追客

不動産業界におけるCRM活用事例8選!導入すべき理由と実際の効果とは

今日は何時に帰れる?

不動産業界の現状とCRM

不動産取引は単価が高く、検討が中長期になりがちです。そのため従来の紙やエクセルといった手法では、顧客情報の管理が煩雑になったり、担当者間での情報共有が難しいことが多く、結果として業務の非効率化や顧客対応の質の低下を招くことが少なくありません。こうした問題を解決する手段として、近年注目を集めているのがCRM(顧客関係管理)システムです。

本記事では、不動産業界におけるCRMシステムの導入事例を通じて、CRMの重要性とその効果について詳しく紹介します。不動産に関わるCRMの活用方法を学び、貴社の業務に活かしていただければ幸いです。

CRMサービスをお探しの不動産会社様へ

不動産専門のCRMサービスなら「いえらぶCLOUD」

今日は何時に帰れる?

不動産業界におけるCRM

CRMとは

CRM(Customer Relationship Management、顧客関係管理)は、企業が顧客との関係を効果的に管理し、強化するためのシステムです。CRMの目的は、顧客満足度の向上、顧客ロイヤルティの強化、そして最終的には売上の増加を図ることにあります。CRMシステムは顧客情報の一元管理、営業活動の効率化、マーケティング施策の最適化を支援するツールとして、多くの業界で導入が進んでいます。不動産業界も例外ではなく、物件の情報管理から顧客とのコミュニケーションまで、幅広い業務においてCRMが導入されています。

CRMでできること

一般的にCRMは、顧客との関係を構築し、維持するための包括的な営業環境を創り出します。以下のような要素が含まれます。

顧客情報の一元管理

CRMシステムは、顧客の連絡先情報、過去の購入履歴、問い合わせ内容、やり取りなどを一元的に管理します。これにより、どの担当者も最新の顧客情報にアクセスでき、統一された顧客対応が可能となります。

営業活動の効率化

営業担当者は、CRMシステムを活用して顧客とのコミュニケーション履歴や商談の進捗状況をリアルタイムで把握することができます。これにより、適切なタイミングで追客を行い、成約率の向上を図ることができます。

マーケティング施策の最適化

CRMシステムは、顧客データを基にした分析を行い、顧客に合った情報や効果的な連絡のタイミングを把握できるようにします。これにより、営業・マーケティング活動の効果を最大化することが可能です。

不動産業界におけるCRMの役割

不動産業界では、物件の取引が高額かつ長期間にわたることが多いため、顧客との信頼関係が特に重要です。CRMシステムは、この信頼関係を強化し、業務の効率化を支援するために効果的な役割を果たします。

物件情報と顧客情報の一元管理

物件情報と顧客情報の一元管理

不動産業務では、物件情報と顧客情報を一元的に管理することが重要です。CRMシステムを利用することで、最新の物件情報を迅速に提供し、適切な提案を行うことができます。例えば過去の取引履歴や問い合わせ履歴を基に、顧客のニーズや嗜好を的確に分析し、希望に合った物件を紹介するようなきめ細かな対応が可能となります。結果として成約率の向上や顧客満足度の向上が期待できます。

問い合わせ対応の迅速化と精度向上

問い合わせ対応の迅速化と精度向上

顧客からの問い合わせに対して迅速かつ正確な対応を行うことで、顧客満足度を向上させることができます。複数のポータルサイトやホームページに来る反響の確認は手間がかかりますが、CRMシステムであれば反響情報を取り込み一か所でまとめて管理することが可能です。過去の問い合わせ履歴や対応履歴を基にした迅速な対応にも繋がります。

営業活動の可視化と効率化

営業活動の可視化と効率化

営業活動の進捗状況をリアルタイムで把握することができるため、適切なタイミングでのフォローアップやクロージングが行いやすくなります。店長が、各スタッフの進捗状況に合わせてサポートするようなことも可能です。また、営業活動のデータを分析することで、効果的な営業戦略を立案することが可能です。

