人材不足の不動産業界で熱意ある人材を勝ちとる!中途採用マニュアル

あなたの会社の人材採用はうまくいっていますか?
ただでさえ忙しい普段の業務に加えて、求人掲載の手続きや面接が長く続くとかなりの負担になりますよね。
人手不足が騒がれている不動産業界で効率よく人材採用を成功させるにはどうすればいいのでしょうか。
対策をまとめました。

不動産業界の人材採用は厳しい?

不動産業界では、地価の上昇と建築費の高騰から新築マンションの販売価格が上がった影響で中古物件の需要が高まり、不動産仲介業の営業職が求められています。
不動産専門職の転職求人倍率は上がり続けていて、2017年8月には全職種の中で5位にランクインしています。
求人倍率が高いというのは企業が多くの労働者を求めていることを意味するため、それだけ業界に活気があるということ。
しかし、採用する企業側にとっては人材獲得競争が厳しくなっているということになります。

参考:https://www.recruitcareer.co.jp/news/20170906.pdf

一人の採用に意外と費用がかかる

1.掲載課金型の媒体を利用した場合

採用で最も費用がかさむのは転職サイトなどの求人媒体に支払う「広告費」。
大手求人サイトの場合は2週間の掲載期間で120~150万程度かかります。
応募がなかった場合、延長するには追加料金がかかります。
掲載自体に料金が発生するので、お金を払ったのに採用できないリスクがあります。

2.人材紹介を利用した場合

次いで採用費用がかかるのは人材紹介サービスです。
入社が内定した人材の年収の20~30%にあたる成果報酬を人材紹介会社へ支払います。
成果報酬型のため、面接などの選考を行っても採用に至らなければ費用負担がなく、無駄な費用がかからないことがメリットです。
その代わり、例えば手数料30%の場合は年収600万円の人を雇うと成功報酬は180万円程度と、1人当たりの採用コストは高くなってしまいます。
複数人を採用したい場合には注意が必要です。

3.少しでも費用を減らすコツ

求人媒体を使わない求人活動に変えれば、大幅なコスト削減につながります。
FacebookなどのSNSを用いて募集をかけるのも手ですし、自社ホームページに掲載するのもよいでしょう。
いろいろな方法を試し、効果の薄い方法を省くことで節約につながります。
ただ、規模の小さい不動産会社では通常業務と採用活動が並行するため、手をかけられない場合は人材紹介会社に頼るほうがスムーズな場合もあります。

人材紹介手数料は、交渉によって安くなることもありますが、人材紹介企業は人材を紹介して初めて売上になるため、エージェントが手数料の低い企業には積極的に人材を紹介しない可能性があるため注意が必要です。

採用しても辞めてしまう

離職率の高い業界TOP3にランクイン

土日に休めない、帰りが遅いなどの理由から「ハードそう」というイメージを持たれることも多い不動産営業の業務。
実際に入社してみると予想以上の激務に耐えられず早期離職するパターンが多いです。
日本に在籍する一般労働者全体の中で、厚生労働省の平成27年転職者実態調査では、不動産業は中途採用の割合が12.6%と最も高くなっています。
中途採用は新卒採用よりも離職率が高い傾向にあるため、中途採用中心の不動産業界ではその対策が必要です。

参考:https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/6-18c-h27-gaikyo.pdf

採用途中にできること

面接担当者はどうしても「スキル・知識」が十分かをチェックすることにとらわれがち。
しかし、求職者は前の職場の仕事のやり方などが身についていますし、その人の価値観や志向性というものを持っています。
そこがうまくマッチしないと、入社後に「こんなはずじゃなかった」と離職してしまいます。
採用面接では、その人の価値観・志向性も確認することが重要です。

内定後のサポートのコツ

不動産の営業職は成果主義・実力主義の世界だからこそ、社員の本音をくみ取ることが必要です。
そのために効果的なのは、評価に関係しないコミュニケーション。
直属の上司や人事以外との面談などを設け、本音を言える環境を作っていけると続けて働いていきたいと思ってもらうことができます。
人材紹介会社を利用する場合は、入社決定後にもエージェントのサポートがあるかどうか確認して選ぶとよいでしょう。

まとめ

厳しい現状だからこそ、採用の目的、費用や手間を考えて、それぞれの会社に合ったサービスを選ぶのが大切です。
効果のない媒体に高額を支払って広告を掲載し続けていないか、
採用活動や内定後のサポートは自社で出来るかなど、もう一度フローを見直して無駄をなくしていきましょう。

いえらぶ不動産転職なら、
・完全成果報酬。採用するまで無料。
・入社後のサポートがついているから1か月以内の退職率平均15%
・不動産に特化した転職サイトだから貴重な意欲高い人材が集まってきています。
不動産業界の中途採用にお困りの方はぜひご利用ください。

https://ielove-cloud.jp/media/career/

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事