集客

不動産会社のマーケティング方法は?Web広告やコンテンツマーケティングについて解説

市場に向けて集客をおこなうマーケティングは、時代の流れ、技術の進歩で変化しています。

不動産のマーケティングも、市場の変化も加わり新しい手法が登場しました。

そこで今回は、不動産会社の最新のマーケティング方法とはどのようなものか、Web広告やコンテンツマーケティングについて解説します。

最新のマーケティング方法の導入で集客をおこないたいとお考えの方は、ぜひ最後までお読みください。

今よりもっと反響を増やしたい

不動産市場の変化について

不動産市場の変化について

まず、不動産市場の変化について、ご説明をします。

人口減少による競争激化

少子高齢化に伴う人口減少で、進学、就職、結婚にともなう賃貸者の市場需要が減少し続けており、さらにこの先30年で約2割の人口が減少するという予測もされています。

また、コロナ禍と不景気によって都市部への人口集中に歯止めがかかることとなり、通勤や通学も地元、あるいは地元からの遠距離を選ぶ方が増えました。

いままでは、「良い物件は早い者勝ち」で、オーナーも空室が埋まらない状況に悩むことは少なかったのですが、状況は変わりました。

お客様は志向や都合に合わせてじっくり物件選びをする余裕を得た半面、不動産会社は物件や自社の業務の特徴をお客さまにアピールすることが必要となりました。

まずこのことで、マーケティングの重要性がより高まったのです。

利用メディアの変化

従来のチラシや街頭看板、テレビ、新聞、雑誌などの広告媒体からパソコンを経て、スマートフォンへと移行してきています。

また、この20年で急速に割合を増したインターネットは、ホームページに始まりブログ、SNSと、新たな特性を備えたメディアの数を確実に増やしています。

あるアンケート調査で20代以下から50代に到るまで9割以上がインターネットで住まい探しをしたと回答しています。

そしてそのなかでも近年急速に利用が増えているのがスマートフォンです。

住まい探しのような大きな買い物のために、あのような小さな画面のスマートフォンで意思決定から申し込みまでをおこなうようになるとは、以前は誰もが予想困難でした。

そして、このような利用メディアの変化も、マーケティングの在り方に影響を及ぼしました。

接客のあり方の変化

そして、お客様が物件がある程度絞り込めた段階からは、非接触のやりとりを望まれる傾向が非常に強くなっています。

アンケート調査で、約70%の方が「電話や来店ではなく、極力ネット上のやりとりだけで住まい探しを完結できる不動産会社が希望」と答えられています。

たしかにメールやSNSでのやりとりは自分のことがや相手の送信内容について丁寧に考えやすいです。

さらに、以前の記録を振り返るのもかんたんなので、今までの経緯も踏まえながら、用件を伝え合う手段として非常に適しています。

今よりもっと反響を増やしたい

デジタルマーケティング施策について

デジタルマーケティング施策について

インターネットのなかでも、さらに新しい広告メディアの登場にともなって変化した広告スタイルとは、どのようなものでしょうか?

SNS広告

SNS広告とは、TwitterやFacebookなどの投稿のタイムラインに自社広告を流し、物件や自社の認知度を上げるやりかたです。

SNSでは、ある記事が急速に拡散する「バズる」現象や、あるジャンルで発言が影響力を持つ「インフルエンサー」の存在が特徴です。

YouTubeやTikTokで賃貸物件を面白おかしく紹介していたところ、突然その投稿がバズった担当者の方がいました。

その結果「あの人に物件案内してほしい」「相談したい」など、その担当者はインフルエンサー化して売り上げが大幅にアップした例があります。

興味を持ってもらえるものを」と地道に投稿を続けた結果が実を結んだ例と言えるでしょう。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、ポータルサイトなど不動産関連のWebサイトやアプリに自社の新着物件案内などの広告を表示させ、直接コンバージョンをうながす手法です。

