リーシング

不動産のおすすめの空室対策は?ターゲットや設備の見直しについて解説

コロナ禍や、都市一極集中が穏やかになってきたことで、都市部を中心に、賃貸物件の借り手市場化が進んでいます。

とくに狭小面積や、駅から遠いなどの物件は不利となっているようですが、どうにかして対策をしたいものです。

そこで今回は、不動産のおすすめの空室対策について、ターゲットや設備の見直しなどを例に解説します。

電話対応しかしてない

空室対策のために、ターゲットの見直しをおこなう

まず、空室対策のためにおこなう新たなターゲット設定をご案内します。

<ターゲットの見直し>

以下のような、どちらかというと敬遠しがちだった、あるいは想定していなかったターゲットに目を向けてみましょう。

・高齢者

・若い子育て家族

・リモートワーカー

まず、いままではニーズがあまりないうえ、敬遠もしがちだった高齢者の方の受け入れです。

団塊世代のリタイアにともなって、駅から離れた戸建の広さや、管理を持て余し、自宅の不動産は売却したり貸し出して、他に移りたいニーズが増しています。

しかし、自分の子供家族との同居は、気兼ねしてしまう方がほとんどです。

それから、生活音が大きく、受け入れをためらっていた若い子育て家族は、今後も賃貸物件の確かなニーズである一方、入居者の方で気を遣ってしまう状況がありました。

そして、コロナ禍で顕著になったのが、リモートワーカーの存在です。

もともと、現在の20歳代の人は、家財も少なく広い居住スペースを必要としない傾向にありましたが、リモートワークですこし事情が変わりました。

広さとは違いますが、自宅内で仕事やリモート会議をする空間と、プライベートの空間を分けたいというニーズが生まれました。

これらの新しいターゲット像に合わせて工夫して募集することで、空室対策をおこなうのです。

<ターゲットに合わせた配慮>

高齢者の方が賃貸物件を利用するうえで、もっともカギとなるのがバリアフリー対策です。

玄関土間の広さ、廊下などの滑りにくさ、部屋間の段差、浴槽と洗い場の段差、手すりなどの対策が可能か検討しましょう。

最近は見守り装備も安価に導入できるほか、助成金、終身建物賃貸借契約など高齢者受け入れを支援する制度もあります。

子育て家族は、上階より人気がない反面、生活音が響いても気兼ねが少ない1階への入居が喜ばれます。

子育てやセキュリティ上で、何か配慮ができないかを検討しましょう。

高齢者とリモートワーカーは、買い物施設や医療機関などが近ければ、駅から遠い点は、あまりウイークポイントになりません。

リモートワーカーは、限られた空間内で生活のけじめを求めますので、パーテーションや、簡単なワークスペースを備えるのも良いでしょう。

ペット可も空室対策となりますが、ただペットOKにするだけでなく、傷つきにくい壁や床、散歩のあとに使える水道など、ちょっとした配慮が、成約率を高めます。

<新たに差別化する方法>

このほかにも、不動産物件のウイークポイントをカバーして客付けを有利にする方法はいくつかあります。

築古の物件は、和のテイストを活かしてレトロな魅力を活かすかんたんなリフォームをおこなって、満室にしている例があります。

このほか、お部屋の使用について取り決めをしたうえで、退去時原状回復なし、内装のDIY自由とし、前の賃借人の退去時のまま貸し出すことで人気が出た例もあります。

このほか学生さんや単身赴任の方には、家具家電付きが効果があります。

都市部の共働き夫婦向けに、定期的なお部屋の掃除と片付けサービスが申し込めるようにしたところ、空き待ちができたケースもあります。

電話対応しかしてない

空室対策のために、設備の導入を検討する

設備の導入はコストがかかる反面、空室対策とすることができます。

空室対策のために、設備の導入を検討する

<設備導入の際もターゲットを考えて!>

部屋がなかなか埋まらない中、設備投資を考えるのは、出資者である不動産物件オーナーにとっては苦渋の選択です。

しかし、むやみに設備を新しくするだけでは、誰に喜んでもらうのかがはっきりせず、空室対策につながらない可能性があります。

