開業

不動産屋経営の魅力やリスクは?成功例やポイントをご紹介

新たに不動産業に取り組む方も、経験を活かして独立開業を目指す方も、「不動産屋を経営する」魅力がどんなものかの詳細は、気になりますよね。

魅力的な反面、事業にはリスクがつきものですので、そこもしっかり把握して、事前に対応したいところです。

今回は、不動産屋を経営する魅力やリスク、成功例や成功のポイントなどを解説します。


開業したいけどわからないことばかり

不動産屋を経営する魅力とは?

ではまず、不動産屋を経営する魅力の方から挙げていきますが、財務上は意外にローリスクであることがポイントかもしれません。

投資額の少なさ

不動産屋を開業するうえでの初期投資額の大まかな内容は以下のとおりです。

(一人での開業で、不動産協会に加盟した場合)

  • 法人設立費用 約24万円
  • 不動産協会加盟の入会金 130万円~180万円
  • 宅建業者免許申請料 33,000円
  • 事務所設置の初期費用 0円~20万円
  • 車両などその他諸経費 0円~200万円

およそ400万円ほどが開業にかかる初期費用になります。

車両や事務所にできる物件をもともと所有している場合は、初期費用を抑えることが可能です。

これは次項で触れるリターンの大きさを考えれば、ローリスクの範囲ととらえる人が多いのは納得できます。

また、諸事情で閉業する場合も、仲介業務中心で在庫物件を持っていなければ、清算時の返済は低く抑えられることになります。

また、在庫を持たなければ、買主への契約不適合責任の賠償も生じません。

賃貸業の場合も、投資として株式やFXなど他の投資と比較しても、不動産は利益出しに時間がかからず、利回りも高く、売買の相場が下がっても賃貸料は下がりません。

リターンの大きさ

不動産屋が一件の取り引きで得られるリターンが大きい点については、すでにご存じのとおりです。

具体的には、売買の媒介で、3,000万円の物件の成約1件で96万円、売主買主双方からの手数料授受のケースでは最大192万円の仲介手数料を手にできます。

仕入れをおこない売主となって取り引きをする場合は、相場上高額の販売益を設定できるため、さらに多くの収入となります。

賃貸の仲介では取り引き1件につき賃料1か月分、管理の手数料は賃料の5%程度と、売買より儲けは少ないですが、堅実で安定した収益となります。

独自路線を打ち出せる

不動産屋の経営は、エリア内での自社の特色を明確に打ち出すことで、集客がしやすくなり、結果に結びつく業種です。

独自のアイデアを反映させてお客さまのターゲット、エリア内で特色ある物件の取り扱い、得意なサービス内容などを打ち出し、反響を集めて成功をつかむことができます。

具体的には、「セキュリティを考慮した女子学生専用賃貸物件の扱いが多い」「売却に強く、高く売るノウハウがある」などのセールスポイントです。


開業したいけどわからないことばかり

不動産屋を経営するリスクとは?

つづいて不動産屋を経営するリスクですが、比較的立ち上げ時の経営企画の内容の差に、リスクにつながる問題がひそんでいるようです。

不動産屋を経営するリスクとは?

計画性の不足で業績が上がらない

計画性とは、当初にたてる売上などの段階的目標と、それを実現するためのスケジュールを指しますが、この計画性がなければ、仕事の優先順位がつきません。

とくに開業準備時は、法定の手続きに追われる中で並行して、自社の特色、体制、商品をインターネットなどで公開しアピールする準備が必要です。

また、法定の手続きには順序が存在しますので、手続き漏れにならないために、スケジュール作成は重要になります。

業務量と労働量のバランス配分がうまくいかない

開業の際に業界経験者の人ほどかえって、企業に所属していた時にだれかがやってくれた仕事を、開業時は自分でやらねばならないことに気づきます。

とくに開業準備と開業当初は雑務が多く、それらの業務の負担量も読み違えてしまうと、重要な集客業務にいつまでも注力ができないことになりかねません。

仲介の会社設立だけで、宅地建物取引士の設置もしくは自ら資格取得、事務所の設置、宅地建物取引業者免許の取得、協会の加盟など、やるべきことがたくさんあります。

開業するにあたって、業務負担と業務効率の事前の読みが、経営のリスクの高低を大きく左右することになるのです。

強みや独自性を発揮できず、反響が薄い

不動産屋の開業時の最大のリスクは、お客さまも業界関係者も「わが社をまだ誰も知らない」ことかも知れません。

エリア内には古株の同業者が盛業の中、強みや独自性のないまま自社の存在をアピールして、集客をしていくのは難易度が非常に高くなります。

開業前に企画をした独自性を、オープンと同時に自社ホームページやポータルサイトで展開できる準備ができあがっていることは、反響を得るために不可欠な準備です。

このほかエリア内で同業、関連業者と良好なパイプを形成できない状況は、経営のリスクとなります。


開業したいけどわからないことばかり

不動産屋経営の成功例と成功ポイント

最後に、不動産屋経営で大きく成功をおさめられた経営者のご紹介と、成功のポイントをお伝えします。

不動産屋経営の成功例と成功ポイント

和田京子不動産~お客さま第一!で未経験から成功~

和田京子不動産の和田社長は79歳で宅建の資格を取得し80歳で不動産屋を起業されたことで有名で、現在年商5億円を売り上げられています。

欠陥住宅体験が元で抱えた不満は起業のきっかけとなり、24時間営業、物件のデメリットははっきりお伝えする、買主は仲介手数料無料などのアイデアにも活かされました。

お客さまにとって魅力あふれる、顧客第一の独自戦略が大きな話題を呼び、成功に結び付いた例です。

株式会社NSアセットマネジメント~1年半で年収2億~

株式会社NSアセットマネジメントの藤山社長は自己資金ゼロ、200万円の借り入れで始めた不動産投資で、1年半で8棟、家賃収入3000万円以上を達成しています。

不動産賃貸業は知識と情報収集、工夫が必要と、サラリーマンの副業で書籍やセミナーによる集中的な勉強をしながら物件を買い足し、計画的に専業に転じられました。

不動産オーナーは「初心者でも、正しい情報と知識に裏打ちされた工夫があれば長期的に安定して稼ぐことができ、収益を拡大していくことも可能です」とのコメントが印象的です。

不動産屋の経営が成功するポイント

この例のお2人のように、不動産屋経営の目的や魅力の差別化要因が明確であれば、迷いなく計画的に経営を進められますし、行動力も増すという効果が生まれます。

アイデアの具体化にフルに行動力を発揮するために、開業当初からの細かい業務を極力効率化することは、成功の非常に大事なポイントとなります。

開業当初から業務の効率化をはかるには、不動産テックと呼ばれる、ITシステムの導入と活用が必須の時代となっています。

業務効率化と同時に、貴重なアイデアを余すところなくお客さまに伝えるためのWEB広告戦略が、集客のかなめとなります。

業務効率化とWEB集客の両方を実現するITシステムとして、充実したサポートで導入12,000社の支持をいただくいえらぶCLOUDをおすすめします。

導入予算を軽減するIT補助金申請のサポートもおこなっています。

>>いえらぶCLOUD 機能・サービス一覧


開業したいけどわからないことばかり

まとめ

不動産屋を経営する魅力やリスク、成功例や成功のポイントなどを解説しました。

ここでご紹介した成功ポイントと、頼れるITシステムの活用があれば、不動産屋の経営成功への距離は、ぐっと近くなります!


即稼ぎたい!_ゴマキver

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事