集客

不動産取引の成約数を伸ばすためには?売り上げUPの具体的な方法を解説

不動産会社を経営している事業者なら、会社の売上を増加させる方法について考えることが多いのではないでしょうか。

そこで今回は、不動産取引を効率よく成約に結びつけるための具体的な方法を解説します。

効果的な集客不法と追客方法にわけてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

今よりもっと反響を増やしたい

不動産取引で契約数を伸ばすために必要な集客方法とは?

不動産会社の売り上げに大きく関わる集客ですが、集客がうまくいかないと不動産会社が大きく売上を増加させることは難しくなります。

集客をおこなう方法は複数ありますが、代表的な3つの集客方法について解説をおこないますので、参考にしてください。

不動産取引で契約数を伸ばすために必要な集客方法とは?

ポータルサイトに載せる

現在ではポータルサイトで物件を探す方が非常に多いので、売り上げを伸ばすためにポータルサイトの利用は必須といえるでしょう。

スーモやアットホームなどの有名な企業が運営しているサイトも多いので、現在検討している見込み客を効率的に集客することが可能です。

また、ポータルサイトから入ってくるお客さまは、あらかじめ物件の詳細情報を確認し興味を持ったうえで問い合わせるので、比較的成約が決まりやすいという特徴があります。

物件の詳細についても把握しているので、対応しやすいという点も魅力でしょう。

ホームページを作成する

現代社会では自社のホームページを所有していることは必須になりますので、作成するメリットは高いといえるでしょう。

ネットを使って情報収集をしている見込み客も非常に多いことから、ネット上にあるホームページが会社の顔となり、集客に使えるツールです。

また、お客さまをポータルサイトから誘導することも可能で、ホームページの存在は契約数を増加させるためには重要になります。

ホームぺージでは物件の情報だけではなく、会社の雰囲気やスタッフの紹介などをおこなことで、お客さまに安心感を与えることもできます。

ブログ記事を執筆する

作成したホームページ内にブログを掲載することで、ブログから見込み客を集客することが可能です。

SEO対策が必要になりますが、対策を施したブログ記事はGoogle検索の上位表示されるため、比較的安価な資金でGoogle検索から集客を見込めます。

ブログ記事を見た見込み客を物件紹介ぺージに誘導して、自社製品のPRやサービスの紹介をすることも可能です。

ブログ記事は削除しないかぎりネット上に残り続けるものなので、記事を作成すればするほど、集客の窓口が増えることになります。

そのため、高い頻度で更新することが重要となるでしょう。

今よりもっと反響を増やしたい

不動産会社におすすめの見込み客を逃さないための追客方法とは?

不動産会社におすすめの見込み客を逃さないための追客方法とは?

