集客

不動産会社が集客できるブログの作り方とは?マーケティングや書き方の方法について解説

タグ:

集客や反響を目的としてブログを続ける不動産会社は多く、実際に集客につながっている例も多数あります。

しかし、なぜブログを書くとお客様が集まるのか、不明確なままでは始めづらいかと思います。

そこで今回は、不動産会社が集客できるブログの作り方とはどのようなものか、マーケティングや書き方の方法について解説します。

ブログを始めて集客に結びつけたいとお考えの方は、ぜひ最後までお読みください。

今よりもっと反響を増やしたい

不動産会社がブログを使ったマーケティングをする際の目的は?

まず、ブログの目的そのものについてご説明しましょう。

自社のブランディングを推進する

以前は、不動産会社のブランディングといえば、とにかく自社の知名度を上げるのが目的というようなものでした。

しかし近年の客様は、インターネットで先に物件を探したうえで、会社の特徴を比較して、どの会社に依頼しようかという姿勢で会社候補を検討します。

そこで求められるのは、自社の得意ジャンルや専門性、サービスの特徴、社内の様子やスタッフの紹介をしていくようなブランディングの展開です。

そこで、そのようなアピールをするのに好都合なのが、自社ホームページのブログ記事やコラム、SNSなどです。

ブログの記事は検索エンジンを単独のページに扱うので、ある記事があるキーワードの結果上位に表示され、ブランディングに大きな効果を上げてくれるケースもあります。

充実したコンテンツで集客効果を

コンテンツマーケティングとは、お客様にとって価値のあるコンテンツを発信することでファンを増やして反響・成約につなげ、中長期的な収益をアップする手法です。

たとえばお客様が「吉祥寺 土地探し」という検索をかけた際に、武蔵野市の暮らしやすさや地価動向をうまくまとめたページが見つかれば、非常に役に立ちます。

また、自宅を売ったら、どのくらい税金を払わなければならないかも、売却をお考えのお客様には、大きな関心事です。

このような情報を記事で提供することで、このお店を頼ろうというニーズを喚起して、実際のお取引につなげます。

検索語句によっては、日本中の記事が表示されるのでは?と思われるかもしれませんね。

最近の検索エンジンはユーザーの所在エリアを検知しているので、地元の発信者の記事から上位表示されます。

キーワード、更新、ページ数の増でSEO対策

SEO対策とは、検索エンジンで、エリア内の同業の中で上位に表示し、アクセス数を増やすための対策をおこなうことです。

検索結果の中で上位に出るほど、お客様のアクセスする率は高まります。

どのような自社ホームページになっているかで、検索結果の中での順位が決まるため、そのために以下の3つの要素が重要と言われています。

キーワード設定とそれに則した内容

更新の頻度の高さ

お客様のためになるページが多数あること

この3つの要素は非常に単純なようで、もっとも基本的な検索エンジン対策として、ホームページ運営者が工夫を重ねている点です。

そして、この要素を満たすためにも、ブログの更新が非常に有利なのです。

今よりもっと反響を増やしたい

不動産会社がブログを使ったターゲット設定は?

ブログを集客に有効活用するために、以下の流れで検討されるのをおすすめします。

不動産会社がブログを使ったターゲット設定は?

