集客

話題のローカルSEO(MEO)とは?不動産会社に今取り入れたいサービス

現在、日常的に利用されている検索機能。

この検索機能を利用してサイトへの流入を誘う方法にSEOがあります。

すでにSEOのサービスを利用している不動産会社も多いかと思います。

しかし近年、Google Mapを利用した地図エンジン最適化となる「ローカルSEO」が話題になっているのをご存知でしょうか?

よく聞くようになった「MEO」という言葉がありますが、実は「ローカルSEO」と同義です。ただ、「MEO」という言葉は日本でのみ広まっている造語で、webマーケット界隈では「ローカルSEO」と呼ばれているためこの記事ではローカルSEOを使用いたします。

実店舗をかまえている不動産会社にとって、「ローカルSEO」はぜひ取り入れたいサービスです。

今回はそんな「ローカルSEO」の魅力についてご紹介いたします。

不動産会社にこそ取り入れたいローカルSEO

<ローカルSEOとは>

SEOはご存知の通り、あるキーワードを検索した際に検索結果の上位にウェブサイトを表示させる「検索エンジン最適化」のことです。

ローカルSEOとは「地域+キーワード」を検索したときに、Googleマイビジネスを検索結果の上位に表示させるよう最適化をすることです。

たとえば、「東京+不動産」や「新宿+不動産」と検索した場合、自然検索結果ページの上部分や右部分にマップと周辺の不動産会社、その会社の情報がまとめて表示されます。


この部分に表示されると会社名を知らなくても、特定のエリアとジャンルでお店を探している検索者に情報を知ってもらえます。

<ローカルSEOを利用するメリット>

エリアとジャンルで検索し実際に表示されるのは上位3位のみで、キーワードがマイビジネス上で評価されいなければ表示されません。

Googleマイビジネス上で正しい情報を充実させることはローカルSEOの最適化に繋がります。

また特定のエリアで検索するユーザーの目に留まる可能性も高くなるため、周辺のエリアで店舗をかまえている場合などは、よりブランディングができます。

SEOと異なる点は、ローカル(地域)に特化したものでより集客や来店が期待できるところです。

また現在「エリア+キーワード」で検索すると検索結果上では

1.広告
2.地図エンジン検索結果
3.自然検索結果

の順で表示されることが多いです。

ローカル検索結果は自然検索結果よりも上位に表示されることから、クリックされる可能制が高くなります。

これまで多くの不動産会社が行ってきたSEOですが、今後ローカルSEOの最適がより重要になるかもしれません。

また検索結果上のマイビジネスで以下の内容がクリック1つで可能です。

・電話をかける
・経路案内
・ホームページへのアクセス

所在地や電話番号を調べる手間が省け、1クリックでアクションできることで来店や問い合わせなどまでのハードルが低くなります。

また不動産会社がよく利用しているポータルサイトやSEOと比べると、比較検討先が少ないのもひとつのメリットです。

また口コミもマイビジネス上で確認できます。

不動産会社のような実店舗が会社にとって、口コミなどの信頼性がより重要になります。

地域密着型の店舗やエリアに特化した会社は、よりユーザーから信頼性が重要視されます。

以上のことから、ホームページ以外からの反響が増える可能性が高いのがローカルSEOを利用するメリットです。

代表的な検索結果タイプと上位表示の基準

ローカル検索には、さまざまな検索結果のタイプがありますが、抑えておきたい2つのタイプをご紹介いたします。

・ナレッジパネル


店舗名などを検索した際に、検索結果の右側にダイジェストとして表示される部分のことです。

店の情報を瞬時に知れるので、ナレッジパネルが表示されるよう対策すると潜在顧客にアピールできるチャンスとなります。

・ローカルパック


「地域+キーワード」で検索したときに、検索結果の上位に地図とともに店舗情報が表示される部分のことです。

上位に入るとユーザーの目に触れやすくなるので、集客効果が期待できます。

ローカルパックで上位表示される選定基準は「関連性」「知名度」「距離」の3つです。

ローカルSEO上位表示の基準

・関連性

検索されるワードと登録されているマイビジネスの内容がどれだけ合致しているかがポイントになってきます。

たとえば、「新宿+不動産」と「新宿+賃貸不動産」で検索した場合では、検索結果に上位表示される不動産会社が異なります。

不動産会社にも売買や賃貸の種別があり、扱う商品も戸建てやマンション、土地などさまざまです。

ユーザーが検索した内容に的確な結果を返すため、Googleマイビジネス上での情報を充実させることがポイントになります。

・知名度

知名度はどれだけ人気があるかで図られています。

口コミ以外にも、ブログやサイトSNSなどでどれだけ紹介されているかも指標のひとつです。

口コミと同様、他の媒体から取り上げられたり紹介されたりしていることでその知名度や人気に信頼性がでてくるのです。

ローカルSEOで上位表示するにはマイビジネス上を整える内部の最適化だけではなく、外部からの紹介や評価も少なからず必要でしょう。

・距離

ローカルSEOは検索したユーザーの現在地のも考慮し、検索結果が返ってきます。

たとえば新宿区にいるユーザーが「不動産会社」と検索した場合、ローカルSEOの検索結果に表示されるのは新宿区の不動産会社ですが、淀川区にいるユーザーが検索した場合は淀川区の不動産が表示されます。

