集客

元FC加盟店の査定サイト以外で売却反響をとる戦略

以前の取材ではなぜFC加盟店で一括査定サイトを利用している中、自社の売却専用ホームページを作ろうと思ったのか、作成経緯を伺いました。
この度、同社はFCから脱退、新しく購入用の自社ホームページを作成。
今回の取材は2回にわけて記事を執筆いたします。第一部でFC脱退の経緯と一括査定サイトの反響対応の仕方を、第二部では自社ホームページ作成から半年たった反響の状況と運用方法について伺います。
第二部のこの記事では自社ホームページ作成から半年たった反響の状況と運用方法についてです。

今月はお話しできた数が2件

月半ばですが売却反響が9件、そのうち2名の方とご面談し、1名の方とすでに媒介契約を結んでおります。
1件目は、以前から他社でも売りに出してる物件で、問い合わせの窓口を広げるために、と弊社でも媒介をいただきました。
2件目はご高齢の方で、すぐに売りたいとかではなく、将来の事を見据えたご相談でした。
その他は、色々な事情でまずは査定価格が知りたい方が多かったです。
あと少し前に戸建ての案件がありましたね。
売ってお金がほしいとのことでホームページからお問い合わせをいただきました。
建物はその方の所有のものなのですが、土地は共有者が多い上に、自身の持分を把握していなく、その方だけでは売れない、壊すとかもできないですけど築年数もすごい経っちゃってまして。
なんとか手伝えるんだったらやりたかったんで残念です。

せっかく他社様で難しい案件だったからたまたま調べてここに来てくださったと思うので 、弊社も対応できるように精進していきます。

「名古屋市 不動産売却」やその他の細かいワードの上位表示で反響獲得

ホームページをご覧になってですね。
元々SEO対策では名古屋市港区不動産売却で検索したら上位表示されるようになってたんですけど、11月ぐらいには港区って入れずに「名古屋市 不動産売却」で検索して上位表示されていくようになってたので、そのおかげでお問い合わせが来たんじゃないかなと思います。
若い方ではなかったのですが、ホームページをご覧になってお問い合わせをいただきました。
また、他にも収益系のお問い合わせが他にもありましたね。

同社にはいえらぶで執筆したブログ記事を納品しているのですが「不動産投資 売却 残債」など投資系のキーワードで検索して上位表示されているので、こちらがお問い合わせに繋がっていました。
また、「名古屋市 不動産売却」というキーワードも「名古屋 不動産 売却」「不動産売却 名古屋」といった風に微妙に違うキーワードで検索される方もいらっしゃいますが、こういったキーワードでも上位表示されているので、港区以外の方からも認知・問い合わせに繋がっているようです。

ホームページの運用方法


※同社のブログ記事一覧ページ

ブログの更新をしています。
ブログを投稿するときに、「売却」に関係するワードを本文やタイトルにいれたり、タグづけをするようにしています。
あとはブログの内容に関係のある他のぺージのURLを本文に入れています。

そこからちょっとでもお客様が情報を拾っていただけたらと考えています。

あと、スタッフの趣味。
スタッフの1人がそういうブログとか書くのが好きでして、写真も結構とっていて、バスやおいしそうな食べ物とかの内容を書いています。
だからあんまり売却とか、不動産について書いてない事が多いですね。
なので、この記事から直接お問い合わせはないと思いますが、お客様も安心されると思います。
以前いえらぶの担当コンサルタントの方もお客様は普段不動産会社とかかわりがなく中々知らないので不安に思っていらっしゃる、だからスタッフの方の人柄がわかるブログ記事をいれていいとおっしゃっていたので、投稿しています。
Googleアナリティクスを久々にみたのですが、結構スタッフの紹介ページを見る方も多いみたいですね。
他社様も趣味などスタッフについてしっかり書いていらっしゃるので、ブログ記事だけではなくてスタッフの紹介ぺージをもっと充実させたいと思っています。

まとめ

一括査定サイトと自社ホームページを併用して売却反響の獲得を狙う同社。
ホームページは反響獲得に半年から1年ほどかかると言われている中、数は一括査定サイトに比べて少ないですが、運用半年で確実に反響数が伸びてきています。

弊社のSEO対策を強味としたHPの土台・ブログ記事の執筆納品で上位表示
同社のしっかりした運用と細やかな対応が実を結んだのではないかと思います。
今後も弊社のブログ記事執筆代行で上位表示を狙いながら、
ホームページの運用、難しい売却案件がきた際にも対応できるように尽力していきたいとおっしゃていました。

株式会社アビテナ様への取材記事一覧
少人数・地域密着型の不動産が売却反響をとる戦略
元FC加盟店が脱退後に査定サイトで反響をとる戦略
元FC加盟店の査定サイト以外で売却反響をとる戦略

売却の関連
売却の関連 大手じゃない会社が査定サイトで案件をとる秘訣  (株)不動産の窓口様(兵庫県明石市)

売却案件をとるホームページの集客戦略の資料ダウンロード



この記事を書いた人いえらぶ編集部21

このライターの記事一覧

いえらぶ編集部の期待の新人

記事一覧へ

Related articles関連記事