WEB

不動産業界でAIを活用するメリットとは?導入の方法についても解説

ニュースメディアなどで、AIという言葉を聞かない日はないくらい、AIは身近に迫ってきている感があります。

不動産業界も、AIを活用して業績を上げていく状況が、実際に始まりました。

そこで今回は、不動産業界でAIを活用するメリットとはどのようなものかや、導入の方法についても解説します。

AIを利用して業務効率化をお考えの方は、ぜひ最後までお読みください。


物件登録と広告出稿

AIと不動産業界とは?

AIと不動産業界とは?

まず、AIがどのようなものかと、不動産業界の現状をご案内します。

AIとは?

AIとは「Artificial Intelligence」の略で、日本語で人工知能です。

「考えて判断する」という作業を、ソフトウエアのプログラムで人工的に再現したもので、それらの過程でプログラム自体が経験を積み、学習もおこないます。

その結果、プログラムの出力する結果は経験を重ねることで精度と柔軟性を高めて行きます。

AIには当初からなるべく大量の情報を与えることも大事なのですが、逆に人間の脳では取り込みきれない情報を処理して答えを導くのも、AIのありがたみと言えるでしょう。

AIができること

現在AIでできるとされている代表的な作業は以下です。

物、図形、人の認識、区別
言葉、会話、文章を理解して作成する
環境変化に対応した機械などの自動制御
データの分析や、それをもとにした予測

仕事には、AIにとって代わられるもの、AIで得られた結果を修正するもの、人間にしかできないものの3種類があります。

不動産業界の顧客の変化

AI導入のメリットの前に、不動産業界のAI導入が進んでいる背景はどのようなことでしょう?

以前は、お客様が不動産会社を選ぶ基準は会社の歴史がある、地元密着、会社としての信頼度が高いことなどでした。

現状ではそれが大きく変わって、自分で選んだ物件に近い物件のストックが多いか、丁寧に対応してもらえるかなどです。

それにくわえて、自社ホームページの掲載内容の写真や文言が充実しているかが、物件選びの決めてとなります。

つまり、インターネット上に公開している物件ほかの情報の充実度を上げるために人力を割く必要が高まり、業務効率のアップが必須と言う状況になりました。

この業務負荷をカバーしてくれるのが、AIの技術です。


物件登録と広告出稿

不動産業界にAIを導入するメリット

不動産業界にAIを導入するメリット

不動産業界にAIを導入することは、どのようなメリットをもたらすでしょうか?