顧客満足度の向上

CRMシステムは、顧客のニーズや嗜好を把握し、顧客に合わせたサービスを提供するための補助が可能です。これにより、顧客満足度を強化し、リピーターを増やすことができます。一方で、CRMの導入にはコストの発生やシステムに慣れるまでの時間がかかることも事実です。しかし、これらの課題を克服して適切なCRMを選定・導入することで得られる効果は、非常に大きいと言えます。特に、不動産業界に特化したCRMシステムは、特有の業務や課題に対応する機能を持っており、より実践的な効果が期待できます。

不動産専門のCRMをお探しなら

不動産業務に特化したCRMシステム「いえらぶCLOUD」

不動産業界におけるCRM活用事例8選

活用事例1:都市住建株式会社様

都市住建株式会社様の不動産CRM事例

導入背景

都市住建株式会社様は元々システムを導入していましたが、以前はコンバーターとCRMシステムでそれぞれ別のサービスを利用していました。そのため、お客様に物件情報を紹介しようとしても、コンバーターからデータを持ってくることができず、非効率な状況でした。そこでコンバーターと連携したCRMシステムに切り替え、効率的な運用を目指しました。

導入後の効果

  • ・追客業務の自動化:繁忙期でも残業時間がほぼゼロに。
  • ・来店率の向上:追客の質が均一化し、来店率・成約率が増加。
  • ・クラウド型:外出先でも操作が可能となり、利便性が向上
  • ・スタッフの育成:新人でも迅速に来店までつなげられるようになり、業務全体の効率が向上

詳しくはこちら:追客を自動化して繁忙期の残業時間をほぼゼロに!それでも来店率は改善!?都市住建株式会社様 導入事例

活用事例2:武蔵小杉駅前不動産株式会社様

武蔵小杉駅前不動産株式会社様の不動産CRM事例

導入背景

武蔵小杉駅前不動産株式会社様は元々、他社のCRMシステムを利用していました。しかしアップデートが多くなく、LINEなどの新サービスとの連携が不十分であることから、アップデート性の高いCRMシステムへの切り替えに至りました。

導入後の効果

  • ・返信スピードの強化:外出先でも自宅にいる時でもすぐ対応できる体制を構築し、スムーズなコミュニケーションを全社で徹底。
  • ・追客メールへのこだわり:効果的な時間を分析し、最低5回のメール配信。
  • ・手間をかけずに丁寧なメール追客:ひな形や送信予約機能を活用し、スタッフの負担を軽減。

詳しくはこちら:スマホ版顧客管理システムを最大限活用した追客術とは?武蔵小杉駅前不動産株式会社様 導入事例

活用事例3:落合不動産株式会社様

落合不動産株式会社様の不動産CRM事例

導入背景

落合不動産株式会社様は開業にあたってシステム導入とホームページ制作を実施しました。反響管理から契約、業務分析まで一気通貫で行えるCRMシステムを活用し、全国トップクラスの反響率と反響数を実現ています。

導入後の効果

  • ・反響管理の効率化:CRMシステムを活用することで反響から成約までのプロセスがスムーズになり、成約率が90%に。
  • ・業務分析の強化:詳細な費用対効果分析が可能になり、広告投資が最適化。

詳しくはこちら:開業時からの導入で掴んだ全国トップクラスの反響率・反響数― 落合不動産株式会社様導入事例

活用事例4:株式会社松堀不動産様

株式会社松堀不動産様の不動産CRM事例

導入背景

株式会社松堀不動産様は複数のソフトを利用していたため、同じ情報を複数回入力する手間や、それぞれのコストが大きな課題でした。そこで顧客情報も含めて一元管理できるシステムの導入の検討に至りました。

導入後の効果

  • ・一元管理によるコスト削減:業務を一つのシステムに統合したことで、手間とコストが大幅に削減。
  • ・反響対応の効率化:メール反響対応がスムーズになった上、各店舗の対応状況が見える化されたことで業務効率が向上。

