集客

不動産流通標準情報システムであるレインズをご紹介!不動産会社を始める前に知っておこう!

不動産会社を始める前に気になる情報収集の手段「レインズ」ですが、どのようなシステムなのでしょうか?

レインズは国土交通省と不動産物流センターが共同開発したシステムで、会社間の情報を共有できることが特徴です。

今回は、レインズのことを徹底的に解説しますので、最後までご覧ください。

不動産会社に必須な流通システム「レインズ」の仕組みとメリット

レインズを活用する前に、知っておくべき特徴やシステムを解説しますので、参考にしてください。

不動産会社に必須な流通システム    レインズの仕組みとメリット

<レインズとは?>

指定流通機構に会員登録をしている不動産業者はレインズという会員専用サイトが利用できますが、売主や買主など一般の方は利用できません。

レインズに会員登録をしている不動産会社のみが利用できる理由は、個人情報が多く登録されているため、資格を所有している業者のみ利用できるようにし、高いセキュリティを保つためです。

<不動産会社がレインズを利用する仕組み>

登録している不動産会社はレインズで物件を検索したり、物件を登録したりすることが可能です。

以下で、どのようにしてレインズが利用されているのか見てみましょう。


① 売主から不動産売却の依頼を受ける

②レインズに売却物件の情報を登録し、ほかの不動産会社が物件情報を確認できるようにする

③別の不動産会社が物件を購入したい買主から依頼を受け、情報をレインズで検索する

④売却物件の情報を見つけた不動産会社が買主に提案する


このようにレインズを通して、不動産会社同士が物件の情報を共有して売主と買主をマッチングさせています。

このほかにも、不動産取引の事例を参考にするためにレインズを利用したりなど、さまざまな方法で活用されています。

<全国に4つのレインズがある>

レインズは、全国のエリアごとに分かれて4つにわかれているので、対象エリアとともにご紹介します。

東日本不動産流通機構(東日本レインズ)

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、

茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県

中部圏不動産流通機構(中部レインズ)

富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県

近畿圏不動産流通機構(近畿レインズ)

滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県

西日本不動産流通機構(西日本レインズ)

鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

不動産会社を始める対象のエリアのサイトを確認して、利用するようにしましょう。

不動産会社がレインズの流通システムを導入するメリット

ここでは、レインズの流通システムを利用する具体的なメリットについて解説をします。

メリットを理解しておくことで、レインズへ登録する理由が明確になりますので、しっかり把握しておくことをおすすめします。

不動産会社がレインズの流通システムを導入するメリット

<スムーズな取引が可能>

レインズに登録するメリットには、スムーズで迅速な取引が可能になることが挙げられます。

レインズに物件情報を登録することで、すでに登録されている不動産会社にいち早く物件情報を知らせることが可能となり、時間を多くかけることもありません。

より多くの方に向けて情報を発信できるので、買主が早く見つかる可能性が高まります。

このようにスムーズな取引をおこなうために、レインズの登録が必要になります。

<取引情報から適正価格がわかる>

レインズに会員登録をすると、数多くの物件情報が記載されているため、周辺の相場や平均相場から適正価格を知ることが可能になります。

実際の取引情報が蓄積される仕組みとなっていますので、取引事例を確認すると過去に取引された価格がわかります。

実際の取引価格から平均相場をある程度予想することができるので、おおよその適正価格を知ることができるでしょう。

<取引状況を確認できる>

レインズでは、登録された物件の取引状況を確認することが可能です。

そのため、不動産会社の囲い込みの防止にもなるので、売主は安心して利用できるといったメリットがあります。

お客様にレインズについてしっかりと説明し、取引状況を共有することで、トラブル発生を防ぐことにもなるでしょう。

レインズの注意点とおすすめの不動産流通システム

最後に、レインズを使用する場合の注意点とおすすめの流通システムをご紹介します。

<レインズの注意点>

媒介契約には、一般媒介と専任媒介契約、専属専任媒介契約の3つの種類があります。

これらのうち、専任媒介契約と専属専任媒介契約はレインズへの登録義務があり、一般媒介契約でも任意で登録する場合があります。

もし、レインズに登録していない場合は宅建業法違反となるので注意が必要です。

<レインズで会社の売り上げアップが見込める>

レインズを利用することにより、売却物件の情報多くの不動産会社に知らせることができます。

サイト内で得た情報をもとに、周辺の物件価格の平均や不動産相場を知ることもできることから、レインズを利用するメリットは非常に高いです。

また、不動産取引はスピードが重要なので、物件の情報をより早く仕入れたり、より多くの方に届けるなどして、素早く取引をおこなっていく必要があります。

売上に直結する大事な部分になるので、あらかじめより多くの情報を仕入れておく必要があります。

このように情報を共有するプラットフォームを持っておくことは、賃貸や売買に関わらず、不動産会社を営むうえで重要です。

そこで、おすすめの業者間の流通システムをご紹介します。

<いえらぶCLOUDの会社間流通>

レインズの注意点とおすすめの不動産流通システム

会社間で物件の情報を効率的に共有したい場合は、「いえらぶCLOUD」の会社間流通システムをおすすめします。

いえらぶCLOUDは自社ホームページポータル連動による集客から顧客管理賃貸管理など、不動産会社様の業務を一元管理できるシステムです。

そのなかの機能の一つである会社間流通システムでは、物件の空室情報を元付会社様がいえらぶCLOUD上で共有できます。

管理会社様がいえらぶCLOUDで物件情報を入力することで、仲介会社様が物件情報を取り込み、お客様にメールで紹介したりFAXで一括送信することが可能です。

仲介会社様にとっては気軽に物件の情報を仕入れることができ、管理会社様はどのような物件が反響を得ているのか分析できるので、管理物件の空室対策にピッタリです。

日本財託管理サービス様や野村不動産パートナーズ様など、大手管理会社様もご利用いただいております。

詳しくは、以下のぺージをご覧ください。

>>いえらぶCLOUDの会社間流通

まとめ

不動産流通システムであるレインズの特徴や、メリットを解説しました。

不動産会社を始めようと考えている方は、レインズを活用してスムーズな取引がおこなえるようにすると良いでしょう。

また、いえらぶCLOUDには物件の空室情報を共有できるリーシング支援システムがあるほか、不動産業務の全般を効率化できる機能が充実しています。

不動産会社様の成果最大化と業務効率化が実現できるので、ぜひ導入をご検討ください。

>>いえらぶCLOUDのサービス・機能

>>いえらぶCLOUDの導入事例

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。

記事一覧へ

Related articles関連記事