ターゲットによって求められる設備は変わるため、誰に向けて物件をアピールするのかを最初に決めてから、設備導入を検討しましょう。

<効果的な設備導入の例>

たとえば、独り暮らしの女性社会人に効果的に訴求する設備は、モニター付きインターフォン、宅配ボックス、温水洗浄便座の3つです。

都心のワンルームが苦戦する中、この3つを備えた女性専用物件は、比較的決まりやすかった例もあります。

このほか、女性に喜ばれるのは24時間ゴミ出し可や、共有部分が充分に明るいことです。

効果的な導入ということでいえば、周囲の差別化する方法もポイントとなるでしょう。

周辺物件があまり導入していないセキュリティや、防音対策を取り入れることで効果を上げる場合もあります。

高齢の方には、可能なら室内の温度が水回りまで均一に保たれるようなしくみ、あるいは脱衣所や浴室を温める設備や方法があれば安心でしょう。

設備ではありませんが、高齢の方が多い場合は、コミュニティやイベントがあれば、差別化する方法となる可能性もあります。

ファミリー物件では、大きくて使い勝手のいい収納が重宝されるので、改修を検討するのも良いでしょう。

<最近人気の設備とは?>

最近どのようなターゲットにも喜ばれる設備は以下です。

・インターネット無料

・オートロック

・宅配ボックス

・浴室換気乾燥

インターネット無料は、テレワークでまた注目を集めています。

しかも最近、集合住宅用の光インターネット設備の工事費用や月額利用料が大きく下がり、導入を検討する物件オーナーが増えました。

物件選びの際に、予算より少し高いけれど、インターネット無料だからここにしようというケースもよくききます。

浴室の換気乾燥は、浴室内のカビを防ぐことにもあるので、物件保全のメリットもあると思われます。

電話対応しかしてない

いえらぶBB~空室情報をリアルタイム公開しよう!

いえらぶBBの会社間流通機能は、空室情報のリアルタイム共有で、即埋める!アクションを実践できます。

いえらぶBB~空室情報をリアルタイム公開しよう!

<いえらぶBBとは?>

いえらぶBBは、無料で利用できる不動産業者向け流通プラットフォームです。

12,000社以上が使う基幹システム、いえらぶCLOUDと連動しているため、リアルタイムで正確な物件情報の流通が可能です。

すばやい空室公開が、空室対策につながります。

<会社間流通のメリット>

空室として流通した情報は、ポータルサイトにワンクリックで転載され、業界トップクラスの客付スピードを実現します。

「今すぐ客付したい!」物件の情報を、仲介会社様に一括でファックス・メール配信も可能です。

住所や最寄駅から紹介する仲介会社様の検索が可能なので、今までお付き合いのなかった会社様にも物件情報を紹介できます。

さらに、いえらぶCLOUDをご利用ではない仲介業者様が物件を確認するために「業者間サイト」も発行できます。

<かんたん、早い、埋まる!~利用事例~>

「野村不動産や大東建託も利用しているので、仲介の客付けに重宝する。」

「情報公開後すぐに仲介業者への連絡が終えられるので、空室対策と業務効率の両方で助かる。

「操作も簡単なため、仲介業者から好評を頂いている」

いえらぶBBのほか、いえらぶCLOUDは売買、賃貸のあらゆる業務に対応し、充実した機能をそなえたオールインワンパッケージの不動産業務支援システムです。

導入後もサポート&コンサルの役割を担う専門スタッフが12,000社導入の実績を持つ弊社のノウハウでコンサルティングをおこないます。

※下記リンクより、無料資料ダウンロードをどうぞ!

>>いえらぶCLOUD 会社間流通

>>いえらぶCLOUD 機能・サービス一覧

電話対応しかしてない

まとめ

不動産のおすすめの空室対策について、ターゲットや設備の見直しなどを例に解説しました。

さまざまな角度から空室対策に貢献する、いえらぶCLOUDの導入をぜひご検討ください。

無料で使えて即埋まる_ゴマキ

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事