集客

不動産会社を経営して儲けるなら知っておきたい賃貸業や仲介業を解説

不動産会社を経営することへ興味があり、長期的に稼ぐことができるのか、不動産会社を経営するなら賃貸業と仲介業はどちらがいいのか悩む方もいるでしょう。

今回の記事は「不動産会社を経営しようと考えている方」へ向けて、仲介業と賃貸業の特徴や収益などの内容を解説しますので参考にしてください。

不動産会社を経営後の年収と賃貸業と仲介業の特徴

不動産会社の経営に興味があれば、年収や賃貸業と仲介業について気になる方も多いと思いますので、具体的に解説します。

不動産会社の賃貸業や仲介業の特徴を知ることで、不動産会社を経営するための検討材料になりますので、参考にしてください。

不動産会社を経営後の年収と賃貸業と仲介業の特徴

<不動産会社を経営した際の年収について>

不動産会社を経営する際に気になるのは「年収」について、どのくらい稼ぐことができるのか解説します。

年収の結論は「約600万円」となります。

意外と年収は高くない印象を受けますが、不動産会社を経営した当初は「事業が安定していないこと」「お客様の信頼獲得まで至っていないこと」が考えられます。

しかし、不動産会社を経営した当初でも、戦略をしっかり立てることで大きく年収を増加させることが可能です。

<不動産会社を経営して儲けるには?>

不動産会社を経営して儲けることは「可能」です。

開業した当初は、新規顧客の集客や営業活動で大変になりますが、戦略を立ててしっかり儲けられるようにしましょう。

経営して儲けるためには、事前にしっかり儲けるための戦略が必要になりますので、不動産会社を経営して具体的な競合他社との差別化や、自分の会社や営業マンにしかない魅了を作ることもおすすめです。

