集客

ホームページのコンテンツとは?重要な理由や設計方法について解説

タグ:

不動産テックの普及にも関係し、自社ホームページの重要度はますます上がってきています。

ホームページで最近よくきかれるのが、「コンテンツ」という表現ですが、何をさしているのでしょうか?

そこで今回は、ホームページのコンテンツとはどのようなものか、コンテンツが重要な理由や、設計方法について解説します。

ホームページ制作にお困りの方は、ぜひ最後までお読みください。

今よりもっと反響を増やしたい

ホームページのコンテンツとは?

ホームページのコンテンツとは?

まず、ホームページのコンテンツとは何か見ていきましょう。

ホームページのコンテンツとは?

コンテンツという言葉の意味自体は、文章、写真、動画などを含め、ホームページの内容ということです。

しかし、そこに何が書かれているか、なにを発信しているかという意味で、コンテンツという言葉は年々一般的な言葉として広まっていきました。

なぜならば、文字どおりコンテンツの内容によって、反響やマーケティングなどホームページのもたらす効果に差が出始めたことによります。

不動産会社のホームページも例外ではなく、会社概要、物件概要を超えた、充実したコンテンツを掲載した会社が、ホームページを売り上げ増のツールとして活用できています。

まず、ホームページのコンテンツを重視するうえで、基本的なセオリーがあります。

ホームページのコンテンツで大事なこと

まず、対象とするお客様に役に立つ内容を発信しているかどうかです。

たとえば賃貸探しの方には間取り選び、売却希望の方には税金の種類など、それぞれの要望にしたがって、問題を解決するような内容があるかどうかです。

そして、わかりやすいかどうかも重要です。

不動産は難解な専門用語や法律知識が多く出てきますが、それを分かりやすく、正しく、最新の知識で表現して発信します。

そうしてそのようなノウハウの記事が比較的ひんぱんに更新され、多数配信されているという状態が、理想的なコンテンツです。

その理由は事項で詳述しますが、基本的には、お客様にとって頼りがいのあるホームページを目指すことだと考えると、分かりやすいかと思います。

今よりもっと反響を増やしたい

ホームページコンテンツの重要さとは?

ホームページコンテンツの重要さとは?

自社ホームページコンテンツの影響力とメリットは、以下のように非常に大きなものです。

お客様の問合せ判断材料 

インターネット上での物件情報流通が充実して、お客様は「どの物件にしようか」という点では、ネット上の情報だけで相当具体的な意思決定をされるようになっています。

しかし、「どの不動産会社に相談しようか」ということへの答えは、物件情報にはありません。

お客様は、不動産会社各社のホームページをチェックし、以下の点を基準にして、問い合わせ先を決めます。

自分の探すタイプの物件情報が豊富にあるか
専門知識は豊富か
親切に相談に乗ってもらえそうか
経営などの安定した会社か

つまりこれに応えられるだけの情報が、ホームページのコンテンツとして必要です。

自社のファンを育てる

しっかりしたコンテンツを持つホームページは、見込み顧客の醸成にも役立つというメリットがあります。

地域の中で頼りになる会社として、SNSの発信などの発信を常時チェックされるようになると、「引っ越しの際にはここに相談しよう」というように信頼度がアップしていきます。

定期的な発信を継続するコンテンツは、一度取引のあるお客様もファン化して、自社に継続して注目していただくよりどころにもなります。

このように自社のホームページを、流れの止まることのない河のように捉えて、更新を継続することをおすすめします。

エリア内でのSEO順位を決める

そしてこれらのコンテンツ制作への継続した努力は、お客様へ対してだけでなく、SEO(検索エンジン対策)としてもメリットを結実します。

役に立つコンテンツをアップしていることでのアクセス数増加、コンテンツのページ数増加、更新の頻度などが評価され、エリア内での検索結果で上位に表示され始めます。

自社のホームページの検索結果で表示の順位が上がることで、お客様に見てだく機会は直結比例して増加します。

そうなることでホームページのアクセス数が増え、さらに表示順位がアップするという好循環が生まれるのです。

この状態を、インターネット上で作り上げた「自社の資産」だと表現する方もいます。

この状態が生み出す利益を意識した表現です。

そしてこの状態は、どなたにでも作り出すチャンスはあるのです。不動産の自社ホームページの必要性は?役割や機能について解説

今よりもっと反響を増やしたい

ホームページのコンテンツの設計方法

ホームページのコンテンツの設計方法

ホームページのコンテンツを見直し、作り直す際のステップをお伝えします。

ホームページコンテンツの設計ステップ

どのようなコンテンツを求められるかを明らかにして、発信するためには、以下のステップで検討を進めます。

自社のターゲットを明確化する
ターゲットのニーズをピックアップする
ニーズの解決策をリストアップする
解決策をコンテンツ化して発信する

まず、自社で得意とする、他社と差別化しうる商品やサービスのお客様はどのような対象なのかを検討します。

たとえば2LDKくらいまでの賃貸物件を探す子育て家族であると想定したなら、そのような子育て家族は住まい探しに何を求めるか、何をお悩みにするかをピックアップします。

子どもの声や生活音が近所迷惑にならないような物件のことや、子ども連れで便利なエリア内の施設の情報は、有効な情報となりますね。

そのように、ターゲットに求められる情報を発信すべく、コンテンツを準備するわけです。

コンテンツ発信の手法

ホームページのコンテンツは、コラムやブログという形で、ホームページのページ数の一部としてカウントされるものがメインとなります。

そのほかにも、ホームページに還元するような形で、Facebook、Twitter、インスタグラムやYouTubeなども利用して、自社で作成したコンテンツの拡散をはかり、見てもらえる機会を増やしましょう。

ひとつ大事な点として、不動産のお客様は比較的一度きりのお付き合いととらえがちですが、リピートを前提に、継続して情報発信をしていくというイメージを持ちましょう。

いえらぶCLOUDのコンテンツ制作サポート

あらゆる角度から不動産ホームページのコンテンツ制作をサポートし、反響につなげる「いえらぶCLOUD」の機能をおすすめします。

その数4,000を超える不動産会社のサイト制作を通じて、ITと不動産双方のノウハウにたけたスタッフが、企画段階よりサポート。

御社の要望やターゲットに合わせて最適なコンテンツマーケティングを提案し、デザインの自由度も高いホームページを制作いたします。

注力エリアの物件一覧や物件詳細でも上位表示されるようにSEO/LPO対策を施し「物件名+間取り」などより具体的なキーワードで、反響に即つながるホームページ構築をおこないます。

>>いえらぶCLOUD 反響獲得にこだわった不動産ホームページ制作

お客様を集めるコンテンツの作成は、それなりの人員を確保して継続的におこなう必要がありますが、その点もご安心ください。

自社ホームページの集客とSEOに着実に貢献していくコンテンツの更新を、運用の手間をかけることなくお任せいただける、不動産専門の記事制作代行サービスを準備しております。

独自の方法でキーワードを選定し記事作成をおこない、ほしいユーザーを狙って集客できる記事をご提供できます。

>>ホームページ集客を強化するコンテンツをらくらく作成! 執筆代行【事例あり】集客につながる不動産サイト・ホームページの作り方を紹介

今よりもっと反響を増やしたい

まとめ

ホームページのコンテンツとはどのようなものか、コンテンツが重要な理由や、設計方法について解説しました。

ホームページのコンテンツは当初、会社案内かカタログのような存在だったのですが、今やお客様の反響、会社の売上を左右する要素になっています。

充実したコンテンツマーケティングのパートナーとして、ぜひいえらぶCLOUDの導入をご検討ください!

ゴマキ補助金_450万

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事