管理

入居率アップのためのリフォーム―3点ユニットバス編―

らくらく賃貸管理機能「らくちん」|無料お試しも!
らくらく賃貸管理機能「らくちん」|無料お試しも!

賃貸管理をしていて怖いのは空室です。

なかなか入居が決まらない物件の課題を見つけ、それに対しての策を講じていくのも管理会社の仕事だと思います。

今回は、空室対策のためのリフォームとして3点ユニットバスの工事について紹介していきます。


入居が決まらない理由をまずはじっくり考える

空室がなかなか埋まらないという悩みは、ほとんどの管理会社の方が持っているものだと思います。

空室の原因を考えると、いろいろな可能性が出てくると思います。

それこそ物件の状況や立地、周りの家賃相場や物件の価値等からも比較して検討する必要があります。

ここで、しっかりと考えることがまず大切です。

特に何の分析もせず、安易にリフォームを決めて実行しても、入居が決まらないままということもあります。

入居が決まらない理由が何であるのかをしっかり考えることは、飛ばしてはならない重要なステップのように思います。

今回は3点ユニットバスに注目

ユニットバスにもたれる印象はかなり分かれるものかなと思っています。

賃貸を探す条件にも、バストイレ別というのは含まれていますし、ユニットバスであるがゆえにこの検索条件ではじかれて空室が埋まらないということもあるでしょう。

入居者にとってのユニットバスのメリットとデメリットを見ていきましょう。

・メリット

3点ユニットバスの物件は比較的家賃が安くなっています。

家賃は毎月の出費になるわけですし、入居者にとっても家賃の価格は外すことができない項目でしょう。

毎日シャワーしか浴びないという人にとってはユニットバスでも不便はないでしょうし、掃除も場所を移動する必要がないので楽と感じる人もいるかもしれませんね。

・デメリット

その一方、すべてが一緒になっているためシャワーから出るお湯でトイレや洗面所が濡れてしまうのはデメリットかもしれません。

ユニットバスもそこまで広いつくりにはなっていないので、飛び散った泡等がトイレや洗面台に付着することもあり得ない事ではありません。

トイレも一緒になっていると、友人が遊びに来た時などは入浴中はトイレが使えなかったりと、不便なときもあるようです。

湿気もたまりやすいのでカビやすいというのもデメリットになるかもしれません。

3点ユニットバスを分離するにはいくらくらい工事費がかかるのか?

メリットとデメリットを把握したうえで、この物件はバス、トイレ、洗面台で分離させた方が入居率アップにつながると思ったら工事に踏み切りましょう。

工事にはいくつか種類があります。

①仕切りを入れる

②トイレを新しく作る

①の場合は、バスとトイレの間に扉をつけるようなイメージです。

費用はだいたい20~30万円程度でできるようです。

ただ扉があったところで、あまり変わりないと思う入居者もいるので、工事し損になる可能性もなくはありません。

扉を設置したい位置に洗面所がある場合はそれを一度取り外して設置し直さなくてはいけなくなり、追加で30万円かかってしまうこともあります。

②の場合は、トイレを別の場所に作り、ユニットバスについているトイレを撤去する工事です。

この工事は100万円以上かかってしまい、先ほどの工事よりも工事費用はかさみます。

ただ、扉で仕切るのではなくバスとトイレが別の場所になるということは間違いありません。

トイレを新たに設置する分、部屋の収納スペースが減ってしまうというデメリットもあるようです。

まとめ

ここまで3点ユニットバスを分離する工事について紹介しました。

空室対策のためにリフォームというのはこのサイト内にもいくつか記事を書いています。

物件の価値を上げるリフォームは前向きに検討してもいいと思いますが、工事に踏み切る前に空室の理由についてしっかり考えるようにしてくださいね。

リフォームは種類によってはかなりの金額がかかることもあります。

リフォームしたものの、入居者増えないな…となってしまうのはもったいなさすぎます。

タダでは出来ないものですので、リフォームの決定は慎重に行ってください!

らくらく賃貸管理機能「らくちん」|無料お試しも!
らくらく賃貸管理機能「らくちん」|無料お試しも!
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

この記事を書いた人らくちん編集部 まお

このライターの記事一覧

管理業界を変えたい!そんな思いで業務支援サービスの企画をしている傍ら、管理会社様向けにお役立ち記事の執筆もしています。 実務に沿ったシステムづくりを目指して日々勉強中です。 システムでも記事でも「管理業務を『らくちん』に」をモットーに、管理会社の皆様に寄り添います!

記事一覧へ