集客

不動産の「レインズ」とは?活用方法などわかりやすく紹介!

「レインズ」というと、媒介契約の中で義務として情報登録をするものという感覚があるかもしれません。

しかし実は、レインズをフル活用できれば、客付けにも有利になります。

そこで今回は、不動産会社の利用するレインズとはどのようなものか、活用方法などについてわかりやすくご説明します。

業者間流通を活用して、早期に売買を成立させたい方は、これを機にあらためてレインズの機構をご確認ください。

今よりもっと反響を増やしたい

レインズとは?

レインズとは?

レインズを活用する際に、知っておくべき特徴やシステムの概要をご説明します。

レインズとは?

レインズ(REINS)とは、不動産流通機構が運営しているREAL ESTATE INFORMATION NETWORK SYSTEM(不動産流通標準情報システム)の頭文字をとった略称です。

国土交通省と不動産流通推進センターが共同で開発し、国土交通大臣から指定を受けた全国4団体の不動産流通機構で稼働する不動産情報交換のネットワークオンラインシステムです。

レインズは東日本不動産流通機構、中部圏不動産流通機構、近畿圏不動産流通機構、西日本不動産流通機構の4団体に分かれますが、どこからでも情報の閲覧や登録が可能です。

指定流通機構に会員登録をしている不動産業者は、レインズの会員専用サイトが利用できますが、売主や買主など一般の方は利用できません。

レインズに会員登録をしている不動産会社のみが利用できる理由は、個人情報が多く登録されているため、資格を所有している業者のみ利用できるようにし、高いセキュリティを保つためです。

レインズにアクセスできる不動産会社は、その事実だけで個人情報取扱業者として扱われ、報告や命令違反に対する罰則などの義務を負います。

レインズではそれだけ具体性の高い個人情報が、物件情報に紐づいてやりとりされているわけです。

では、その個人情報をどのように利用しているのでしょうか?

レインズの目的

レインズ設立の根本的な目的は、不動産情報の流通の公正化です。

不動産取引の情報が、囲い込みなど不当に閉鎖的にならないように、専任、専属専任媒介契約の締結によるレインズ登録義務を課し、不動産会社間で開けた情報公開を目指しました。

また、目的としてもう一つ重要なのは、取引事例の記録の蓄積です。

エリアごとの類似物件の相場形成について、取引事例から査定をおこなったり、価格決定の根拠の一つとして利用できるようになりました。

また、物件は適正価格・適正条件の範囲で取引される必要のために、売主・買主も安心で安全な取引を豊富な物件情報の中から選択して契約ができます。

レインズの重要性を整理するとレインズを利用することにより、売却物件の情報多くの不動産会社に知らせることができます。

サイト内で得た情報をもとに、周辺の物件価格の平均や不動産相場を知ることもできることから、レインズを利用するメリットは非常に高いです。

また、不動産取引はスピードが重要なので、物件の情報をより早く仕入れたり、より多くの方に届けるなどして、素早く取引をおこなっていく必要があります。

売上に直結する大事な部分になるので、あらかじめより多くの情報を仕入れておく必要があります。

このように情報を共有するプラットフォームを持っておくことは、賃貸や売買に関わらず、不動産会社を営むうえで重要です。

今よりもっと反響を増やしたい

不動産会社のレインズ活用の流れ

不動産会社のレインズ活用の流れ

次に、不動産会社がレインズを活用する流れをおさらいしましょう。

物件の査定から売主との媒介契約 

査定

お客様から売却の相談を受けた不動産会社は、まず査定に際してレインズを開いて調査を開始します。

類似物件の付近の相場や、取引事例などを確認して基本的な売価のめやすにしたうえで、さまざまな要素を加味して、売出し価格のための査定価格を算出します。

媒介契約

媒介契約には、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があり、媒介契約を締結する際は、お客様に各媒介契約の内容や違いの説明を充分におこないましょう。

売主のお客様との媒介契約が成立したら、今度は売主の媒介業者として、再度レインズにアクセスします。

レインズへの登録

前述のように、レインズには取引態様が「専任媒介契約」と「専属専任媒介契約」の物件の登録義務があり、売主への登録証明書の提出が必要です。

仲介する不動産会社は、一般媒介契約でない限り、自社で預かった物件情報をレインズに登録し、取り引きの最終的な価格や成約時期まで入力する必要があります。

専任媒介契約の場合は売主の依頼から7日以内、専属専任媒介契約の場合は売主の依頼から5日以内のレインズ登録が義務付けられています。

この登録によって、買主側に立つ仲介会社が、物件を探して買主にすすめることができるようになります。

買主側の不動産会社からのオファーを受ける

自社で見つけた買主以外にも、他社からのオファーを受けて売買の交渉を進め、成約となったら、その状況もレインズに記録します。

そうして記録された取引情報が、未来の新しい取引の資料となるべく、蓄積されるという流れです。

取り引きに際しては、売主にとってはすばやい成約につながり、買主にとっては物件探しの幅を広げられるというメリットがあります。

今よりもっと反響を増やしたい

不動産会社間流通はレインズ以外にも、いえらぶBBがおすすめ!

不動産会社間流通はレインズ以外にも、いえらぶBBがおすすめ!

レインズだけではなく、業者間情報流通にパワーを発揮するいえらぶBBをご紹介します。

掲載物件数は23万件を超え、ぞくぞく増加中です。

無料のいえらぶBBは高い客付け効果が自慢

いえらぶBBとは、賃貸物件のリーシング業務を一気通貫で支援し、空室問題を解決する業者間流通プラットフォームです。

いえらぶBBは、全国10,000社以上の仲介会社の基幹システム「いえらぶCLOUD」と連携し、物件取込みやポータルサイト・ホームページへの転載が

ワンクリックで完了します。

見込み顧客への自動物件提案メールなど、追客強化機能も多数搭載しているので、圧倒的にすばやく顧客とマッチングすることが可能です。

いえらぶBBをフル活用すれば、物件情報の更新が即時反映されるので、電話やFAXで物件確認する手間も不要になります!

また、提携の他社様から受け付けた申し込み情報をそのまま保証審査・電子契約に使用できるので、再入力の手間や不備がなくなり、手続きが即時に完了します。

>>業者間流通プラットフォーム いえらぶBB

いえらぶCLOUDの活用で、成約数と業務効率アップを!

いえらぶBBと連携するいえらぶCLOUDは、導入実績12,000社を超える支持を頂く、オールインワン不動産業務支援システムです。

不動産とITの最新事情に通じるスタッフが、システムの利用方法からホームページのコンテンツマーケティングまでサポートをおこない、成功に導きます。

不動産業務の成約数アップと業務の効率化には、いえらぶCLOUDの導入をぜひご検討ください!

※不動産業務の売上アップや効率化に少しでもお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

>>お問い合わせ いえらぶCLOUD

不動産会社のレインズとはどのようなものか、活用方法などについてわかりやすくご説明しました。

高額取引である不動産売買は、一般顧客の利益を保護するために、宅建業法をはじめとして、法令で公正な取引のための規制や仕組みが働き続けてきました。

その成果のひとつが、レインズの運用と言えるでしょう。

さらに効率のいい客付けに、いえらぶBBもぜひご活用ください!

ゴマキ補助金_450万

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事