ターゲットを設定する

まず、自社がどのようなお客様のニーズを満たしているか、どのような物件を多く流通させているかを検討した結果を準備しましょう。

たとえばここでは、小さい子どもを含む3人家族と仮定しましょう。

キーワードを設定する

つぎに、「小さい子供を含む3人家族」が検索するニーズを、以下のように考えてみましょう。

2階だと下の階に足音が響くのを気にする

目を離した隙の落下事故が心配

そろそろ賃貸から持家を考える

つぎにそれを検索されそうなキーワードにしてみます。

たとえば「子供 騒音対策」「ベランダ 安全」「家賃 ローン 比較」などがテーマとして浮かび上がってきます。

このターゲットの方向性が複数あっても、焦点がぼやけるのを嫌って、別々のホームページを作られる不動産会社様も多いです。

コンテンツを作る

前項のキーワードをもとにブログで記事化し、自社ホームページにも、うまくちりばめることで、ブランディングとSEOにつながっていきます。

キーワードにはサジェストキーワード(関連するキーワード)があり、そちらもgoogleの検索結果の中でチェックしてみましょう。

内容が完全に被らないように注意しながら、自社のお客様のニーズに沿った複数の記事用構成を作ります。

構成はどのような記事を書くかの指示書で、それをもとにブログの記事を作成します。

そして、アクセス解析で、どの記事にアクセスが集まっているのかを検証し、アクセスの多い記事に近いテーマの構成を増やしていくようにしましょう。

今よりもっと反響を増やしたい

不動産会社がブログを書く際のテーマ決めは?

キーワードをもとにすれば良いのは分かりましたが、どんなふうに記事の主旨を絞りこんだら良いのでしょうか?

不動産会社がブログを書く際のテーマ決めは?

お客様の悩みを解決する視点で

まず基本となる点は、ターゲットに設定したお客様のお悩みを解決するという視点を常に持つことです。

「今日は海に遊びにいきました」という日記も、時に効果的な場合もあるので良いのですが、基本は「お悩みの解決」です。

このお悩みの解決方法を提示するというスタンスが、コンテンツマーケティングで効果を上げるためには重要なのです。

物件情報記事

お客様の関心度の高い物件情報の記事ですが、周辺の公園やショッピング施設の情報とからめたり、生活目線のお部屋紹介などで特色を出し、アクセスを獲得していくことができます。

物件情報記事は、そのままお問い合わせに直結させるような構造とし、コンバージョン効果(反響に転じた割合)をチェックしましょう。

エリア情報記事

自社の営業エリアの魅力や物件探しのコツなどを通して、エリアに対する関心を強化し、地元に強いという点もアピールが可能です。

街の施設の情報は、新しいものが出てきますので、それらもチェックしながら、街の歴史なども紹介すると、関心が集まります。

不動産ノウハウ記事

住まい方や、税金、法律、建築などの点をわかりやすくお伝えする記事は良く検索されます。

不動産の場合ターゲットを絞っても、ノウハウでテーマにできるキーワードはなおかなりの数がありますので、リストアップしてみましょう。

これらの記事を日常業務のなかで作成するのは、複数の方で担当しても、相当な負担となってしまいます。

そこでぜひご利用いただきたいのが、いえらぶCLOUDのサービスです。

いえらぶCLOUDの執筆代行サポート

ここまでご紹介した点を専門的にサポートし、不動産業に特化したコンテンツマーケティングの決め手となる、いえらぶCLOUDの執筆代行サービスをおすすめします。

ただ多くの記事を公開するだけでなく、設定したユーザーのニースに沿った、集客できる記事の作成をおこないます。

不動産とITの両方のノウハウを持ついえらぶは、複雑な慣習や法令などで難易度の高い記事制作もおまかせいただけます。

また、ホームページ制作からおこなっているので、文章を作成するだけでなく、お打ち合わせの上、記事の企画から投稿まですべてを代行しています。

執筆代行のほかにも、いえらぶCLOUDは売買、賃貸のあらゆる業務に対応し、充実した機能をそなえたオールインワンパッケージの不動産業務支援システムです。

導入後もサポート&コンサルの役割を担う専門スタッフが12,000社導入の実績を持つ弊社のノウハウでコンサルティングをおこないます。

※下記リンクより、無料資料ダウンロードをどうぞ!

>>いえらぶCLOUD 執筆代行

>>いえらぶCLOUD 機能・サービス一覧

今よりもっと反響を増やしたい

まとめ

不動産会社が集客できるブログの作り方とはどのようなものか、マーケティングや書き方の方法について解説しました。

充実したブログ運営のサポートで、成約数アップに貢献する、いえらぶCLOUDの導入をぜひご検討ください。

ゴマキ補助金_450万

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事