【まだFAXで消耗してるの?】不動産専用インターネットFAX

不動産業とFAX

不動産業務と切っても切り離せないFAX業務

不動産業界で根強いニーズのある、FAX。
他業界から入った方には「今更FAX?」と驚かれることも少なくありません。

なぜ紙代がかからず、より手間のかからないメールではなく、FAXを利用するのでしょうか?

なぜFAX未だにFAXを使い続けているのでしょうか?

理由としては以下のようなことが考えられます。

年配の方が多い

パソコンに苦手意識があるため、メールを億劫に感じている。
昔から使い続けているFAXに慣れている。

連絡先を共有する際の手軽さ

管理会社に連絡し、図面を送ってもらう際、メールアドレスを教えるよりもFAXのほうが簡単。

FAXの方が早い

メールで文面を作って添付・・よりもFAX1通送るほうが早い。

実際どれくらいFAXを利用しているの?

不動産会社5社に調査しました。

もちろん会社規模などにより差がありますが、FAXの利用率の高さが伺えますね。

ではこれに、いったいいくらかかっているのでしょうか。

FAXのコストはどれくらいかかっている?

年間で30万円以上かかることも

・複合機を使ったFAX料金(月間250枚送付と仮定)
・FAX料金 :20,000円
・月額費用 :2,500円
・通信料金 :2,500円
・FAX料金 :175円
・FAXトナー料金 :850円
→合計:26,025円 /月

※参照:インターネットFAX総合情報 http://internetfax-it.com/fax_price.html

年間で30万円と考えると、コストとしてもバカになりませんね。

他にもデメリットがたくさん

FAX送信は作業時間が長い

さらにネックになるのが作業時間です。
大量のFAXを送るときは複合機の前で待ちぼうけなんてことも。

G3規格のFAXモデム(14,400bps)の場合、A4サイズのビジネス文書を1枚送信するだけで約1分かかります。
250枚で250分(約4時間)もFAXと向き合っていることになります。

他にも
・外出中には閲覧、送付できない
・以前儒送信したFAXを探すのに時間がかかる
などの課題もあります。

実はこれを解決する方法があるんです。

インターネットFAXで効率化&コスト削減

インターネットFAXとは

"インターネットFAX(ファックス)は、従来のFAX機のように電話回線を使うのではなく『インターネット回線』を通じてFAXのやり取りを行うFAXの仕組みです。 インターネット回線を利用するので、送られてきたFAXをパソコンで受信したり、パソコンで作成したデータを相手先のFAX機へ送信する事などが可能となります。"
http://faximo.jp/internetfax/

インターネットFAXはメリットが多い

一般的なFAXに比べ、以下のようなメリットが考えられます。

・外出中でも送受信可能
受信したFAXは自動でデータ化され、PCやスマホで閲覧が可能です。外出中でも対応することが出来ます。
外出の多い営業マンには重要です。

・FAXの管理を効率化
データ化されているので、名前などで簡単に検索が可能です。 送受信の記録も残り、管理がしやすくなります。

 

インターネットFAXの費用は?

通常FAXの1/10程度の費用

まず機器が不要のため、初期費用がほとんどかかりません。設定費用の数千円~数万円が一般的です。
・ランニングコストFAX用紙やインクなどの消耗品にかかる費用が不要なため安価です。月額1000円前後が一般的です。
・FAX送受信料
電話回線ではなくインターネット回線を利用するため送受信ともに低料金です。

通常のFAXに比べ、約1/10程度の費用で済みます。

不動産専用のインターネットFAXなら更に便利

業務に沿った便利機能

・ワンクリックでFAX専用の空室・物件一覧や物件確認シートを作成
・送付状のテンプレも用意
・不動産会社リストが用意
など不動産業務に寄り添った便利機能もあります。

いかがでしょうか。
この機会にインターネットFAXを導入し、業務の効率化とコスト削減を実現しましょう。

会社間流通
物件情報を入力後、会社間流通に掲載され、管理物件の空室対策に効果的

関連記事
物件確認はどこまで楽にできるのか?まずはFAX送信の簡略化

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事