集客

不動産業務で魅力的な間取り図を活用しよう!簡単に作成する方法とは? 

賃貸物件や住宅の情報を伝えるツールとして、間取り図は必要不可欠ですよね。

わかりやすい間取り図は、お客さまと不動産会社さまの間で希望する住宅のイメージを共有しやすくなり、スムーズな取引にもつながります。

この記事では間取り図で伝えられる情報や、見やすい間取り図のポイントをご紹介します!

間取り図の作成でお悩みの不動産会社さまは、ぜひ参考にしてくださいね。

間取り図は部屋の魅力を伝えるために必要!

間取り図は部屋の魅力を伝えるための重要な役割を担っており、うまく活用できれば売上げアップにつながる可能性があります。

しかし、何となく間取り図を掲載し「反響がない」と悩んでいる不動産会社さまも多いのではないでしょうか。

まずは、間取り図で伝えられる情報と伝わりにくい情報を把握することで、お客さまへの訴求方法を考えてみましょう。


<間取り図で伝えられる情報とは>

間取り図で伝えられるものは、部屋数や収納の位置など家の基本情報です。

間取り図は家を真上からみた図になりますが、伝えられる情報は意外に多くあります。

じっくり見れば、生活導線や日当たり風当たりなどもイメージすることが可能です。

キッチンや浴室の位置関係によって生活や家事のしやすさがイメージできるので、間取りを説明しながら、イメージを伝えられるかどうかが重要になるでしょう。

<間取り図で伝わりにくい情報とは>

一方で間取り図で伝わりにくいものは、窓の高さなどの縦の情報です。

床面積や天井までの高さは数字として表せますが、やはり「開放感」といった意味では、イメージしづらいでしょう。

そのため、物件を真横から見た立面図や断面図などを利用することが多くなります。

<間取り図から生活のイメージができるかどうか>

どんなに魅力的な物件だとしても、その魅力を十分伝えられなければ意味がありません。

間取り図で「生活のしやすさ」を伝え、物件のよさをアピールすることが重要になります。

快適な生活をお客さまにイメージしてもらうため、わかりやすい・見やすい間取り図が必須といえるでしょう。

間取り図作成はソフトを使おう!

間取り図は取り扱う物件の魅力や情報を細かく伝えられるので、お客さまからの反響獲得や売上げアップに期待できます。

以下で魅力的な間取り図の特徴や、わかりやすい間取り図を作成する方法をご紹介します。


<魅力的な間取り図の特徴>

部屋の箇所によって色が異なりトイレやキッチンのイラストが付いていれば、魅力的な間取り図になるでしょう。

白黒の間取り図よりもパッと見て部屋の数がわかりやすく、「キッチン」や「トイレ」といった文字だけよりもイラスト付きのほうがイメージしやすくなります。

<間取り図の外注には費用がかかる>

不動産会社さまのなかには、間取り図を作成したくても人手が足りなかったり時間がかかってしまったりすることもあるでしょう。

また、そもそも間取り図の作り方がわからないというケースもあるのではないでしょうか?

そういった不動産会社さまに向けて、間取り図を制作してくれる代行サービスが存在します。

納期も短く対応可能の図面も多いというメリットがありますが、代行サービスの利用には当然コストがかかってしまいます。

また毎回作成を依頼する必要があるので、「自分でパッと作成したい」と感じる方もいるでしょう。

そういった場合は代行サービスを利用するのではなく、インターネット上で図面作成ソフトを利用するのがおすすめです。

<いえらぶCLOUDで間取り図作成ができる>

株式会社いえらぶが提供しているいえらぶCLOUDとは、不動産会社さまの成果最大化と業務効率化を実現する、賃貸・売買・管理すべてに対応したオールインワン不動産業務支援システムです。

圧倒的な機能性と操作しやすいデザイン、導入後のサポートとコンサルが充実していることから、これまで約12,000社の導入実績を持っています。

いえらぶCLOUD一つで、インターネット上の集客に必要であるホームページ作成、追客業務の自動化がはかれる顧客管理システム、オンラインIT重説に活用できるWEB接客システムなど、不動産業務を効率化できる機能がそろっています。

今回ご紹介したようなカラフルできれいな間取り図も、いえらぶCLOUDで誰でも簡単に作成可能です。

用意されているパーツをドラッグ&ドロップで配置すれば作ることができ、さらに完成した間取り図を利用して業務に欠かせないチラシもラクに作れますよ。

また、間取り図と物件情報は不動産ポータルサイトに連動できるので、成果最大化と業務効率化が実現できるでしょう。

>>いえらぶCLOUDとは

まとめ

物件の基本情報を伝える間取り図は、不動産業務をおこなううえでとても重要です。

また、間取り図を活用して暮らしのイメージを共有することで、お客さまへの訴求力もあがるでしょう。

簡単にわかりやすい間取り図を作成するなら、いえらぶCLOUDがおすすめです。

いえらぶCLOUDでは間取り図作成のほかにも、不動産業務に欠かせない機能が揃っているので、業務のすべてを完了させることが可能です。

>>いえらぶCLOUDの業務支援システム

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。

記事一覧へ

Related articles関連記事