業務効率化の推進

定型の業務をAIで極力自動化していくことで、業務効率化のメリットが大きくなっていきます。

また、自動化があまり検討されなかったような分野でも、査定などで大量のデータから一定の答えを導き出すための補助的な役割も期待できます。

AIは疲労せず、業務のムラもなく、ヒューマンエラーを起こすこともありません。

業務効率化ができた分、集客や成約を増やす方向に仕事を変化させていく事が大きなメリットとなります。

労働環境の改善

不動産業界に限らず、労働力不足による働き方改革の推進は、国を挙げてのテーマとなってきました。

「この作業をやるときは残業確定」「自分しか分からないから、休日も仕事の電話やLINEが止まない」などの状況が、日本中の企業で展開されてきました。

政府も法改正などによってさまざまな業務フローの改善をあと押ししていますが、企業内で変わらなければ、改善は難しくなります。

実際にいえらぶCLOUDの導入によって、物件データ更新や帳票出力のための定常的な残業が激減したというお声を、数多く頂いています。

事業のリスク回避

AIの大きなメリットは、平均化された答えを出せる点です。

ビジネス上の判断は、ときに独創的なものも求められますが、データ分析やシミュレーションは、エリアや顧客の実情を正確に浮き彫りにする必要があります。

そのうえで、空室や修繕、仕入れなどの際に、リスクを極力抑えた平均的な回答は何かを知っておくのは大事な点です。

AIのデータの扱い方は、ビッグデータの扱いや学習機能をとおして、精度の高い分析やシミュレーションを得られるのです。


物件登録と広告出稿

不動産業界でのAIの活用事例

不動産業界でのAIの活用事例

では、自際に不動産業界でAIを活用している事例をご紹介します。

売却額査定にAIを活用

売却物件の査定に、AIを活用することが可能となっています。

機械学習にエリアや変動する価格相場に関する情報を入力することで、売却額を算出します。

さら売主のお客様の事情や希望を加味して、売り出し価格を設定すれば良いだけとなるのです。

現状ではレインズのデータが機械学習に活用できない状態のため、各システムで情報源を工夫して運用されています。

しかし、国土交通省も、情報項目を増やし、共有の汎用性も高めた新世代のレインズの構想や社会実験を開始しています。

この新レインズが実用化されると、物件査定のAI利用は一気に普及が進むことでしょう。

仲介業務にAIを活用

業務支援システムではお客様への物件の提案に、AIを利用してマッチングをおこなうことは、現在普通になっています。

お客様から得た希望条件やさまざまな情報と、物件の情報をマッチングさせる技術は、データ量に比例して精度を高め、人の手で選び出すより短時間で正確です。

また、追客時のメール送付のプランニングや送付自動化を、AIが担当することも可能になっています。

そのほかに、成約後の契約業務の自動化は、契約関係の書類作成や送付にも及びます。

単純作業にAIを活用

物件や顧客データ入力などの単純作業や、そこから一歩踏み込んだ文章の作成、画像の選択、図面の出力などの業務は、AIのサポートで大幅な時間短縮が可能です。

広告表現のチェックも、最新の各種法規を学習したAIが、問題箇所を抽出します。

一例として、インターネットで公開する物件の画像カテゴリ情報の登録の自動化をご紹介します。

画像カテゴリは検索エンジン対策にも大きな意味を持つ大事な項目なのですが、カテゴリを入力する作業は、多数の件数をこなす必要がある際は、どうしても後回しにされがちです。

いえらぶCLOUDのらくらく画像AI判定ロボは、カテゴリ未登録の物件を自動抽出のうえ、画像の内容から自動でカテゴリを判定して登録し、作業時間を90%短縮します。

>>らくらく画像AI判定ロボ

このほか、顔認証や、文章の自動作成、自動校正などの機能が、単純作業の大幅な負担軽減を実現します。

不動産業界のAI導入には、いえらぶCLOUD!

AI導入の決め手として、業務の自動化をサポートする「いえらぶCLOUD」のRPAらくらくロボシリーズ機能の導入をおすすめします。

入居者データや物件データ、トラブル履歴、出納など賃貸管理に関するデータをすべて一元管理し、社内の関係者全員で共有することが可能です。

らくらく画像AI判定のほか、物出しの自動化、物件おすすめコメントの自動生成、物件確認の自動化、ワンクリックの広告添削や帳票作成など、AIをフル活用した自動化をおこないます。

AIロボットの生産性は、単純作業や参照データのある作業の場合、人がおこなった場合の9倍に達すると言われています。

>>RPAらくらくロボシリーズ

不動産ソフトのRPA機能とは?業務の効率や精度を高める仕組みについて解説

賃貸管理機能のみでなく、いえらぶCLOUDは賃貸借、売買のすべての不動産業務支援機能を網羅し、さらに進化し続けるオールインワンパッケージです。

自社ホームページやブログの構築、各種ポータルや業者間流通との連動など、集客力アップに欠かせない機能で、売上アップもサポートします。

導入後もサポート&コンサルの役割を担う専門スタッフが、1社1社のご利用状況や、不動産業界の動向に合わせてサポートをおこないます。

※下記リンクより、いえらぶCLOUDの無料資料ダウンロードをどうぞ!

>>いえらぶCLOUD 機能・サービス一覧


物件登録と広告出稿

まとめ

不動産業界でAIを活用するメリットとはどのようなものかや、導入の方法についても解説しました。

不動産業界のAI導入の強力なパートナーとして、ぜひいえらぶCLOUDの導入をご検討ください。


ゴマキ補助金_450万

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事