不動産会社が売り上げを増加させるためには、見込み客を効率的に集客する必要があります。

しかし、せっかく集客した見込み客を逃してしまっては意味がありません。

ここでは、売り上げを伸ばすために重要な追客方法についてご紹介します。

お客さまの希望条件にあった物件を紹介する

見込み客とは「希望する物件が見つかればすぐに契約に結びつくお客さま」のことですが、見込み客が求めていることが何かを徹底的に追求する必要があります。

不動産情報は、移り変わりが早く昨日出た情報が今日はなくなることも珍しくありません。

つまり、集客した見込み客が求める物件情報をいち早く提案することで、契約に結びつく可能性が非常に高くなります。

お客様の求める物件情報をコンスタントに提供できる不動産会社が、契約数を大きく伸ばせるでしょう。

時代のニーズに合わせてLINEなどのツールを使用する

時代はITの進化によって大きく変わっているように、不動産会社のあり方も大きく変化が求められています。

物件の内見も、インターネットを通じて実際に足を運ばずに済ませることが可能です。

そのため、追客業務でもスマホ1つで可能な手段を模索する必要があり、お客さまにとって問い合わせをしやすい手段を提供することが求められるでしょう。

そこで手段のなかでも気軽に利用することができる「LINE」を使えば、集客したお客さまとメッセージのやり取りがしやすくなります。

とくに物件を購入しようとしているお客さまは、検討期間が長い傾向にあるので、長期に渡って接触することは重要です。

連絡のハードルが低いツールを使用して、長期間追客できるようにすると良いでしょう。

お客さまからのメッセージに即レスして安心感を与える

インターネットが普及したことにより、お客様は手軽に情報を得ることが可能です。

資料請求や簡単な問い合わせなど、すぐに対応しないと見込み客が返信を待てずに他社へ流れてしまう可能性もあるため、メッセージの返答は即レスでおこなうことが重要になるでしょう。

また、メッセージの返信が遅いと、お客さまが安心感を得られずに契約を逃してしまう可能性もあります。

従来はメールでの対応をしていましたが、現在の主流はLINEなどのメッセージアプリを使うことが多いため、メールとLINEの両方を使いこなすことで、より素早く追客をおこなえるでしょう。

今よりもっと反響を増やしたい

不動産契約で売り上げを伸ばすならコストカットも重要

不動産契約で売り上げを伸ばすならコストカットも重要

不動産会社には固定費が付き物ですが、ITシステムの導入をおこないコストカットをすることで、会社の負担を減らせるだけではなく、大幅な業務の効率化をすることも可能です。

ITシステムを導入してコストカットをするメリットは以下のとおりです。

会社の負担が減ることで売り上げが向上する

業務の効率化を図ることで、従業員の負担が減る

書類の整理などの雑務が減り効率的になる

ITシステムの導入で大きなコストカットが期待できる点がありますので、売り上げを伸ばすという点でおすすめです。

電子契約 紙や輸送代などがコストカットできる

契約業務の際に必要な契約書は、作成に複数の紙や時間を必要とすることがあるので、電子契約に切り替えて業務の効率化を図りましょう。

また、電子契約は書類の保管がないことや、法改正により今後は本格的に運用が開始されることから、今のうちから電子契約システムを導入してスムーズに使用できるようにすると良いです。

契約書の作成業務から保管業務、そして輸送コストなどが大きく負担になるので、電子契約を導入しコストカットをしましょう。

VR内見やIT重説 交通費や労力の軽減につながる

ITシステムの導入によって、お客さまが来店する頻度を減らすことが可能になるので、交通費や移動にかかる時間が軽減できます。

また、従来のお客さまに対応する時間や人件費などを削減することができるため、大きな業務の効率化を期待できるでしょう。

さらに、オンラインの内見や録画によるトラブルを未然に防ぐことも可能な点で、ITシステムの導入はメリットが大きいと言えます。

物件確認の自動化 対応コストが下がる

物件確認を自動化することで、自動音声が電話対応をおこなうので、大幅な人材カットが実現できます。

物件確認を自動化することが可能になれば、24時間の対応が可能になるので機会損失を防ぐことにもなります。

さらに、図面の自動送信も可能なため利便性が高まるでしょう。

上記で解説したITによるコストカットの方法は、「いえらぶCLOUD」を導入することで実現できます。

電子契約から、オンライン内見、物件確認まですべての機能がありますので、いえらぶCLOUDのサービスを導入することで不動産会社の契約数を増加させながら、大幅なコストカットを実現できるでしょう。

>>いえらぶCLOUDのサービス・機能一覧

今よりもっと反響を増やしたい

まとめ

今回は、不動産会社が契約数を増加させるためにできる具体的な方法を解説しました。

契約数を増加させるためには、集客により見込み客を増やすことと、業務を効率化しコストカットをすることが重要です。

コストカットは、ITシステムの導入によって実現でき、作業効率の大幅な改善が見込めます。

また、いえらぶCLOUDは反響に強い不動産に特化したホームぺージも制作しています。

これまで4,000サイト以上を制作しているので、まずは当社の制作実績をご覧ください。

>>いえらぶCLOUDの反響に強いホームぺージ制作

>>いえらぶCLOUDの導入事例

ゴマキ補助金_450万

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事