不動産会社を経営して儲けるポイントは「賃貸業」「仲介業」で儲けを確保する必要がありますので、それぞれの特徴を解説します。

<不動産会社を経営した後の業種①賃貸業>

不動産会社を経営した後に年収を安定させるための大切な業務となりますので、賃貸業のことをしっかり理解しておきましょう。

賃貸業の特徴を下記にまとめます。

賃貸物件をお客様へ紹介

物件仕入れから登録業務

賃貸物件の内覧業務

賃貸物件の契約業務

賃貸業は、比較的安定収入に繋がりますので、不動産会社を経営するなら外すことはできない業務になるでしょう。

賃貸業で既存物件の紹介をおこないながら安定収入を確保し、他の業務である「仲介業」の業務をすることが理想です。

<不動産会社を経営した後の業種②仲介業>

不動産会社を経営するなら仲介業も外せない業務になり、事業の収入を安定させるためには必要な業務です。

仲介業の主な特徴は「不動産売買」を主とした業務になります。

仲介業の特徴は、大きな収入を見込めることにありますが、継続的な安定収入になりにくい点が考えられます。

仲介業は仲介手数料が大きく入ることが見込めますが、収入となるまでの時間と手間を要することになり、負担が大きくなります。

しかし、仲介業で安定的な収入を見込めるようになると、大きく不動産会社の業績を増加させることが可能です。

不動産会社を経営後の賃貸業と仲介業の始め方

不動産会社を経営して賃貸業と仲介業を始める前に必要な「資格」「初期費用」「ステップ」について解説しますので、参考にしてください。

賃貸業と仲介業ではそれぞれ必要になる資格や初期費用が異なりますので、事前に知っていると対策ができるでしょう。

不動産会社を経営後の賃貸業と仲介業の始め方

<不動産会社を経営するのに必要な資格>

不動産会社を経営するために必要な資格は「宅地建物取引士」です。

宅地建物取引士の資格を取得しているとお客さまへの「重要事項説明」が可能になるので、不動産会社を経営するために必要な資格になります。

宅地建物取引士の資格の取得方法は、毎年7月に募集開始され、同年10月に試験、同年12月に合格発表となり、無事に合格すれば宅地建物取引士として業務可能です。

<不動産会社を経営するための費用>

不動産会社を経営する前に知っておきたい費用について、気になる方も多いでしょう。

結論は「約400万円」ほど必要になります。

不動産会社を経営するために必要になる事項は、以下のとおりです。

事務所の開設費用

全日本不動産協会などへの加入費用

その他諸経費

事業が安定するまでの生活費

不動産会社を経営するなら、最低限の必要になる費用はしっかり把握しておきましょう。

<不動産会社を開業するステップ>

不動産会社の経営が決まれば、実際に開業するまでのステップを解説しますので、参考にしてください。

開業予定の事務所を選定する

不動産会社の法人登記をおこなう

宅地建物取引士の資格取得

各種協会への加入

開業

上記のステップで不動産会社を開業しますので、しっかり把握して開業までスムーズに進むようにしましょう。

スムーズな開業ができれば他の業務に専念することができ、効率的に営業活動やシステム導入の検討などの時間を作ることが可能です。

<不動産会社を経営することは資格のみで誰でも可能>

不動産会社を経営するとなれば、専門知識が必要になることや、扱っている金額が大きいことから、経営が難しいと考える方もいるでしょう。

しかし、「宅地建物取引士」の資格取得で開業が可能で、開業資金があれば誰でも挑戦が可能になるのも不動産業界が魅力的である理由の一つです。

不動産会社の経営に興味があるなら、挑戦して大きく稼げるように努力をしてみましょう。

不動産会社経営において失敗する理由やケースについて

不動産会社を経営する際に考えなければならない、賃貸業と仲介業の「失敗」や「リスク」、そして「集客」について具体的に解説をします。

失敗とリスクを知っておくことで、倒産するリスクを軽減させることに繋がり、事前に対策をすることが可能になりますのでしっかり理解しておきましょう。

集客については、不動産会社で継続的な収入を得るためには必ず必要になる要素で、経営をする前から集客方法など検討することがおすすめです。

不動産会社経営において失敗する理由やケースについて

<不動産会社を経営して失敗してしまう理由>

不動産会社を経営して儲けるために努力をしても、さまざまな理由から倒産してしまうことも少なくありません。

倒産する理由として、集客ができずに会社の売り上げが減少し倒産に追い込まれることもあります。

上記の理由で倒産することがないように対策は重要ですが、リスクが大きく失敗をしてしまうケースもありますので、ご紹介します。

<不動産会社を経営した後のリスク>

不動産会社を開業するまではスムーズにできたとしても、経営を継続することが困難で倒産してしまうことがあります。

多くの場合は「資金不足」による倒産が圧倒的です。

そのほかのリスクは以下のとおりです。

固定費が多い

初期投資が多い

銀行融資の返済が滞る

資金不足の問題は不動産に限らず、会社を経営している場合は、必ず考えなければならない問題です。

会社を継続させるためには運転資金を確保する必要がありますが、どのような原因で倒産してしまうのかケースを紹介しますので、参考にしてください。

<ケース①資金が不足している状態で経営する>

会社を経営する前はさまざまな資金が必要になりますが、不動産会社を経営したい希望だけで入念な資金計画もなく経営するのは危険です。

不動産会社を長期的に経営していくなら資金問題は必ず付き纏う問題のため、資金不足の状態で経営することはないようにしましょう。

<ケース②集客で新規顧客の獲得ができていない>

集客は不動産会社の売り上げに繋がる大切な業務になるので、集客がうまくできないと会社の売り上げも減少します。

不動産会社の売り上げを増加させるには、集客に力をいれて取り込むことで、リスクや失敗する可能性を下げることが可能になります。

そこで、集客で反響が取れる方法として「いえらぶCLOUD」のサービスを利用することがおすすめです。

特徴を下記にまとめます。

月間350万PVを誇るいえらぶ物件検索(ポータルサイト)に掲載できる

反響獲得にこだわった不動産ホームページを作成できる

業務支援システムで仲介から管理まで、幅広い業務の効率化が可能になる

顧客管理システムで追客業務の効率化と来店率アップを実現できる

会社の売り上げを安定させるための集客に必要なシステムの導入や、資金不足の状態でも可能ないえらぶCLOUDのサービスを利用することが効果的です。

集客で悩んでいる場合は、いえらぶCLOUDのサービスを導入して新規顧客の獲得に注力することで会社の売り上げをアップさせることが可能です。

>>いえらぶCLOUDのサービス一覧

>>いえらぶCLOUDの導入事例

まとめ

不動産会社を経営する前に知っておきたい資金や資格、そして失敗するリスクについて解説しました。

不動産会社を長期的に経営していくなら、集客を効率的におこない、売り上げを増加させる必要がありますので、いえらぶCLOUDの導入を検討してみてくださいね。

>>いえらぶCLOUDとは?不動産業務のすべてを楽にする

オールインワンシステム

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。

記事一覧へ

Related articles関連記事