですね。

ブログでは、お客さまのあまり触れることのないような不動産の知識や、地元に関する情報を発信し、お客様からの信頼も得ることができました。

<追客など業務の効率化にフル活用し、管理戸数を増やせた>

ポータルサイトへの入力、メンテナンスがワンクリックで可能なことや、メールのテンプレート利用で、物件更新の時間が半分程度に短縮されたケースもあります。

チラシの作成などは機能のわかりやすさ、柔軟性があり、パワーポイントよりも、出来栄えも作業効率もいいという評価です。

広告出稿機能も物件出稿時間を削減できて、さまざまな時短効果から、今までの人員数のまま管理戸数を増やすめどが立ちました。

<正確な追客を実現する顧客管理機能>

顧客管理機能を追客に活用され、不動産管理システムのマッチングメール機能で、担当者が不在でも追客を正確に確認のうえ、条件に合う物件情報をお届けできたそうです。

これまでは対応の遅れや、最悪の場合、対応もれもあったため、現状では成約率を上げることができました。

内見予約もWEBからに統一することで、履歴を残せ、オンラインでおこなったかや、どの仲介会社様がいつ内見を設定されたか、などがすべて確認できるようになったそうです。

物件確認は自動応答で電話を減らして業務効率アップをはかれ、空室一覧をワンクリックで出力して仲介会社様に即対応でき、時短につながりました。

不動産管理システムをご紹介

それではここで、不動産管理システムをいくつかご紹介しましょう。

不動産管理システムの比較

<マルチユース V3>

マルチユース V3(武蔵株式会社)は、売買仲介専門のシステムです。

物件入力の仕様が柔軟で、戸建て、マンション、土地などシームレスで登録可能で、居住用物件、事業用物件などの制限もありません。

多数の機能のなかから選択して実装する方式で、自社の環境に合わせてプログラムのカスタマイズ依頼も可能です。

価格:機能選択で決定

<賃貸革命>

賃貸革命(日本情報クリエイト)は、賃貸仲介管理のシステムです。

登録された物件情報は広告、契約、家賃、修繕などさまざまな業務に2次活用されるのはもちろんのこと、自社ホームページやポータルサイトへの連動も可能になっています。

入居者と管理会社のコミュニケーションアプリや、物件の巡回管理機能など、物件管理、入居者管理にも充実したオプションが準備されています、

価格:お問い合わせ(オンプレミス版、クラウド版の2種あり)

<賃貸名人>

賃貸名人(ダンゴネット)は、導入企業5,500社以上の賃貸管理ソフトです。

物件情報管理、更新手続き、修繕・クレーム・問い合わせ履歴、入金管理などの管理業務全般の豊富な機能がそろっており、サポートも充実しています。

その他光熱費の料金出し、保証会社とのデータ連動や、金融機関との連動をおこなうファームバンキング機能などもあります。

料金:198,000円/1台用~

<いえらぶCLOUD>

いえらぶCLOUD(いえらぶGROUP)は、導入実績12,000社以上の、賃貸、売買、仲介、管理すべてに対応する不動産総合管理システムです。

最新の不動産テックをフル活用して「結果を出す」ためのパッケージとして、サポートやコンサルを重視したサービス構成で、「導入後も手厚い」と好評です。

機能が非常に多く、それを十分に使いこなせるようにサポート体制が充実しているほか、操作も簡単で直感的にできるよう設計されています。

業務の効率化については、最大で「70%の業務が削減可能になった」というデータもあります。

お見積りはこちらから可能です。

>>いえらぶCLOUDのプラン・料金│お見積り

ここまでご紹介してきた必要な機能、活用ポイントをカバーし、IT化による業務の効率化と集客を図るシステムとして、「いえらぶCLOUD」をおすすめします。

業務の効率化だけではなく、システムの機能や最新の不動産テック事情に常に対応するためのサポート体制と、集客に強いホームぺージ制作で反響につなげます。

導入時最大150万円のIT補助金申請のサポートもおこなっています。

>>いえらぶCLOUD 機能・サービス一覧

まとめ

不動産管理システムとはなにか、機能のご紹介、活用事例やおすすめのシステムなどをご紹介しました。

集客を増やすこと、業務の効率化、顧客サービスの向上、この3つを実現するために、不動産管理システムは強力なパートナーとなります。

自社に合ったものを選択されたうえで、有効活用を目指しましょう!

>>いえらぶCLOUDとは?不動産業務のすべてを楽にするオールインワンシステム

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。

記事一覧へ

Related articles関連記事