集客

不動産業界の動画広告!メリットや動画作成のポイントを紹介!

画像やテキストの広告よりも、強いインパクトを与えられる『動画広告』は、多くの業種で活用されています。不動産業界も例外ではなく、動画広告を活用して集客を成功している事例も多くあります。

今回は、不動産業界で動画広告を活用するメリットをはじめ、動画の構成や集客を成功させるポイントを詳しく解説します。

これから動画広告をはじめたいと考えている方や新たな集客方法を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。


今よりもっと反響を増やしたい

不動産業界で動画広告を活用するメリット

不動産業界は、動画広告と非常に相性の良い業界のひとつです。集客に悩んでいる場合は、取り入れてみると良いでしょう。まずは、不動産業で動画広告を活用するメリットをご紹介します。

物件の特徴や雰囲気を伝えやすい

不動産業界にとって物件の情報をよりリアルに、わかりやすく伝えることは、集客における必須条件です。そのため、文字や写真よりも見たままの雰囲気や特徴を伝えられる動画は、見込み客にとって良い判断材料となります。

動画では、周辺環境の雰囲気はもちろん、日当たりの加減など細かな情報をそのまま伝えることができます。

これまで不動産業界では、画像と文章で物件内容を紹介するのが主流でした。しかし最近は、文章や画像では伝わらない細かな部分まで伝えられる、情報量の多い動画を取り入れる企業が増えてきています。

他社との差別化ができる

不動産業界では動画広告を取り入れている不動産会社は少ないです。最新のデジタル手法を他社よりも早く取り入れることで、競合との差別化が図れるでしょう。

新たなターゲットを獲得できる

動画コンテンツは、SEO対策にも非常に有効です。たとえば、自社ホームページの検索順位がなかなか上がらなくて悩んでいる場合、ホームページ上に動画を掲載することで動画検索にて上位表示する可能性があります。

検索結果表示が上位になれば、これまでより多くの人に見てもらえるチャンスが増えます。また、YouTubeで定期的に動画を発信すれば、さらに多くの方にリーチすることにつながり、新たなターゲットを獲得できるでしょう。


今よりもっと反響を増やしたい

不動産広告の動画に載せるべき内容とは

動画広告をスタートさせるときに肝心なのは、盛り込むべき内容です。集客に効果的な動画を作成するために、動画に載せるべき内容をご紹介します。

不動産広告の動画に載せるべき内容とは

物件紹介

お客様に物件への興味付けをおこなう物件紹介は、間取り図や物件紹介文も動画に取り入れながら、わかりやすく魅力的に伝えていきましょう。

物件をただ動画で撮影して載せるのではなく、重要なポイントにはテロップを付けるなど、物件を探しているお客様がイメージしやすい工夫を盛り込むのがおすすめです。

見たいアングルに移動できる、360度のVR動画もおすすめです。物件検討中のお客様が、気になる部分をじっくり確認できるため、内覧に近い感覚で物件を確認できます。

入居者インタビュー

実際に入居した人へのインタビュー動画があれば、物件を検討している人への大きな後押しとなります。具体的なインタビューの内容としては、以下の内容がおすすめです。

・物件を探したきっかけ
・この物件に入居を決めた理由
・実際に住んでみた感想

この3つを盛り込むことで、物件検討者がリアルにイメージを膨らませやすく、成約につながる可能性が高くなります。

多くの人は、入居後の生活イメージを想像できる物件を選ぶ傾向があります。安心して暮らせるか、不自由なく生活ができるかという点をリアルに想像してもらうことが重要なポイントです。

会社案内

取り扱っている物件の紹介だけでなく、会社案内を動画にして掲載することも成約につなげるポイントです。

社長へのインタビューや社員紹介、職場の風景を動画にすることで、会社に親近感をもってもらえる可能性が高くなります。

物件を探している人の中には、物件の良さだけでなく、対応してくれるスタッフの経験値や人柄を気にする方もいます。

会社の理念や物件に対する知識、思いなどを盛り込めば、会社全体の信頼性の醸成にも役立ちます。「この不動産会社に依頼すれば安心」と感じられる、親近感の湧く動画を作成しましょう。


