管理会社がオーナーにとって信頼できる資産運用のパートナーになるために

管理会社はオーナーから物件を預かって管理をします。

しかし、ただ空室を埋めて、契約や家賃回収をして、というだけでは、他の管理会社でもよいでしょう。

オーナーにとって、所有物件は資産であり、賃貸を行うことは資産運用です。

管理会社の目指すべき目標は、オーナーから信頼を獲得して、資産運用のパートナーになることではないでしょうか。

オーナーが資産運用を最大化できるためにも、管理会社はオーナーに対して適切なアドバイス、提案を適宜行っていきましょう。


一番の信頼獲得は満室を継続すること

空室が続けば、オーナーに収入は入ってきません。それも、ただ収入がゼロというだけではなく、ローンを組んで物件購入している場合はローンの返済費用が赤字になります。

何よりも大事なことは、満室が継続することに他なりません。

空室が出たタイミングで、適切な客付業務を行って、早く入居者を見つけることが大事です。

しかし、空室がでた際に早く空室を埋めたいからといって、家賃の見直しやフリーレントを安易に提案することはやめたほうがよいでしょう。ただでさえ物件の家賃は時間の経過とともに減少していきます、一度下げた家賃は元に戻すことは難しくなりますし、利回りの減少につながります。もちろん、相場に合っていない・現況に合っていない家賃であれば見直しは必要ですが、ただ空室をすぐ埋めるためというぐらいでは他の提案を検討したほうがよいでしょう。

リフォームや設備追加で投資対効果の最大化を目指す

時間の経過とともに家賃は下がっていきますし、なかなか客付が難しくなるかもしれません。

そんなときに大事なのは、適切なタイミングで適切なリフォームや設備追加の提案です。

エアコン交換やインターネット無料設備の設置は、新しい入居者を呼び込む決め手になるかもしれません。内装をリフォームすることで、築年数が古くなっても賃料を維持することができるかもしれません。

もちろん、設備投資の費用が掛かりますので、投資に対してどれくらいリターンが返ってくるのかも併せて検討しなければいけません。

また、管理会社として直近の業界動向や入居者のニーズの変化も敏感に察知しておくことは大事でしょう。最近は単身者向けの物件であればバス・トイレ別だけでなく、バスの代わりにシャワースペースの設置を行う物件も増えてきています。省スペースですしバスのリフォームよりも低価格で済みます。また、ネット通販の浸透も進んでいるので、宅配ボックスの需要も上がってきています。比較的安価に設置ができるので、検討してみるのもよいでしょう。

出口戦略も重要、売却提案も候補に

どうしても良い案が見つからない場合は、オーナーは物件の売却も視野に入れる必要があります。負債を積み重ねるだけの物件をいつまでも持つことはマイナスでしかないので、ある程度のラインを見極めて損切りをしていくことも大事です。

管理会社としても、できうる提案を行ったあとは、できるだけ高額で売却できるようなサポートを行っていくことも大事なことでしょう。

まとめ

オーナーは自主管理を行えば、管理会社に物件を預ける必要はありません。

それでもなお管理を預けるのは、もちろん業務の委託もあるとは思いますが、資産運用のパートナーとして助力を得たいという思いもあるでしょう。

管理会社として、物件を預かる以上はオーナーの資産運用を二人三脚で行っているんだという気持ちで、オーナーとともに資産の最大化を目指して業務を行っていきましょう。

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark

記事一覧へ

Related articles関連記事