WEB

反響の取れる不動産ホームページの特徴とは?制作会社とデザイン例を4つご紹介!

不動産業にとっても、自社ホームページを売り上げアップの手段にすることが今や不可欠となっていますね。

近隣の業者さんがホームページで毎月多数の集客をできている例を知り、「うちも早くやりたい!」とお考えの方も多いかと思います。

しかし、ただ作って公開しても集客できないのが不動産のホームページです。

今回は、集客できるホームページ作りについて解説をします。

不動産ホームページの作り方とは?集客できるホームページの特徴

では、不動産会社はどんなホームページにすると集客できるのでしょうか?

基本として「どんな企業か伝わる」、「物件情報がわかりやすく・くわしく伝わる」、「確実に反響を得られる」、そして「検索で上位に出る」の4つが必要です。


<どんな企業かを伝える>

お店の個性である得意分野を表現したり、専門知識の深さ、スタッフの人柄や会社概要などで、お客さまの信頼感を得ましょう。

そのために有効といわれるのが、たとえば「女性専用物件多数あり」などの打ち出しや、顔写真入りのスタッフ紹介、サイト内ブログなどです。

お客さまはこれらを見て、「ここのお店に相談しよう」という判断の材料にします。

<物件が見やすい・探しやすい>

トップページから物件詳細ページまで、希望の物件を素早く追いかけることができなければ、お客さまは離脱してしまいます。

物件表示の動線には気を配り、詳細情報では、ポータルで表現しきれない点がわかるようにするなどの工夫が「実際に見てみよう」というのにつながります。

また、検索条件が豊富なこと、お客さまの検索条件に類似した物件の表示、物件の更新情報がすぐわかるなどの機能は、具体的な反響を呼ぶためおすすめです。

そしてすぐれたデザインも、お店のセンスやコンセプトを視覚的に伝えますので、見逃せないポイントですね。

<確実に反響を得られる>

確実に反響を得たり、対面営業のクロージングに持っていったりするためには、充実した追客が重要です。

物件検索中にも常に来店予約できるページを表示させるようにしたり、物件のおすすめコメントが見やすかったりすると、集客上有効的です。

また、「以前見た物件が履歴で追える」「質問への回答が詳細で分かりやすい」「来店予約はすぐできる」などまで気を配ると、成果につながりやすいでしょう。

<検索で上位に出る>

一般的に、検索結果で上位に表示されているほどアクセスされる可能性が高くなるので、ホームぺージも上位表示させることを目指す必要があります。

そのためにはgoogleなどの検索エンジンに「良いコンテンツを提供するサイト」と判断され、それを継続する必要があります。

そのうえで有効なのは、以下の3つです。

・常に更新されていること

・充実したページ数があること

・豊富な知識、たくさんの情報を提供していること

これらを維持しなければならず、お忙しい日常の業務のなか、ホームページ集客にも手をかけてやる必要が出てくるのです。

また、競合他社も、充実したホームぺージのために毎週コンテンツを増やしたりするので、更新頻度が低いと検索順位が下がってしまいます。

そのため、ちょうど賃貸物件の価値を維持するための修繕や改善のように、ホームぺージも必要に応じて改修やアップデートすることが重要になってきます。

最近はスマートフォンで見る人が7割強となり、パソコンでしか見やすく表示できないページは、アクセス数・検索エンジン評価ともに低くなってしまいます。

おすすめの不動産ホームページ制作会社

ホームページ制作を手掛ける会社は多数ありますが、なかでも不動産業に高評価、もしくは実績が多く、おすすめの会社をご紹介したいと思います。

料金体系は、大きく分けてデザインと機能のテンプレートを決めるお得なタイプと、フルオーダータイプに分かれます。

<ブランディングテクノロジー>

これまで売却特化のホームページを約250件の制作し、SEO(検索エンジン)対策は各エリア売却キーワードの上位露出実績を多数お持ちです。

なかには「ホームページのお問い合わせ経由の成約率約70%」を実現されたお客さまも。

