返信率3倍!メール追客を成功させる2つのルール

不動産業はテレアポなどのプッシュ型の営業ではなく、反響営業であることが一般的です。 特に近年はポータルサイトやホームページなどインターネットからの反響獲得がカギとなっています。

その一方で「ネットからの反響は成約に繋がりにくい」と感じている方もいるのではないでしょうか。
実はメールのちょっとしたポイントを抑えるだけで、ネット反響の感度をグッとあげることができるのです。
今回は『ネット反響の効果を最大限まで上げる追客のメール術』を紹介します。

ネット反響の感度は追客メールの送り方で変わる

都内のある不動産会社様にご協力いただきデータを分析しました。
その結果、メールを送る際の「2つのルール」を守って対応していただいたところ、なんと来店率が3倍に上がったというデータが出ました。
それでは実際にその2つのルールを見ていきましょう。

ルール①「初回メールは1時間以内!」~鉄は熱いうちに叩け~

ポイントはメールの返信で”最初の1社”になること

ネット反響の初回対応を1時間以内にできたお客様と、それ以上かかってしまったお客様に分けて返信率を分析したところ、なんと3倍近く返信率に差があることがわかりました。
ポイントはいかに早く返信をするかです。
例えばお客様対応で忙しいときには、空いた時間でまとめてメールの返信をする方もいらっしゃると思います。
しかしお客様がポータルサイトでお問い合わせを行う際、複数社にまとめて行っています。
つまり、そのお問い合わせはあなたの元だけではなく、同じ物件や似た物件を取り扱うライバル会社にも送られているかもしれません。
そして連絡が来る会社が2社、3社と増えていくと追客できたメールの返事をするのがめんどくさくなっていきますよね。
「とりあえず最初の1社に返信しておこう」という心理の”最初の1社”になることが、追客メールの返信率向上にとって最も大事な点です。

また素早く対応を行うことでお客様がスマートフォンやパソコンで物件探しをしている間にメールの返信ができ、まさに”熱いうちに”アプローチが可能になります。

ルール②「追客メールは4回以上!」~諦めるのはもったいない~

4回以上追客メールを送ると2倍以上の返事が期待できる?!

お客様に一度連絡をして返事を頂けないと、興味がなくなったのかなと追客メールをやめていませんか?
実は1回目のメールで返信をする方は、全体の28%のお客様だけで、多くの方はメールの見落としやタイミング悪く返せていないのです。
では何回メールを送信すれば、お客様から返信を頂けるのでしょうか。
正解はなんと4回目!4回目から返信率がぐっと上がり、1回のみメールを送信した場合と比較すると、2倍以上の返事が返ってきているのです!
何度もメールを送ったら迷惑かな、と感じるかもしれませんが、お客様はメールを見逃し、お問い合わせをしたことを忘れていることが多々あるのです。
お部屋探しの意思がある方を逃すのはもったいないですよね。

メールの返信率3倍も夢じゃない

毎月掲載費をかけているインターネット集客
今回紹介した「初回対応は1時間以内!」「追客メールは4回以上!」というルールを守れば、返信率3倍、来店率3倍も夢ではありません!
インターネット広告の効果を最大限に発揮させるためにも、次のお問い合わせから試してみませんか?

おわりに

これからの繁忙期、接客で忙しくて1時間以内の返信なんて無理!4回のメールをどのタイミングで送ったらいいのかわからない!そう思いませんでしたか?
いえらぶの顧客管理機能なら、反響に対し自動で返信を行う自動返信機能やお客様の状況が一目でわかる顧客一覧でメールのタイミングもばっちりです!その他にも反響を成約に繋げるための機能が充実しています。
詳しくはこちらのページで確認してくださいね!
https://ielove-cloud.jp/system/functions/crm/
またいえらぶでは、反響を増やし、業務を効率化するためのコンサルティングを無料で受け付けています。

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事