賃貸管理

シェアハウスもうまくやれば空室対策になります

タグ:

近年若者の間で流行しているシェアハウス。

シェアハウスの管理は宇通の賃貸住宅と管理の仕方が違うのではないか、難しいし大変のではないかと心配する方もいるかもしれません。

今回は、シェアハウスの管理について詳しく説明していきたいと思います。

シェアハウスする人達

複雑な管理業務手間もリスクも減らしたい

シェアハウスを可能にする条件

どんな物件でもシャアハウスにすることはできますが、どんな物件でもシェアハウスに向くかといえばそうではありません。

一つ屋根の下で他人同士が暮らすのですから、プライバシーがある程度確保できるような環境にする必要があります。

また、当然ですが部屋数もそれなりにないとシェアハウスそのものが成り立ちません。

シェアハウスを可能にする条件は以下の通りです。

①3部屋以上で各部屋に鍵の設置が可能であること

②共有スペースからすぐ部屋に入れるような部屋のつくりであること

③立地は駅から近い方が良い

この3つが満たされていれば、シェアハウス向きの物件といえるでしょう。

シェアハウスに入りたいと思っている入居者のニーズも様々ありますが、3条件は最低限と思ってください!

複雑な管理業務手間もリスクも減らしたい

シェアハウスに住むとは

この記事を読んでいるあなたには、シェアハウスに住むという選択をする人はどう見えているでしょうか。

もしかしたらお金がないのでは?と思う方もいるかもしれません。

ですが、シェアハウスは格別家賃が安いというわけでもありません。

家賃そのものは、近隣の1Kと変わらないのが実際のところです。

シェアハウスを住まいに選択する人は、新たなコミュニティを求めて入ってくることがほとんどのようです。

年代的には20~30代です。

共益費は、ネットやガス、電気代も含まれて1万円から1万5千円が相場のようです。

複雑な管理業務手間もリスクも減らしたい

シェアハウスとして人を迎える準備

シャアハウスをやろうと思ったら、何が必要になってくるのでしょうか。

まずは、入居者を迎えるために住環境を整えなくてはいけません。

各部屋の照明器具やエアコン、ベッド、椅子は家主が準備をします。

共用の家電も一通りそろえておくといいでしょう。

インターネットができる環境とWi-Fiは無いと入居者が集まりにくいので、ネット環境も完備しましょう。

共同生活を送るためのルールも管理会社が決めるのもいいと思います。

入居者間で決めるのもいいですが、シェアハウスは人の入れ替わりが大変激しいです。

とすると、人の入れ替わりとともにルールが変更されていくとルールとして定着しない可能性もあり、入居者同士のトラブルになりかねません。

その時々の入居者のタイプや物件の状態にも併せて管理会社が基盤となるルールを作ってあげるのはもしかすると得策なのかもしれません。

複雑な管理業務手間もリスクも減らしたい

シェアハウスの募集と管理

シェアハウスへの入居者募集は一般的なポータルサイトではなく、専用ポータルサイトを使い、シェアハウスに住みたい人に物件の紹介をします。

シェアハウスの管理料は普通の賃貸住宅に比べて少し割高の20%徴収しているところもあるようです。

それを可能とする理由は、シェアハウスは賃料収入が一般の賃貸と違い0か100かではないというところと、満室時は収入が高くなるという点です。

金銭面でのメリットはありますが、管理そのものでいうと一般住宅より少し手間がかかります。

週に一回は見回りに行かないといけなかったりと、物件や入居者の管理の部分では手間がかかってしまう可能性があります。

複雑な管理業務手間もリスクも減らしたい

まとめ

今回は賃貸管理でシェアハウスをするなら・・・という話をしました。

シェアハウスは満室になれば家主にとってもメリットが大きく、良いリーシング対策になるかと思います。

管理料も少し多くとってもいいかもしれませんし、管理会社の利益増大に近づくかもしれませんが、その分管理の面では手間も増えてしまいます。

どこまでを管理会社の管轄にしたうえでシェアハウスを運用していくのかは、安定したシェアハウスの運用のポイントになってくると思います。

リーシングタウ策としてシェアハウスを検討しているのならぜひ家主にも相談して人の絶えないシェアハウスの経営をしていってください!

無料で使えて即埋まる_ゴマキ

株式会社いえらぶGROUP

この記事を書いた人株式会社いえらぶGROUP

いえらぶGROUPは、住業界にイノベーションを起こし、誰もが安心して住まい選びができること「いい家、選ぶ」を実現します。

記事一覧へ

Related articles関連記事