料金:1サイト70万円~

<日本情報クリエイト>

不動産業務支援ソフトが中心で、それに不動産専用CMSを導入しホームページを組み合わせます。

不動産業務支援ソフトやホームページ制作をおこなっており、導入実績6,000社以上、豊富な機能やサポートも充実しています。

料金:賃貸・売買セット版 初期費用165,000円と月額45,000円

<ラルズネット>

1,000件以上の制作実績で、用途やシーンに合わせた柔軟な制作が可能です。

物件管理システムの併用もでき、多くの機能で運営をサポートするほか、地域密着型不動産ポータルサイトを運営し850社以上が登録中です。

料金:11万円~30万円

<いえらぶGROUP>


12,000社が導入する自社開発の不動産システム「いえらぶCLOUD」と連携、物件入力から運用までをトータルサポート、ノウハウを活かした高い集客率が好評です。

不動産とWebの両方に強く、最新のWeb動向に常に対応し、結果を出すための不動産SEOノウハウに沿った、コンテンツ企画・執筆代行をおこないます。

料金:テンプレートプラン 30万円~(賃貸)35万円~(売買)45万   円~(賃売・売買両方)/オリジナルプラン 制作内容による

すぐれたデザインの不動産ホームページ!いえらぶの制作例を4つご紹介!

おしゃれや先端というのも心ひかれますが、ほかに見やすさ、更新度、物件の一覧の表示の中身など、ホームページが反響をとる要素はさまざまです。

ここでは「反響をとるデザイン」のホームページ例をご覧ください。

<調布みつぎ不動産研究所>


都市の俯瞰写真とキャッチコピーが生み出すスケールの大きさが、お客様の安心感を形成します。

上部メニューは目的別にシンプルに、スクロールすると多彩なコンテンツが目をひくように制作されていますね。

物件の更新情報もデイリーで詳細に表示されるようになっています。

<LIXILイーアールエージャパン>


オレンジ色を基調としたシンプルな色づかいと、メニューなども大きなアイコンで表示され、機能やわかりやすさを最優先にされています。

色づかいのシンプルさは、物件写真を引き立たせる効果もあります。

詰め込み感が全くない点、お客さまに高い操作性と、suumoなどの大手ポータルサイトと互角の規模感を感じて頂けます。

お客様のニーズに従って、加盟各店舗への移動もスムーズに可能です。

<晃南開発>


カラフルで多機能なのにゴチャゴチャ感のない、計算された色使いやコンテンツ配置にされています。

こだわり条件検索の一覧それぞれのポイントが丁寧に説明され、お客さまの心を動かします。

物件詳細まで入ると、担当者の方の専門的で詳細なコメントが、反響を呼びやすくなっています。

<ケント不動産>


ハウスメーカーのような落ち着いた戸建内観写真が、おしゃれかつ、アットホームな雰囲気を盛り上げます。

落ち着いた印象のホームぺージですが、オリジナルロゴデザインがポップさを生み出しています。

常時表示された来店予約ページでは、シンプルなカレンダーから申し込みでき、お客さまからの反響を高めていますね。

<リブリッチ>


地元の景観を大きく打ち出し、エリアを明快に指定した検索ボタンを配置しており、地域密着の安心感を持たせています。

見やすいエリアごとのジャンプボタンも、お客さまをひき付けるのに効果的ですね。

写真主体で色づかいはシンプルにされています。

まとめ

不動産会社のホームページの基本的な集客方法、おすすめの制作会社、デザイン例などをご覧いただきました。

自社の物件・サービスに対するこだわりに、これらのノウハウを掛け合わせて、ぜひとも「結果の出るホームページ」を構築いただけたらと思います!

そのほかのホームぺージのデザインは、こちらからご覧ください。

反響に強い理想のホームぺージデザインを見つけられますよ。

ぜひ、参考にしてみてください。

>>不動産ホームページ制作実績

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。

記事一覧へ

Related articles関連記事