コンバージョンとは不動産の場合物件の問い合わせや申し込みをさし、これらの反響を直接受けるページのことをランディングページと言います。

このランディングページは、googleなどの検索結果に直接表示させる手法も、盛んになってきています。

このディスプレイ広告は、現状は動機のそこまで深くはない潜在層のユーザーにも幅広く訴求でき、見込み顧客の形成に役立ちます。

動画広告

動画広告とは、YouTubeやInstagramのストーリーなどで不動産に関する知識や情報、新着物件の内見ツアー動画などを掲載する広告です。

視覚的に訴求でき、情報をわかりやすく伝える効果が高いです。

ここまでご紹介したデジタルマーケティング施策の手法は、SNS広告や動画広告に関しては出稿の費用はかかりません。【2022年最新】不動産業界のマーケティング手法の変化。有効な施策と課題を紹介

もっとも重要なのは、自社ホームページとブログ

上記の新しい手法の登場後、もっとも重要なデジタルマーケティング施策は、自社ホームページとブログと言えるでしょう。

基本的なデジタルマーケティング施策として、以下の内容について継続して記事公開します。

・自社の得意分野、強み
・安心して相談に乗ってもらえる体制があること
・エリアや住まい選びほかの不動産に関する知識
・物件紹介

これらの内容を見て、お客様はその不動産会社に住まい探しを依頼するかどうかの参考にします。

今よりもっと反響を増やしたい

いえらぶCLOUDでコンテンツマーケティングを!

いえらぶCLOUDでコンテンツマーケティングを!

いえらぶCLOUDは技術だけではない、不動産に特化した最新ノウハウでコンテンツマーケティングをサポートします。

集客とSEOのに強い不動産専門の記事制作代行

どんなコンテンツマーケティングも、継続のためには記事作成の労力は不可欠です。

しかし、日常業務の中でそれらの時間を捻出するのは大変なことです。

そして、ただ無作為に多くの記事を作成するのではなく、「ホームページから集客するため」に特化した記事が必要になります。

いえらぶCLOUDでは過去12,000社に及ぶお取引を通じた「不動産とIT双方のノウハウ」を活かし、それらを満たす記事を「不動産専門の記事制作代行」という形でお届けいたします。

複雑な慣習や法令などで難易度の高い不動産関連の記事制作も、安心しておまかせいただき、Webコンテンツ運用の手間を限りなくゼロにいたします。不動産会社のブログの重要性は?集客できる記事や執筆代行について解説

反響分析による施策へのフィードバック

コンテンツマーケティングの要素として欠かせないのは、現状の分析と、そのフィードバックかと思います。

たとえば反響の多かった間取りタイプはどれか、エリア別、路線別、価格帯別など条件ごとの反響数をチェックし、どのタイプの物件を推していくかの指針にできます。

また、ポータルサイトごとの反響数から反響単価の算出や反響数、来店数、契約数をチェックできる、より効果的な広告掲載をおこなえます。

サポートとコンサルティング

いえらぶCLOUDのご利用に関しては、ホームページの運用から広告掲載等まで、専門スタッフがサポートさせていただきます。

弊社ならではのノウハウや知識を熟知したスタッフによるコンサルティングは広く信頼いただいております。

些細なことでもお気軽に専用窓口までお問い合わせをいただければ、貴社の特性やインターネットの動向も合わせてサポートチームが対応させていただきます。

※こちらからも詳細をご覧ください!

>>執筆代行

>>反響分析

>>サポート・コンサルティング

いえらぶCLOUDは不動産オールインワンシステム

顧客管理機能のほか、いえらぶCLOUDは売買、賃貸借の不動産業務のすべてを対象としてオールインワンシステムです。

顧客データ、物件データの一元管理により、あらゆる業務の時短と効率化を実現していきます。

※下記リンクよりいえらぶCLOUDの機能をご確認いただき、無料相談や資料ダウンロードをどうぞ!

>>いえらぶCLOUD 機能・サービス一覧

今よりもっと反響を増やしたい

まとめ

不動産会社の最新のマーケティング方法とはどのようなものか、Web広告やコンテンツマーケティングについて解説しました。

充実したコンテンツマーケティングを通じて、反響と売上のアップに貢献するいえらぶCLOUDを、ぜひご検討ください。

ゴマキ補助金_450万

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事