設置してある自動販売機のトラブル対応について

マンションの1階部分に自動販売機を置いている物件もあるのではないでしょうか。

自動販売機からの収入が結構ある!という管理会社もいるかもしれませんね。

自動販売機は、マンションに住んでいる住人以外も利用することができるものだとして、

起こりうるトラブルやその対応策について今回はご紹介していきます。


自動販売機の設置のしかた

自動販売機の設置は、飲料メーカーが土地の所有者に場所を提供してもらうことで可能になります。そのため、ここでは飲料メーカーと所有者との間に賃貸借契約が結ばれます。

販売本数に応じて、土地の所有者に支払われる手数料の料金が変わるそうです。

自動販売機を設置していると起こるトラブルは?

町中にある自動販売機を想像してみてください。

自動販売機の周りには、ペットボトルや缶を捨てるゴミ箱があるかと思います。

ですがそのゴミ箱の中には、違うごみが捨てられていることがあります。さらには、ゴミ箱がいっぱいで捨てることができない場合は、ごみが散乱していることもあります。

これは、どの場所に設置していたとしても起こりうる問題です。

町中にあれば直接的にクレームにはつながりにくいですが、マンションの1階部分にある場合、話は別になってきます。

マンションに住んでいる人は、ほぼ毎日その自動販売機の前を通るでしょう。

自動販売機の周りが汚れていると、その状態を我慢しなくてはならなくなります。

これはクレームにつながることも予想がつくのではないでしょうか。

自動販売機を撤去する、もしくは清掃頻度を上げてほしいといいうお願いを入居者からされた場合、どのように対応したらいいのでしょうか。

自動販売機に関するクレームの対応方法について

もし上記のようなクレームが入居者から出てきた場合、撤去してもいいと考える場合は、撤去も考えていいかもしれません。

収入源にもなるし、撤去はしたくないと考える場合は、清掃をしてくれる業者と清掃の頻度について相談する必要が出てくると思います。

共有部は、入居者のためのものになります。ですので、使用するのにあたり入居者が不便と思う場合は、その状態を改善する義務があります。

衛生上問題はないか、安全上問題はないか、問題がある場合は入居者からのお願いにしっかりとした対応を行うようにしましょう。

自動販売機の業者とは、入居者も交えて、自動販売機の設置場所はふさわしいのか、ごみ箱に工夫をすることはできないかを話しましょう。

その場を設けるには、ごみが散乱しているという現状証拠のためにも写真を撮っておきましょう。

原状を業者にも確認してもらったうえで、対応策を一緒に練っていくのが重要だと思います。

まとめ

今回は、マンションに設置している自動販売機が原因で起こり得るトラブルとその対応策について紹介していきました。

自動販売機は、副収入にもなり物件の立地によってはかなりの額になることもあるのではないでしょうか。

オーナーが自動販売機の撤去に反対する場合は、うまく解決できるよう入居者と自動販売機業者と話をつけるのが管理会社の役目になってきます。

今回紹介した方法も参考にしてみてください!

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事