成約率をあげたい!不動産売買・賃貸反響の大事なポイントとは?

タグ:

不動産業界だけではなく、フロー型ビジネスの世界では成約率をあげることが経営の重要課題の一つです。

不動産会社の方々も、いかに成約率を挙げられるか、ということを常に考えていると思います。

しかし、成約率をあげると言っても簡単なことではないことは周知の事実。

今回ご紹介するのは、その成約率をあげるために重要な「反響」についてです。

反響をいかに取れるか、というところが大切になってきます。

今の時代、どこに力を入れたら反響を取れやすくなるのか、考えてみましょう。

最近の不動産契約情勢


民間調査会社が最新の賃貸物件契約者動向を発表しましたが、10年前と比べて不動産会社への訪問者数が平均で2.7店舗から1.6店舗へと減少しています。

さらに、内見した物件数も4.6件から2.9件へ減少しています。

(参照データ:https://www.kenbiya.com/ar/ns/research/chintai_market/3426.html

減少している原因として考えられることは、インターネットを通しての情報取得量が増大していることがあげられると思います。

一昔前であれば、情報誌(紙媒体)と不動産会社の店頭広告・チラシ・TVやラジオCMなどが主流でしたが、現在はインターネットで情報を探しメールで問い合わせ、内見・契約といった流れが主流です。

先ほど訪問者数が減少していると述べましたが、実際は訪問者がインターネットサイトの「閲覧者」に変わっています。

店舗へ行く代わりに、インターネットを活用する流れは不動産業界だけではありません。日用品などの物販業界ではその流れが顕著です。最近では、商品選定から購入まですべてインターネットで済ませる方は非常に多くなっています。

反響につなげるためのインターネット戦略

では、インターネットが物件探しの主流となった今、反響や成約に繋げるためにはどうしたらよいのでしょうか。

オウンドメディア戦略がポイントになってきます。

オウンドメディアというのは、自社が所有するメディアのこと。自社ホームページやブログ、ツイッターなどのSNSアカウントなどを指します。

なぜオウンドメディアが重要になっているかというと、情報過多が背景にあると考えられます。インターネットが普及する前までは、テレビCMや広告などが大きな影響を持っていました。しかし最近は情報を誰しもが発信できる時代となり、一方通行的な広告の影響力が小さくなりました。

オウンドメディアは、企業が自ら情報発信をすることで、ユーザーとの信頼関係を作ることができます。また、一度オウンドメディアを持てば、永続的に自社のメディアとして持つことが可能です。「広告」となると莫大な費用がかかりますが、オウンドメディアは拡散されたり、SEO対策をしてサイトで検索されやすいメディアを作ることで、お金をかけず反響に繋げることができます。

もちろん、その分しっかりと運用していくことが大切です。

反響を取れるホームページで成約率アップ

オウンドメディアの中でも、重要なのがホームページです。

というのも、多くの人がポータルサイトなどで物件を閲覧した後、その物件を載せている不動産会社を検索するからです。

できる限りネット上で情報収集をしよう、と考えるユーザーは、不動産会社のホームページを見て比較し、実際に訪れる不動産会社を決めています。

その時に他社のサイトと差をつけられるホームページを持っていなければなりません。

ホームページを見て実際に来店してもらえれば、成約に繋げられる可能性が高いと考えられます。

ポイントとして挙げられるのは、

・見やすくわかりやすいホームページであるのか

・ブログやコラム・SNSで地域情報や役に立つ情報を発信しているのか

の2点です。大切なのはユーザー視点に立って「見たいと思うホームページであるか」を考えることです。ホームページがあっても、わかりにくければ意味が薄くなってしまいますし、興味を失ってしまえば成約に繋げることはできません。また、情報発信していなければどのような不動産会社なのかがわからず不安になってしまいます。

継続的に情報を発信し続け、ユーザーの興味を惹くホームページを作りましょう。

ただ、「ユーザー視点に立つ」だけでは、ホームページの改善に有効とはいえません。果たしてその方法が合っているのか、よく分からないと思います。しかしGoogleが提供しているGoogleアナリティクスなど、簡単に分析できる分析ツールも多くあります。有効に活用して、より魅力あるホームページ作りに役立ててみてはいかがでしょうか。

不動産会社はここを見ろ!Googleアナリティクス活用術!

コスト削減と効率化がポイント


しかし、自社のホームページに力をいれようとすると、どうしても時間もコストもかかってしまいます。コストの問題は、不動産会社を経営する上で非常に大きな問題です。

特に人件費はできる限り抑えたい、というのが本音ではないでしょうか。

どの業界でも、人件費を抑えるために「AI」などのIT技術を駆使していくことが時代の流れになってきています。

今までは、紙媒体で保管していた「物件情報」などをデジタル化したり、「顧客管理」をシステム化したりと、不動産業界でもIT化が進んできました。

しかし、オウンドメディアの分野ではまだまだ「人の手」が必要な業務も数多くあります。

そのなかでも代表的なものが、ホームページの維持管理(SEO)とブログ・コラム・SNSなどの情報発信業務です。

ただ、人を新たに雇うとなると人件費がかかるのはもちろん、SEOなど専門知識をつけるための時間やその勉強への費用も必要です。

たしかに情報発信にはまだまだ人の手が必要な部分がありますが、それでもITの力で補える部分もあります。

いえらぶのホームページは、SEO対策など集客を強化し反響につなげる仕組みが整っています。

また、専門知識を持ったスタッフのサポートやブログやコラムなどコンテンツの代行執筆も行っています。新たに人を雇い教育するのではなく、最初からプロに任せられるというのも大きな強みです。

システムやサービスを上手に活用しながら効率よく成約につなげていきましょう!

不動産特化のホームページ制作|いえらぶCLOUD

執筆代行|いえらぶCLOUD

まとめ

今回は、インターネットが主流になっている今、反響・成約につなげるポイントをご紹介しました。

大事なのはホームページなど、インターネット上で集客できるようにすることです。

これからますますインターネット戦略は重要になっていくと考えられます。

反響や成約につながるようなホームページを作っていきましょう!

▼いえらぶのホームページ製作実績

いえらぶのホームページシステムは、これまで3,000以上ものサイトの製作実績があります。ご興味を持って頂いた方、ぜひ製作実績一覧もご覧ください。

不動産会社専門のホームページ制作実績|いえらぶCLOUD

▼業務効率化でお悩みの方へ

ホームページ製作以外にも、さまざまな業務支援システムを提供しております。

いえらぶCLOUD|不動産会社のための業務支援システム

無料でお配りしている資料もありますので、少しでも気になった方はお問い合わせください。

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark

この記事を書いた人いえらぶコラム編集部

このライターの記事一覧

某IT企業でSEOのノウハウを学び、現在はいえらぶGROUPのライターとして活動中。おもに、不動産や税金、車といった暮らしに関わる記事を執筆しています。

記事一覧へ

Related articles関連記事