詳しくはこちら:顧客や業務のデータを生かして社内の仕組化に活用!株式会社松堀不動産様 導入事例

活用事例5:株式会社日豊商事様

株式会社日豊商事様の不動産CRM事例

導入背景

株式会社日豊商事様は、利用していたCRMシステムが古くなってきたことから切り替えの検討を開始しました。特にLINEとの連携を意識してシステムを検討しました。

導入後の効果

  • ・成約率の向上:成約率が2倍になり、来店率も50%まで上昇。
  • ・キャンセル率の削減:LINE活用によりキャンセル率が3割減少。

詳しくはこちら:LINE連携を活用して成約率を2倍に、来店キャンセル率は3割削減!株式会社日豊商事様 導入事例

活用事例6:心々ハウス株式会社様

心々ハウス株式会社様の不動産CRM事例

導入背景

心々ハウス株式会社様はもともと営業スタッフごとに顧客管理を行っていましたが、誰が何をしているかが分からない、指示や指導がしづらいという課題がありました。顧客管理の分散による連携の問題を解決するため、CRMシステムを導入しました。

導入後の効果

  • ・一元管理による連携強化:顧客情報を一元管理し、営業スタッフ間の連携が向上。
  • ・追客業務の効率化:顧客登録の時間削減と応対履歴の活用で追客が効率化。

詳しくはこちら:顧客管理システム(CRM)で組織力UP!?心々ハウス株式会社様 導入事例

活用事例7:クラッセ住宅販売株式会社様

クラッセ住宅販売株式会社様の不動産CRM事例

導入背景

クラッセ住宅販売株式会社様は開業にあたって、物件入力から顧客管理、追客までの一元管理ができるシステムを検討し、導入に至りました。

導入後の効果

  • ・丁寧な追客の実現:一括送信・送信予約機能を活用し、顧客の掘り起こしを効率化。月に10件の成約を達成。
  • ・情報共有の円滑化:効率的な情報共有が実現し、複数スタッフで連携した追客が可能に。

詳しくはこちら:一括送信・送信予約機能で顧客の掘り起こしを行い、長期的な追客を実現!月10本の成約を獲得!?クラッセ住宅販売株式会社様 導入事例

活用事例8:チンタイドット by シーオーエム株式会社様

チンタイドット by シーオーエム株式会社様の不動産CRM事例

導入背景

チンタイドット by シーオーエム株式会社様はもともと紙で顧客情報を管理していましたが、同時に複数のスタッフが確認できないことや、外出先ですぐに確認できないという課題はありました。そこで顧客情報をデジタル化し、効率化とセキュリティ向上を目指してCRMシステムを導入しました。

導入後の効果

  • ・顧客情報の一元管理:全スタッフが顧客のステータスを一目で把握して対応が可能に。
  • ・クラウドサービスで迅速な対応:外出中にお客様から連絡が来ても即対応できるように。
  • ・セキュリティの強化:顧客情報をデジタル化し、外出先でも安全に情報を確認できるように。

詳しくはこちら:顧客管理システムを大いにご活用いただき、セキュリティの安全と効率化を実現!チンタイドット by シーオーエム株式会社様 導入事例

不動産会社向けCRMなら「いえらぶCLOUD」

以上のように、不動産会社がCRMシステムを導入することで様々なメリットがあります。

不動産会社向けのCRMサービスを検討するなら、「いえらぶCLOUD」がおすすめです。いえらぶCLOUDは不動産業界特有のニーズに応えるために開発された、不動産業務に特化したCRMシステムです。顧客情報の一元管理、営業活動の効率化、物件情報との連携など様々な機能を備えており、多くの不動産会社で導入されています。さらに、いえらぶCLOUDは、使い易いUIと充実したサポートがあり、導入後の運用もスムーズに行うことができます。

実際に、いえらぶCLOUDを導入した不動産会社では、業務の効率化や顧客満足度の向上が実現されており、特に業務時間の削減や成約率の向上といった具体的な成果が報告されています。また、いえらぶCLOUDの導入により、社内の情報共有が円滑になり、チーム全体の連携が強化されるなど、組織全体のパフォーマンス向上にも寄与しています。

より詳しい情報を知りたい方は、まずはお気軽に資料請求してみてはいかがでしょうか。

https://www.ielove-cloud.jp/service/crm/

いえらぶCLOUD紹介資料

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事