ユーザー目線の検索結果が返ってくるようになっているのです。

このように検索する位置と会社の距離も要因になっています。

会社や店舗の所在地を変更することは物理的に不可能です。

しかしエリアに特化した不動産会社にとって、同じエリアで不動産を探しているユーザーに会社を知ってもらうことがとても重要なのです。

ローカルSEOを始める準備

ウェブ上で知名度をあげれば、集客の可能性が高まると予想されます。

そのためには、ローカルSEOでブランディングをすることが大切です。

ローカルSEOを始めるにあたり、グーグルが提供している無料のプラットフォームであるGoogleマイビジネスアカウントが必要です。

登録されたプロフィールは、グーグルの各種サービスで表示されます。

まだGoogleマイビジネスのアカウントを持っていない場合は以下の手順ですぐに登録しましょう。

Googleマイビジネスの登録方法

Googleマイビジネス登録する前に一度Googleマップで「会社名+エリア」で検索しすでに会社や店舗が登録されていないか確認しましょう。

店舗の情報自体はオーナー権限がなくても登録が可能です。

また、Googleに自動で登録されている可能性もあります。

二重で登録されたり、誤った情報で登録されたりしていないか確認するためにも必ず事前に確認しましょう。

登録されていた場合は「このビジネスのオーナーですか?」という表示が出ますのでクリックし、オーナー権限を取得し、その後店舗情報を編集します。

<オーナー権限の取得>

情報を入力すると後日Googleから確認コードが記載されたハガキが送られてきます。

郵送で届いたハガキ、自動音声電話、メールのGoogleマイビジネス上で確認コードを入力し認証した時点で登録が完了します。

登録されていない場合はGoogleマップから地点登録を行った後、オーナー権限に進んでください。

<Googleマイビジネス登録の流れ>

1.Googleアカウントにサインインし、Googleマイビジネスのページにアクセス


グーグルのアカウントを持っていない方は、まずはアカウントの作成から行いましょう。

2.基本情報の入力

「ビジネス名を入力してください」と表示されたら、店舗名を記載します。

このときの注意点として、必ず表記名は統一するようにしましょう。

英数字が入っている場合は半角や全角、空白スペースの有無など正しい店舗名を入力します。

そのほか、以下の項目も登録します。

・住所

・マップ上での所在地確認

3.業種やカテゴリーの選択

業種やカテゴリは選択形式になっており、多数の種類が用意されています。

不動産に関するカテゴリだけでも、「不動産管理会社」「不動産仲介業」「不動産店」など細かく分けられているのです。

より関連性の高いユーザーを呼び込むためにも、一番近いカテゴリーを選択しましょう。

4.その他情報を入力

カテゴリを登録したあとは、店舗や会社に関する詳しい情報を登録していきます。

・電話番号
・営業時間
・自社ウェブサイトのURL

電話番号や営業時間などは最新の情報が提供されていなければ混乱を招くことにつながります。

登録時だけではなく、今後変更があった場合は早急にGoogleマイビジネス上の情報も再登録しましょう。

ローカルSEO上位表示のポイント

ローカルSEOはGoogleマイビジネスへの登録しておくだけで、上位に表示されるほど甘くはありません。

上位表示されるには以下の項目も重要になっています。

・ページ内のコンテンツ

Googleマイビジネスの機能のひとつに、写真などを含めて最新情報やニュース、イベント情報などを発信できる投稿機能があります。

この投稿に特定地域に関する情報をなるべく含めましょう。

ローカルSEOは、地域のキーワードが含まれています。

たとえば同じ地域の不動産会社でも、その地域の情報を発信している会社とそうでない会社では、検索結果に差が出ます。

コンテンツ内に「地域+キーワード」の情報がどれほど盛り込まれているかがポイントです。

・サイテーション

サイテーションとは日本語でいうと「引用」などの意味があります。

ローカルSEOでいうと、店舗の情報が他のサイトやブログでのレビューなどもローカルSEOの評価に繋がるのです。

・口コミ

口コミなどで投稿されていることが、知名度や人気の指標になり効果が期待できます。

またローカルSEO観点以外でも来店を検討しているユーザーなどの後押しになるのは事実です。

今後のお客様には来店時、口コミを書いてもらうとよいでしょう。

そのためにもいいサービスと対応を心がけなければなりません。


まとめ

一般的に不動産会社は特定エリアの物件を紹介しています。

物件を探している人も基本的には、おおまかなエリアが決まっていてその周辺の不動産会社を調べる方が多いかと思います。

だからこそエリアに特化したSEOサービスであるローカルSEOがおすすめなのです。

今回はローカルSEOの内容について概要をご紹介しましたが、実際に運用するとなると

「マイビジネスへの登録は簡単にできそうだけど、特定のエリアを意識しながら運営していくのは難しそう」

「既に業務で手がいっぱいで時間が割けない」

「やってみたいけど面倒なことは嫌い」

など、実際すぐに始めるのは難しい方もいらっしゃるかと思います。

そんな方におすすめしたいのが、いえらぶのローカルSEOサービスです。

業務で忙しい方、面倒な作業が苦手な方など集客に時間が作れない会社様こそおすすめな戦略のひとつです。

いえらぶでは不動産会社様に向けに、ローカルSEOサービスを行っています。

気になる方はまず、お問い合わせください。

これからの時代に最適なローカルSEOサービスを利用して新たな集客の可能性を広げてみませんか?

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。

記事一覧へ

Related articles関連記事