物件入力代行って、実際どうなの?

日々物出しをして、データ入力をして、メール対応してお客様を案内して…と不動産会社の業務はとにかく多く、忙しいですよね。
中でもポータルサイトや自社ホームページ掲載用にひたすらデータ入力、更新を行っているとあっという間に時間が過ぎて営業活動が圧迫されるとよく聞きます。

そこで今回は、そんなデータ入力の時間とコスト削減の手段として物件入力代行についてご紹介します。

物件入力代行のメリット

入力専任を雇うより無駄のない費用

物件入力業務に関する悩みとして、専門のパート・アルバイトを雇ったとしても、単純作業のためすぐに退職してしまい、定着しないということがあります。
また物件の入力量は、繁忙期には仕事が多く、閑散期には少なくなりますよね。
このように仕事量に時期的な波があっても、簡単に辞めさせるわけにもいかず、余計な給与支払いが発生することも考えられます。

物件入力代行を活用することで、採用や教育のコストを省くことができます。
また必要な時に必要な分だけ発注することができるので、物件入力量の波に関わらず無駄のない費用での物件入力が可能です。

営業活動時間の増加による成約率の改善や売上増加

せっかく広告掲載しても物件入力に時間が取られ、反響対応や接客が手薄になっては意味がありません。
これも物件入力代行を活用することで、これまでデータ入力にかかっていた時間やストレスを削減し営業に専念でき、成約率の改善や売上増加が期待できます。

入力代行業者を選ぶポイント

物件入力代行のメリットが分かったところで、次はどの業者に頼むのがよいでしょうか。

不動産の専門知識はあるか

入力代行を行う業者は探せばたくさんありますが、物件情報の入力となるとある程度の専門性も求められます。
入力項目に専門用語が多いため、宅建業の知識の浅く、用語の意味さえ分からない方がたくさんいます。
チェックしてみたら間違いだらけで、結局自分で打ち直さなければいけないなんてこともあるようです。

写真やコメントまで代行できるか

ポータルサイトや自社ホームページ掲載に必要なのは単に物件情報だけではありません。
写真が必要なのは当たり前、加えてしっかりとその物件をアピールしたコメントも必要になります。
さらに不動産情報をWEBに掲載する際には、誇大広告やおとり広告にならないように使用する単語や表現にも気をつけなければいけません。

こうした不動産業に関わる専門性があるか、また実際の広告掲載に当たって必要な画像やコメント入力などの対応をしているかも業者選びのチェックポイントです。

なお、いえらぶでも物件入力代行を承っております。1件からの発注や月額でのご契約等プランも様々用意しております。
気になる方はこちらからお問い合わせください。
https://ielove-cloud.jp/contact/

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事