今よりもっと反響を増やしたい

不動産の動画広告で成功するためのポイント

動画を作成するだけで集客できるようになったり、大きく成約率が伸びたりするわけではありません。ここからは、より具体的に動画広告で成功するためのポイントを掘り下げていきます。

不動産の動画広告で成功するためのポイント

不動産の動画広告で重要なポイントとなる部分を厳選して4つ紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

動画を制作する目的をはっきりさせる

動画広告をスタートさせる前に、目的を明確にしておくことが重要です。動画広告の目的をはっきりさせておけば、自然とターゲット層も定まっていくでしょう。

目的を明確にしないまま動画を作成してしまうと、コンセプトにブレが生じてしまい、ターゲットとしている層が共感できない動画となってしまいます。

動画は完成したけれど、結局何が伝えたかったのかわからない動画となってしまえば、動画広告にかけたコストがムダになってしまうでしょう。

目標とターゲットをしっかり定め、訴求ポイントにつなげることを意識して動画広告をスタートさせれば、動画構成はもちろん、演出や大枠のデザインなども考えやすくなります。

明るくきれいな動画を撮る

動画を撮影するときは、できるだけ明るくきれいな動画を心がけましょう。とくに、物件紹介動画を撮影する場合は、明るさと見やすさに細心の注意を払うのがポイントです。

暗い部屋よりも明るい部屋を紹介したほうが、物件を検討している人に良い印象を与えられます。また、明るい部屋を撮影すると、部屋の広さも伝わりやすいでしょう。太陽光を利用して、できるだけ明るい時間帯に撮影するよう心がけましょう。

また、動画にブレがあると見にくく、最後まで動画を見てもらえないおそれもあります。手ブレ補正機能を上手く活用したり、ブレがある部分はコマ送りの編集を使ったりして、見やすい動画に作成してください。

要点をコンパクトにまとめる

動画作成の際にありがちなのは、あれもこれも伝えたいと1本の動画に詰め込みすぎてしまい、長い動画になってしまうことです。動画が長すぎると、見ているユーザーは途中で飽きてしまい、最後まで視聴してもらえないかもしれません。

せっかく時間をかけて作成した動画も、見てもらえないのであれば意味がありません。伝えたいポイントを絞って、シンプルに簡潔にまとめることを意識しましょう。

伝えたいポイントが多すぎて、どうしても動画が長くなってしまう場合は、2本、3本と動画を分けて作るのもおすすめです。

作成する動画の長さは、シンプルなものであれば30秒から1分程度、詳細を伝えるものであれば5~10分程度を目安にすると良いでしょう。

テロップやナレーションを入れる

不動産の動画は、情報量が多いため複雑になりがちです。どんなに良い物件を紹介していても物件検討者に伝わらなければ意味がありません。

伝えたいポイントには、見出しやテロップを付けたり、ナレーションを入れたりして強調するのがポイントです。

とはいえ、あれもこれもとテロップを入れすぎると、何が重要なポイントなのかわかりにくくなりますし、動画もごちゃごちゃして見にくくなってしまいます。

テロップやナレーションのほかにも、アニメーションや間取り図などを上手く挿入して、伝わりやすい動画を作成しましょう。


今よりもっと反響を増やしたい

まとめ

動画広告による集客は、まだ不動産業界では浸透しきってはいません。他社よりもいち早くスタートさせて、競合に負けない集客の基盤を作っていきましょう。

動画広告によって反響が増加しても、来店や成約につながらない場合は売上アップを見込めません。そこで、顧客を取りこぼすことなく、効果的なアプローチをおこなうためには、顧客管理システムが必要不可欠です。

「いえらぶCLOUD」の顧客管理システムなら来店率向上のためのメール追客をはじめ、徹底した顧客管理を実現できます。お客様を成約につなげるための便利な機能を駆使して、競合と圧倒的な差別化を図りましょう。


ゴマキ補助金_450万

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事